最新の釣り情報

※お客様からお聞きした釣り情報は、掲載しても、差し支えの無い程度にしか、当店のブログでは書けません。
例えば、お客様が秘密にされてる釣り場等を、(場所・仕掛け・釣れた地合など)具体的に詳しく書いて、
もしも、他の人たちに場所を荒らされような事が起これば、誰しも、みんな、イヤな思いをされる事でしょう。
その時の状況に合わせて、書いても良い範囲内でしか掲載出来ませんので、よろしくお願いいたします。


釣り情報は、伝達事項などの下の方から始まります。
すみませんが、下の方をご覧くださいませ。

(通常の)営業時間のお知らせ
月曜日 9時~19時
火曜日 9時~19時
水曜日 9時~19時
木曜日 店休日
金曜日 9時~19時30分
土曜日 9時~19時30分
日曜日 9時~18時30分
なお、体調不良や仕入れなどにより、時間変更の時もあります。

新里見メバル里見サビキの各種類、などあります。

詳しい事は、
自慢の商品の所をご覧になってくださいませ。
里見釣具のオリジナルサビキは、代引き(代金引換)にて、発送も出来ます。
よろしくお願い致します。

(5月24日)
正午前に、メバルのサビキを買いに来られたお客様は、
「昨日は、メバルが、ぼっけえ釣れたが。 5連などでも釣れたです。
鯛も来て、ハリスを、プチプチ切られたで。」
私 「お客さん、松山沖か何処かに行かれたのですか?」
お客様 「(下津井沖の)?島の沖の方ですよ。
あまり大きくはないけど、この位(18㎝~20㎝位?)の、メバルが、40匹ほど釣れたです。
鯛は、少し大きいんじゃるな。
0・6号のハリスじゃあ、30㎝を超えるようなのは、中々、取り込めないですね。
セイゴも多いな。 10匹位釣れたですよ。
久々、大変良い釣るが出来ました。」
などと、お客様は言われてました。

正午すぎに、Sさんが買い物に来られて、
「今日は、コウイカ釣りに行ったら、5匹釣れたです。
良く釣る人は、おもしろいように釣ってたですよ。
何かが違うんでしょうね。」
などと、Sさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(追伸)
昨日の木曜日に、私が、笠岡沖に釣りに行った時、カタクチイワシの大大群が、各地にいました。
特に、通り道の金風呂水道、横辺島沖、小飛島沖には、かなり広範囲で、水面付近に、カタクチの大群がいたのが見えたです。
カタクチの群れがおる場所では、勉強の為、一応、魚探の電源を入れて、船の速度を落として走ってみましたが、
イワシだらけなので、これじゃあ、もしもサビキを落としてみても、
何処に落としても、イワシだらけで、全く釣りにならない・・って感じでした。
先週までは、私が釣りに行った場所に限ってですが、笠岡沖には、カタクチイワシは、全くおらなかったので、
ここ1週間で、海の状況が、ガラッと変わったように、自分では感じました。
カタクチイワシが、いると、食物連鎖で、いろいろな魚が釣れだす可能性もありますよね。
もしも、カタクチ君が、このまま、笠岡沖に、ずっと、いてくれたら、これからが、楽しみです。

(カタクチ君も、自分の食べるエサがおらなかったりしたら、また、何処かに移動する事も考えられますから。)


(5月23日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣ったメバルが6匹などの写真です。
今日は、なぜか、潮が流れなくて苦戦しました。
厳しい条件の中、何とか、おかずだけは釣れたです。
今日は、朝一は、大飛島沖の沈みの岩の偵察に行ったら、場所だけは解ったのは収穫で、
次回から、また、潮が流れてる時に、行ってみたいと思いました。
その後、六島に移動して、初めて行った漁礁を見つけて、ここも潮が流れなくて何も釣れなかったけど、収穫有りです。
その次は、すぐ横の方に移動して、やっぱり初めての場所で偵察してみると、13㎝程度のミニメバルの住処に当たって、
3連、4連、5連などで上がってきたけど、結局、1匹もキープ出来なくて、放流しました。
ここのポイントは、魚探の反応が、すごかったから、次回行った時は、
条件が良い時に当たれば、平アジや、大きなメバルも釣れるかもしれないな・・と、思ったです。
その横の方に移動して、ここも初めての場所で、ここは、潮が適度に流れていて、魚探の反応もボツボツで、
数は釣れないけど、キープ出来るメバルが釣れました。
私は、六島沖で、メバルやアジを狙うような事は少ないです。
なぜなら、六島まで来なくても、もっと近くで釣れるので、わざわざ、遠くまで走る必要がないからです。
最後に、ネズラに移動してみたけど、ここも潮が流れて無くて、魚探の反応も悪くて、行ったタイミングが悪かったようですね。
今日は、六島沖で、時間をかけて、いろいろな場所を探せて、新しいポイントが何か所か、発見出来た事は、収穫でした。
港を出る前から、今日は、釣果は二の次で、とにかく新期の場所の開拓の勉強するのが目的でした。
潮が流れなかった事は、ツキが無かったですが、今日は、自分なりに、納得出来た釣りでした。



(5月22日)
16時前に、フッシング・ティーズさんの高田船長が、明日使われる、青虫を買いに来られてたので、
私 「今日も、キス、釣れたですか?」
高田船長 「まあまあ食ったですよ。 (1人)30匹位かな。

今日は、型狙いの場所にしか行かなかったです。
数狙いの場所に行けば、数が、もっと釣れてたかもしれませんが、小さいのも混ざりますからね。
今日は、(お友達の)Mさんも、(同じ場所に)キス釣りに来られてましたよ。」
などと、高田さんは言われてました。

17時過ぎに、Nさんが、青虫を買いに来られました。
Nさんは、何時も、外浦のやぶた渡船さんで、笠岡沖に、半夜釣りに通われてる方です。
「この前は、メバルが良く釣れたよ。
釣れたら、大きいメバルばかりが、ほとんどで、13匹持って帰りました。
25、6㎝位の大きなメバルも釣れたので、20㎝位のは、海に逃がしたが。
その前行った時は、3匹しか釣れんかったけどね。

などと、Nさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

大飛島の沖に、地元のおじいさんたちが釣られてる沈みの岩が有るそうです。
先日、〇さんに、こっそりと、だいたいの位置を教えて頂きました
私は、大飛島沖は、漁礁や沈みの岩は、何か所かは知ってますが、こんな所にも沈み岩が有るとは思いませんでした。
また、ちょっと沖の方の六島沖にも、私が釣った事の無い漁礁もあって、平アジが、たくさん釣れた実績があり、
ここの場所は、多分、行けば、場所だけは解りそうです。
もしも、ベタ凪で、気が向いたら、明日は、釣果は二の次で、勉強に行こうかな・・と、考えています。
潮も何にも解らないで釣りに行くのだから、ハズレる可能性の方が高いですが、
一度、機会があったら、調べに行きたいと、ずっと思っていました。
釣れなくても、全然、かまわないです。
明日は、のんびりと、遊んで来れたら、それだけで良いです。


(5月21日)
17時前に、フッシング・ティーズさんの高田船長が、明日使われる、青虫を買いに来られてたので、
私 「今日は、キスが釣れたですか?」
高田船長 「まあまあ食ったですよ。
食いが渋いから、バラシも多かったけど、それでも、トップのお客様は、キスを47匹釣られました。
最初は、型狙いで行って、最後は、数狙いの場所で、数を釣って帰ったです。
今週は、水、木、金曜日までキス釣りに行って、土日は、タイラバで行く事になっています。
例年通りなら、6月になると、水温がもう少し高くなり、キスが本格的に釣れだすと思います。
6月は、キス釣りを中心にやります。」
などと、高田船長は言われてました。

高田さん、何時も大変ありがとうございます。

なお、釣船などの詳しい事は、ティーズさん(高田船長)まで、お尋ねくださいませ。

名前 瀬戸内遊漁船 Fishing T's
住所 岡山県 笠岡市大島中1839-5 正頭漁港桟橋より出船
駐車場所 大島漁協前にお停めください(黄色枠駐車禁止の駐車はご遠慮ください)
船長電話番号(直通) 070-7560-7561
電話受付時間 9:00~20:00

(5月20日)
11時半頃、チのヌフカセ釣りのお上手なMさんが、オキアミやチヌの集魚剤を買いに来られて、
「最近は、しまなみの方に通っています。
ここ1週間位でも、〇〇島に、2回、通いました。
この前も、48㎝のチヌが釣れたけど、しまなみの方は、産卵後で、かなり痩せていました。
本当は、鯛狙いで行ったのですが、今年の鯛は、なぜか、大きいのが釣れんね。
一番大きくても、30㎝までの鯛で、いったいどうなってるのでしょう。
水温か何かの、せいなのかなあ。
去年も、同じ場所で、60㎝の鯛が釣れたし、その前の年は、74㎝の鯛が釣れてたのですけどね。
笠岡沖は、しまなみよりも、チヌの数が出てるようですが、渡船の時間があるからなあ。
しまなみに、車で行けば、好きな時に行って、何時でも好きな時間に帰って来れますから。」
などと、Mさんは言われてました。

Mさん、何時も大変ありがとうございます。


(5月19日)
9時半頃、チヌのフカセ釣りのお上手なWさんが、3キロ板のオキアミを買いに来られました。
Wさんは、昨日も、さかえ丸さんで、笠岡沖に、フカセ釣りに行かれたので、釣果をお尋ねしたら、

「昨日は、チヌが9枚釣れたけど、40㎝を超えるようなチヌが1匹も釣れなかって、ダメでした。
風も吹いてたです。
今日も、吹いてるので、厳しいかなあ。
僕は、数は釣れなくても良いから、大きいのが1匹釣れたら、いいんですよ。」
などと、Wさんは言われてました。


15時頃、投げ釣りのお上手なHさんが、買い物に来られて、
「最近は、田島・横島方面に、キスの引き釣りに通っています。
15㎝~24㎝までのキスが、ポロポロと良く釣れていますよ。
それより小さいのも来るけど、それは、全部、放流しています。
私が通っている場所は、手前から50m位沖まで、石があって、その沖は砂地になっています。
年寄りの人で、チョイ投げしかしない人は、根掛かりばかりだし、沖の方に投げて、そのまま、ほって置く人も釣れないです。
釣れるのは、石と砂地との切れ間付近で、キスが、そこを泳いで移動しれるんじゃあないかと考えています。
直接、ポイントに投げ込むと、キスが散ってしまうから、80m位投げて、それから、手前の方まで引っ張って来て、
60m位の所から、本気で、当たりを取ります。
やっぱり、キスは、朝の内が良く釣れますね。
昼から行く事もあるんですが、昼からなら、?匹位しか釣れなくて、朝の半分程度しか釣れないです。」
などと、Hさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月18日)
11時過ぎ頃、Iさんが買い物に来られて、
「今日は、キスが2匹、アナゴが2匹釣れました。
それと、ギギの大きいのが釣れだしたね。
腹の中には、黄色の卵を持ってます。
ドブも食べてるので、卵だけ残して、ドブだけ取り除き、上手に料理しなければいけないです。」
などと、Iさんは言われてました。(近場の投げ釣りです。)

15時過ぎに、Fさんが、昨日の結果報告に来られました。
「昨日は、下津井の方に釣りに行ったんですが、メバルがおもしろいように釣れました。」
私 「10匹位釣れたのですか?」
Fさん 「持って帰っただけでも、10何匹いたですよ。(携帯電話に映ってるメバルの写真を見せて頂きました。)
一番大きいのは、24㎝のメバルも釣れました。
昨日は、何時も釣らないような場所で釣ってみたのですが、投げたら、もう、当たりが出るんじゃけえ。
メバルが、かなり浮いてたようですね。
(夜の)10時半には止めて帰りました。」
などと、Fさんは言われてました。(車で行かれての岸からの半夜釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月17日)
17時半頃、チヌのフカセ釣りのお上手なWさんが、3キロ板のオキアミを買いに来られました。
Wさんは、数日前にも、オキアミを買いに来られて、さかえ丸さんで、笠岡沖に、フカセ釣りに行かれたので、
私 「この前は、釣れましたか?」
Wさん 「数は、(チヌが)11枚釣れたけど、一番大きいのでも43㎝まででした。
55㎝の鯛が1枚釣れたのですが、あれがチヌじゃったらなあ。
(顔をみるまでは)チヌだったら55㎝位あると思ったのですけどね。
みんなは、鯛の方が嬉しいと思うけど、(チヌダービーをされてるので)僕は、チヌの方がありがたかったです。
今年は、(チヌが)釣れてる場所と、釣れない場所とが、はっきりと分かれています。
釣れてない場所に降りたら、本当に、さっぱり釣れんからなあ。」
などと、お話してたら、Wさんと同じ会社の方が買い物に来られて、今度は、私を含めて3人でお話になって、
お客様 「この前から、山陰に、アオリイカと底物狙いで、何度か釣りに行きました。
イカも釣れたのですが、前回は、ジグで、60㎝のクエが釣れたので良かったです。
私は、小型のエンジン付きのボートで、岸から、すぐ沖の方に出て釣っています。
明日は、山陰は、少し風が出そうなので、風裏のポイントで、やってみようと思っています。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

5月16日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、私が、本日、笠岡沖で釣ったメバルの写真です。
朝一の、満ち上がりの最高の一番良い潮の時、釣れもしないサワラを狙いに行ったら、見事にハズレてしまいました。
貴重な時間を、3時間も、無駄な時間を過ごしてしまったです。
そんなに簡単に釣れる魚では無いのが解ってたですが、自分自身では、納得出来ました。
カンカン照りで、もうすでに満ち潮も終わって、メバルを釣るのには、かなり厳しいかな・・・
と、思って、メバルのポイントに行くと、
想定外で、ベイトが、かなり流れていて、
丸々と太ってる、良型メバルが、1時間ちょっとほどで、おもしろいように釣れました。
さすがに、一番最高の地合いでは無かったから、ダブルは1回もなくて、全て単発でしたが、
自分では、十分納得できる釣果でした。
もしも、朝一の満ち潮の緩みの潮からメバルを狙っていれば、今日に限っては、メバルがもっと釣れていた事でしょう。
先週よりも、今日の方が、ベイトが多く流れてたから、先日の雨が良かったのか、海の状態が良くなってたと思いました。
今日は、早出をして、朝5時半に出船したので、さすがに疲れました。
メバルが10匹釣れた所で、早々と、納竿したです。
これから、ちょっと昼寝をする予定です。
今日は、自分では、良い釣りが出来たと思います。



(5月15日)
ゴールデンウィークが終わったら、その後の跳ね返りも有るのでしょうけど、
毎年の事ですが、(多くの)釣具屋さんは、しばらく、暇な時期になります。
里見釣具も、ダメですね。
特に、今年は、当店の生命線の、里見サビキなどが、ほとんど売り切れてしまってますしね。
余ったらいけないかな・・・と、思って、確実に売れそうな数しか製造してなかったので、昨年は、注文の数が少なすぎました。
完全に、私の注文ミスでした。 反省しています。
在庫が、極端に少なかったのに、おまけに、里見の日で、安売りしたものですから、結果的には、これも悪かったです。
 だけど、売れる時期が限られるから、強気で発注して、余ったら、困りまので、ついつい、強気にはなれないんですよ。
今日も、これと言った、釣り情報のネタが無いのですけど、それでも何か書くとしたら、

13時頃、Oさんが買い物に来られて、飛島沖に船釣りに行かれたら、キスが14、5匹ほど釣れたそうです。

16時半位に、明日使われる青虫を買いに来られたお客様は、
「今年は、キスが、ポロポロと釣れますね。
最近、キス釣りをしていると、大きいギザミが、2、3匹位は、釣れるようになりましたよ。」
と、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

高見島沖(南向き)のサワラも、どうも、もう終盤になってるようです。
Nさんに、釣れるか釣れないかは解りませんが、ドライブがてらに、サワラ釣りに行かれてみられたらいかがでしょう・・
などと、先日、私が余計な事を言って、この日曜日に、Nさんは、サワラ狙いで行かれたら、完全にハズレたようです。
それでも、サワラ狙いの船が、十何艘おられたみたいで、大きくはないサワラを3本上げられたのは見えたそうです。
水深が浅くて、みなさん、スピニングリールで、軽めのジグを投げられて釣られてたみたいですね。
Nさんは、今のお仕事の前は、魚屋さんをされてて、サワラは、ゴールデンウィーク頃がピークだそうです。
「潮が全く流れなかったから、釣れなかったのかもしれないです。
多分、ピークは過ぎてるんでしょうけど、今度の大潮は、潮が流れたら、もしかしたら釣れるのかもしれないですね。」
などと、Nさんは言われてました。
Nさん、先日は、いらない事を申しまして、誠に、ごめんなさいね。
私は、高見島沖の南側が、そんなに浅いのは知らなかったです。
もしも、私が、ダメ元で、サワラを狙うのでしたら、今年、実績の有る場所へ、
水深が、30m以上有る場所に、気が向いたら、遊びに行くかもしれないです。
一応、サワラ狙いの道具だけは、積んでおこうかな・・・と、思ってはみますが、ボーズになるのが目に見えてるようです。
明日は、潮は良いけど、カンカン照りで、晴れるようなので、キス釣りには向いてるかもしれないけど、
メバルのサビキ釣りでは、自信が無いです。


(5月14日)
10時半頃、Iさんが買い物に来られて、
「〇〇の漁師の人が、ウナギを、たくさん取ってるそうです。
網で、魚が取れんから、ウナギを釣ってるようで、
Fさんの話では、ウナギが10本釣れて、Fさん、何本かもらったみたいです。
そんなに釣れるんだったら、わしも、ウナギ釣りに行かんといけん。」
などと、Iさんは言われてました。

14時前に、Hさんが買い物に来られて、
「(笠岡沖の)〇〇島に釣りに行ったら、コブダイだらけで、45㎝のが2匹と、49㎝のコブダイが釣れたです。
もう1匹、大きいのが掛かったんですが、それは、取り込めなかったです。
2号の竿で、ハリス4号の竿で釣ったのですが、今度は、釣り堀用の硬い竿で釣ろうと思います。」
などと、Hさんは言われてました。(岸からの釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月13日)
昼前に、Yさんが、鉛を買いに来られて、
「(笠岡沖の)?島沖の?の所に釣りに行ったら、平アジが良く釣れました。
大きなメバルは釣れなかったけど、小さいメバルは、たくさん釣れたですよ。
激渋のサビキの、ハリスが0・6号に、35㎝のアコウが食い付いて、なんとか取り込む事が出来たです。
店長、この前は、何処の辺りで、釣られたの?」
私 「Yさんと、同じ場所ですよ。
あそこの場所は、私以外には、誰も釣らないのかと思ってましたが、Yさん、良くご存じですね。
私は、平アジ狙いで行ったんですが、
あそこのメバルは、潮さえ流れていたら、小さいのだったら、幾らでも釣れるって感じでしょ。
なんでかしら、25㎝位を超えるような大きいメバルが、おらんね。」
などと、Yさんとお話しました。(船釣りです。)

16時半頃、Tさんが、キスの仕掛けを買いに来られたので、
私 「Tさん、釣りに行かれてるの?」
Tさん 「この前から、キス釣りに2回行ったよ。
私は、キス釣りは、何時も、飛島沖に行くんだけど、キスは良く釣れるね。
小魚がおったらエサにして、アコウを釣りたいけど、最近、カタクチイワシがおらんからな。」
などと、Tさんは言われてました。(船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月12日)
16時頃、アオリイカ釣りのお上手なFさんが買い物に来られたのでアオリイカのお話をしてました。
その時、竿の修理に来られたお客様と、Tさんが、店内に入って来られて、
私 「Fさん、今年は、アオリイカの話を聞かないです。
山陰に、イカ釣りに行かれたですか?」
Fさん 「今年は、まだ、一度もイカ釣りに行ってないです。
去年、あれだけ釣れんかったから、行くのが、たいぎなです。
幕島さんのホームページも全く見えないから、イカが、釣れてるのか釣れて無いのかも解ってないです。
帰ってから、見てみようと思います。」
Tさん 「2、3日前に、山陰に行ってきたんですが、波止から、2キロのアオリイカが1匹釣れましたよ。
幕島さんのホームページを見たら、今年は、アオリイカが釣れてる写真が多く見えたです。
今年は、アオリイカ、そこそこ釣れてるんじゃあないかと思いますよ。」
などと、Tさんは言われ、会計を終えられて、帰られたです。
その後、Fさんと、修理のお客様と、釣竿の修理をしてる私とで、今度は3人でお話になって、
Fさん 「一昨日、最近、3回ほど通っている場所に、メバル釣りに行ったら、25㎝位のアジが8匹釣れました。
私を含めて、みんなで3人で、メバル狙いで、サビキ釣りに行ったのですが、波止からなんですが、
私の横の人がアジが2匹で、その横が1匹釣れました。
大きなウキを付けて、アジ狙いで、2、30m沖に投げてた人たちは、アジが1匹も釣れなくて、帰られたです。」
修理のお客様 「今日は、(遊漁船で)下津沖の方に、タイラバ釣りに行ったら、
私は、鯛が2匹、40㎝と50㎝位のが釣れました。
先週行った時は、自己最高記録の68㎝の鯛が釣れたです。
友達は、コブダイを釣られたのですが、コブダイは、おいしいのですか?」
私 「私は、食べた事が無いので、おいしいのか、まずいのかは解りません。
昔聞いた事があるのですが、大阪の料亭では、コブダイが出るらしいので、
料理の仕方によっては、もしかしたら、旨いのかもしれないですね。
だけど、ここらの人は、持って帰られる人は、少ないんじゃあないでしょうか。」
などと、お客様たちと、いろいろお話をいたしました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月11日)
10時前に、Sさんが、青虫を買いに来られて、
「今夜は、しまなみの方の遊漁船で、メバルのサビキ釣りに行く事になっています。
青虫を使うかどうかは、解らないんですけどね。
この前、飛島沖にキス釣りに行ったら、3時間で、キスが20匹釣れました。
型は良かったけどね。
まだ、ちょっと早いのかなあ。」
などと、Sさんは言われてました。(船釣りです。)
Sさん、今の時期に、3時間で、これだけ釣られたら、合格点ではないのでしょうかね。

10時過ぎに、赤アミのレンガを買いに来られたお客様は、何時も、笠岡沖の〇〇島に、アジやメバル狙いで行かれる方なんで、
私 「一昨日は、〇〇島沖で、アジが7匹、すぐに釣れたですよ。
何を釣られてるのだろうかと思って、通り道で、近寄ってみると、
地元のおばあちゃんが、波止から、サビキ釣りをされてたのが見えて、多分、アジを釣られてるようでした。
(違う島の)〇〇島も、アジが釣れてるんですか?」
お客様 「いいえ、(しまなみの)〇〇島で、アジが良く釣れてるんですよ。
この前から、(〇〇島に)3回行きました。
20㎝位~25㎝位の平アジが、1時間位で15匹釣れたです。
私は、アジ釣り専門だけでなくて、〇〇島に行くと、メバル釣りや、イカ釣りなどの、他の釣りもするので、忙しいんですよ。
黄色い卵を持った、40㎝位の、大きなサバも釣れています。
サバが3匹も掛かると、もう大変で、なかなか上がらないですよ。」
などと、お客様は言われてました。(お客様は、岸からの釣りです。)


16時頃、Fさんが、明日使われる青虫を買いに来られて、
「今日は、(笠岡沖の)〇〇島沖に、キス釣りに行ったら、良型のキスが20匹ほど釣れました。
先週より、型が、一周り、大きくなってたですよ。
明日は、4人、お客様が来るから、今日は、私一人で、偵察に行ってきました。
キスを釣ってた人が多くて、私の船の周りにも、船が、6、7艘いたです。
明日は、私は、船頭に専念して、お客様に楽しく釣って頂こうと思います。
勿論、〇〇沖に行きますよ。」
などと、Fさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月10日)
9時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「昨日、(神島の)〇〇に、チヌのダンゴ釣りに行ったら、30㎝に足りないチヌが1匹釣れました。
一昨日は、0匹でした。
去年の今頃は、もう少し釣れてたと思いますけど。」
などと、お客様は言われてました。(岸からの釣りです。)

11時半頃、〇さんが、エギを買いに来られて、
「今朝、水島沖に、釣りに行ったら、みんなは、コウイカを7、8匹も釣ってるのに、私だけ、釣れん。
何年も前に買ったエギだから食わんかったのかなあ。
9時には、止めて帰ったです。
とっても、いやな思いをしました。」
などと、〇さんは言われてました。(船釣りです。)


17時頃、Aさんが買い物に来られて、
「昨日は、水島沖に釣りに行ったら、コウイカが12匹釣れました。
朝早い時間が良くて、昼前には、さっぱり食わんようになるなあ。
11時半には、止めて帰ったです。
昨日も、朝早く、釣り場に着いて、仕掛けを落としたら、すぐにイカが食い付いてくれて、1時間ほどで、5匹釣れました。
それからは、30分に1匹とか、1時間で1匹とかで、遅くなったら食わなくなるね。
潮によって、イガが良く釣れるポイントが変わるよ。」
などと、Aさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月9日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣ったメバルが12匹、平アジが7匹、マイワシが6匹、アコウが1匹の写真です。
朝、6時前に起床。
ネットを開けてみると、六島も下津井も、北東の風が4m吹いていた。
天気予報の予報は強気で、曇りのち晴れで、降水確率が10パーセントとの事。
どう見ても、雨雲が近づいて来てて、すぐにでも雨が降りそうな感じだ。
行くのを止めようか・・と、思ったけど、少々濡れてもかまわないな・・と、思って車に乗った。
ラジオの天気予報は、西のち南西の風が吹く・・と、これまた、全く反対の事を言ってるので、
いったい何を信用したら良いのか・・と、思った。
何時ものように、コンビニで買い物をして、朝食を食べた。
港に着いて、車を降りた瞬間、風向きまでは、はっきりと解らないけど、結構、風が吹いてる。
雨も降りそうだし、風も吹いてるから、沖の方にまでは行けない。
ベタ凪で、好天気なら、確実にサワラが釣れてる、かなり沖の方まで行こうかな・・
と、電動リールとサワラの仕掛けを、昨日の閉店前に、気が変わって、積んでいた。
無理、無理、笠岡沖でサゴシを狙ってみようか・・・と、思って、港を出た。
ちょうど半年位前に、チョクリ仕掛けをサゴシにプチプチ切られたので、今日は、ここにサゴシ狙いで行こう・・と、思った。
夏目の沖の所にさしかかると、風があるのだろうか、波がざわついてる。
ミゾウチの赤ブイを通りすぎて、もう少し沖の方に走ると、北東向きの風が吹いてるのが解った。
現在の風速・風向きなどを考慮したら、北木島・真鍋島方面では、船が流されて、きっと、思うような釣りは出来ないだろう。
消去法にて、最初は、風があまり当たって無いと予測できる、風風呂水道に着くと、ここは、ベタ凪状態だった。
ベイトが結構多いから、もしかしたら、サゴシがおらないかな・・・と、思って、電動リールとサワラの仕掛けを出して釣ってみたが、
やっぱり、こんな岸の方じゃあ、サゴシは、いないのか。
そんなに簡単に釣れる魚じゃ無い事は、承知の上だけど。
本命のポイントに行く前に、通り道で、次のポイントに行ったら、ここも風が吹いてない。
魚探の反応が最高に良かったから、釣れないサゴシを狙うよりも、確実に釣れそうな、鯛やメバルなどを釣った方が賢明かな・・
と、思って、電動リールを閉まって、のそのそと、メバルようの竿をセットした。
仕掛けを磁石にくっ付けて、さあ、朝一におかずだけを確実に釣ろうかな・・・と、思って、
GPSを見て、先ほど反応の良かった場所に戻ると、どうした事か、反応が悪くなってた。
さっきは、広範囲に、魚探の反応が良かったはずだが、いったいどうした事か。 不思議すぎる。
沖の方に行っても、風が吹いてるだろうから、ベタ凪の、ここで頑張った方が得策だと考えて、しばらく釣ってみたけど、
何の当たりもない。
そうだろうな、ここは、こんな潮で釣りに来ても、釣れた事は無いのは解ってたけど、
あの魚探の反応をみたら、入れ食いになるはずだ・・・と、幻想を見てしまった。
幾ら頑張っても、釣れそうにないから、ちょっと気になってたポイントに変わる事にした。
ここもベタ凪。小雨が降り出したから、もう、大きくは移動出来ない。
雨の中を移動したら、顔がビシャ濡れになって、イヤだ。
魚探の反応も、ボツボツだったから、何か釣れないかな・・・と、思って仕掛けを落とすと、マイワシが6連で掛かり、
1匹は逃げられたけど、5匹キープ。 
イワシは母の大好物なので、慎重に釣らないと・・・と、思って、魚を全部外して、
仕掛けが、からまないように、錘と仕掛けを、ひとまず、海の中に落とした。
イワシをバケツの中に入れてたら、竿先が、またまた、揺れてる。
仕掛けを入れたまま、仕掛け分の長さで、イワシが、再び、食い付いてくれてた。
2匹イワシが掛かってたけど、1匹逃げられて、1匹キープした。
今の内に、イワシを本気で釣っておかないと・・と、思った。
潮が、かなり流れてて、船が流されたから、最初釣れた場所に戻る。
仕掛けを落とすと、当たりがあったから、イワシが釣れたのかと思ってたら、今度は、平アジの単発。
次は、12、3㎝位のミニメバルが3連で上がったから、当然、全部、海の中に帰ってもらう。
ここは、大きなメバルは望めそうにないのかなあ・・・と、思って、釣ってた。
結局、その後、マイワシは1匹も釣れなくて、何とかキープ出来そうなメバルを3匹と、平アジを単発で6匹追加出来た。
ここは、12、3㎝位のミニメバルの宝庫のようで、20匹以上は、放流した。
しばらくしたら、潮が全く流れなくなると、魚探の反応も消えて、何の当たりも無くなった。
雨も止んだから、本日、一番狙ってた、少し沖のポイントに向かう。
この頃には、海は、ベタ凪状態になってた。
が、狙ってたポイントは、魚探の反応が全くなくで、これじゃあ、サゴシどころか、何も釣れそうにない。
行ったタイミングが悪かったようで、ちょうど潮止まりだった。
メバルのサビキを落としてみたけど、何の当たりもなかった。
最後に、メバルを狙ってみようと思って、実績の有る場所に移動したら、キープサイズのメバルが9匹と、アコウが1匹釣れた。
今日は、潮周りが悪いのか、行った時間帯が悪かったのか、
良型メバルも釣れたけど、ここのポイントも、ミニメバルが多く釣れて、10匹位は、海に帰ってもらった。
もう、これ以上釣っても、後からの料理が大変だ。
少々、くたびれぎみなのに、これから帰ってから、時間をかけて、料理までする気にはなれない。
納得、出来たから納竿とした。
笠岡沖に、平アジや、マイワシが入ってたのが解ったのが一番の収穫だ。
今年は、例年よりも、かなり早いみたいですね。
また、梅雨メバルには、かなり早いけど、メバルを本気で狙えば、そこそこ釣れるのも解った。



(5月8日)
17時頃、ブラックバスのルアーを買いに来られたお兄さんは、
「この前、ミニジグを投げたら、良く釣れたので、今度は、このブラックバスのルアーで釣ってみようと思います。」
私 「どこの辺りで釣られたのですか?」
お客様 「児島の方で釣りました。
あんまり大きくはないけど、この位(30㎝位?)のセイゴが6匹釣れたです。」
などと、お客様は言われてました。(夜釣りで岸からの釣りです。)

17時過ぎに、青虫を買いに来られたお客様は、
「ここで、1000円(青虫を)買ったら、一番中釣れる。
やっぱり、新しいエサに、ドンドンやり替えて釣らんといけんよ。
(5月4日の)土曜日は、18㎝~22㎝位のが30匹も釣れたです。
あんなに釣れるのも珍しいですけどね。」
私 「何処の方に行かれたのですか?」
お客様 「(笠岡沖の)〇〇島に釣りに行きました。 あの日は人も多かったけどね。
(夜中の)12時まで、カサゴが3匹しか釣れなかって、場所を移動してからが良かったです。
最初にメバルが1匹釣れて、その後も、おもしろいようにメバルが釣れたです。
(夜中の)1時半頃まで、1時間半ほど、型の良いメバルが釣れ続いたですよ。
潮が止まったら、さっぱり食わなくなりますね。」
などと、お客様は言われてました。(岸からの釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

明日は、ちょっと試してみたい釣り場が有るので、天気が良ければ、自爆覚悟で、行くだけ行ってみようと思います。
ハリス10号の仕掛けの下側に、100gのジグを付けて、なんてアホな事を考えています。
笠岡沖の狙ってる場所は、多分、みんな釣れないと思われてるだろうし、誰も釣られてないでしょう。
ハズレたら、その後、平アジ狙いの場所に行ってみようかな。タイサビキも有かな。
この10連休は、店が、そんなに忙しかった訳でもないし、たいして仕事もしてないのに、
店をずっと開けてたから、疲れが、今頃、出てきたようで、少々疲れぎみです。
明日は、釣果は全く気にしなくて、船の上で、のんびりと遊んでこれたら、それだけで満足です。
本当に雨が降らないんでしょうか???
明日の朝一の天気予報などを見て、最終決定したいと思います。


(5月7日)
15時頃、Kさんが買い物に来られて、
「連休の間は、どういう訳か、どこも潮が流れなかったですね。
〇〇島沖では、キスが、そこそこで、〇〇島沖の所は、特にキスが良く釣れました。」
私 「〇〇島沖は、平アジは、いなかったですか?」
Kさん 「〇〇島沖で、平アジを釣ってる船自体、だれも見かけなかったですよ。」
私 「キス釣りの時、魚探は点けて釣られないのですか?」
Kさん 「いいえ、キス釣りの時も、一応、魚探は点けていますよ。」
私 「〇〇島沖の所は、アジらしい反応は見えなかったですか?」
Kさん 「アジが釣れるような反応は無かったです。
キス釣りの場所と、アジ釣りの場所では、ポイントが違うから、平アジのおりそうな漁礁の所で魚探を点けてたら、
もしかしたら、アジの反応があったかもしれないですけど。」
私 「今年は、アジが釣れるのが、少し早いようで、(北木島沖の)?の所で、平アジを30匹ほど釣られた人もおられます。」
Kさん 「Fさんは、(北木島沖の)〇〇〇の所で、アジが、幾らか釣れたそうですよ。」
私 「それは、平アジですか、マルアジですか?」
Kさん 「Fさんが釣られたのは、平アジです。
マルアジが釣れるのは、もう少し後でしょ。
笠岡沖で、マルアジを狙って釣れるようになるのは、例年通りなら、6月の2週目頃からです。」
私 「今週は、ダメ元で、平アジのポイントを回ってみようかな。
もっとも、平アジとメバルは同じような場所にいるんですけどね。
平アジが釣れなくても、メバルが幾らか釣れたら良いと思います。
本当は、キス釣りをしたら釣れるんでしょうけど、やっぱり、私は、サビキ釣りが好きなんですよ。」
などと、Kさんとお話いたしました。(船釣りです。

これでお終いかな・・・と、思っていたら、
18時半頃、寄島から買い物に来られたお客様は、
「サワラが良く上がってるよ。
今日、?沖に行った人が、サワラを10本釣られました。
一番大きいのは、90㎝位あったよ。 ぼっけえ大きかったなあ。
電話が掛かってきたので、私も、行ってみたんだけど、大きい当たりが1発あったけど、針に掛からなかったです。
私は、60gのジグで釣ったけど、友達は、もう少し小さなジグで釣ってたから、小さい方が良いようだね。」
私 「サワラは、やっぱり朝一番が良く釣れるのですか?」
お客様 「いいや、わしが行ったのは、昼過ぎてで、まだ釣りょうたよ。 昼でも食うんじゃろう。
サワラは釣れんかったけど、?の所に鯛釣りに行ったら、50㎝位のが2匹釣れたよ。
タイラバやタイサビキやテンヤや、いろんな釣りをしてたけど、?の所は、船が多かったな。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)


なお、サワラが釣れた場所は、私の、なんとか行動半径内です。
タイのポイントは、下津井沖なので、無理をしたら行けない事は無い場所ですが、
鯛を釣るなら、私は、そんな遠くの方まで行く気は全く無くて、笠岡沖で十分釣れると自分では思っていますけどね。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月6日)
今日は、14時頃から、前線のシッポが通過したようで、突然空が暗くなって、雷や夕立になりました。
里庄地区では、カンカン照りの日が続いて、何日か雨が降ってなかったから、
ある意味では、恵みの雨だったのでしょうかね。

15時頃、Aさんが買い物に来られました。
Aさんたちは、2、3日前の昼すぎに、青虫を買いに来られて、愛媛県のある島に、岸から、夜釣りに行かれたです。
「結局、いけんかったなあ。 私は、一番大きいメバルでも23㎝までで、大きいのは釣れなかったです。
他の人たちは、20㎝オーバーのメバルを、15、6匹釣った人もおったよ。」
などと、Aさんは言われてました。

17時頃、Fさんが、チヌの集魚剤を買いに来られて、
「昨日は、さかえ丸さんの渡船で、稲積島の牛の首に、フカセ釣りに行ったら、チヌが3匹、鯛が1匹釣れました。
チヌも鯛も小さくて、40㎝も無かったです。
40㎝級のチヌも1枚掛かったのですが、手前の所まで寄って来て、最後に、玉網で救おうとしたら、石に引っ付いて、
竿を立てると、針ハズレしました。
(針の)掛かりが浅かったのかなあ。
最後の頃、潮が止まって、すぐ前の石の所を釣ったら、ベラが1匹釣れました。
もう、ベラが出て来る時期になったのかな。」
などと、Fさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(5月5日)
今日は、予想通り、店の方は、全く、暇でした。
毎年の事ですが、連休の最後の方は、ダメなんですよ。
エサの問屋さんも、今日は、全く動いてないです。(エサが売れて無いです) と、言われてました。
明日は、おそらく、今日よりも、もっと暇になるでしょうし、
釣れる釣れないは別にして、釣り人さんが少ない事でしょうから、船も少なくて、狙い目ではあるのかな。(???)


10時半頃、寄島のOさんが買い物に来られて、、
「定年になったので、これからは何時でも釣りに行けますよ。
再雇用の話もあったんだけど、断りました。
昨日、弟(さん)が、水島沖に釣りに行ったら、コウイカが3匹釣れたです。」
などと、Oさんは、言われてました。(船釣りです。)

16時半頃、竿の上栓のゴムを買いに来られたお客様は、
「昨日は、この位(20㎝級)の、良型キスが15匹釣れました。」
私 「何処の方に行かれたのですか?」
お客様 「小飛島の沖ですよ。 何時も釣る所があるから。
昨日は、大潮だったけど、(お客様が釣られた場所では)いっこも流れんかったが。
風も無くて、最高の天気でしたよ。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月4日)
11時半頃、買い物に来られたお客様は、
「昨日は、飛島沖にキス釣りに行ったら、私がキスが18匹で、Uさんは20匹釣れました。
キスの型は、良かったですよ。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)

12時半頃、寄島からバイクに乗って来られた、かなり賑やかなお姉さんは、店内におられたお客様とお話をされて、
「私、今年になって、アナゴが140本釣れました。
一番最初に行った時は、16本も釣れたが。
今年は、アナゴが多いで。」
などと、お姉さんは言われてました。(寄島での夜釣りでの投げ釣りです。)

13時半頃、近所の〇さんが、明日使われる青虫を買いに来られて、
「今日は、7時に家を出て行ったら、セイゴが2匹、アイナメが1匹、ハネが1匹釣れました。
ハネは、クーラーに入らん位、大きかったよ。」
などと、〇さんは言われてました。(昼間の近場での投げ釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月3日)
今日は、一番忙しい日かな・・と、予想してたんですが、見事にハズレました。
例年通りなら、普通は、5月3日で、天気も最高だったから・・と、思ってたけど、想定外でした。
今年は、10連休なので、分散型のようですネ。
(今までの経験では、)多分、明日、明後日になれば、もっと暇になる事でしょう。
結果的には、昨日、一昨日がこの連休のピークだったようで、
私自身としては、このゴールデンウィークは、気持ち的には、もう、ほとんど終わったような気分になりました。
まだまだ、明日は、まだ5月4日なので、もう一度、気持ち入れ替えて、頑張らないといけないですネ。

15時前に、タイサビキ釣りのお上手なYさんが買い物に来られました。
私 「今日は、幾らか釣れましたか?」
Yさん 「今日は、いけんかったなあ。 2人で、(鯛が)6匹しか釣れなかったです。
昨日は、良かったんよ。 1人で、(鯛が)8匹釣れたのですけどね。」
などと、Yさんは言われてました。(船釣りです。)

17時前に、Fさんが、明日使われる青虫を買いに来られました。
「今日は、キス狙いで行ったのですが、あまり良く無かったです。
高島沖から釣り始めたのですが、行った場所が悪かったようです。
明日は、最近キスが良く釣れている場所に行って釣ろうと思います。」
私 「今日は、船が多かったですか?」
Fさん 「そうでも無かったですよ。 (Fさんが釣られてた場所周辺では)船は少なかったです。」
などと、Fさんは言われてました。

17時頃、投げ釣りの、引き釣りがお上手なFさんが、明日使われる砂虫を買いに来られました。
Fさんは、一昨日の夜にも、砂虫を買いに来られて、昨日、釣りに行かれるように言われてたので、
私 「Fさん、昨日は、キスが幾らか釣れましたか?」
Fさん 「(キスが)40匹ほど釣れたです。
(Fさんが釣られた場所では)今のキスは型が大きいですね。
だけど、まだ、当たりは、そんなに大きくないですよ。
もう少し水温が上がってくれば、大きな当たりが出るようになると思います。」
などと、Fさんは言われてました。


18時過ぎに、Nさんが、青虫を買いに来られて、
「昨日は、息子(さん)が、キス釣りに行ったら、白石島沖は、ピンギスばかり釣れて、
その後、?島に移動したら、キスが大変良く釣れたそうです。
?島沖では、3人で、キスが57匹釣れたようですよ。」
などと、Nさんは言われてました。


18時半頃、キス釣りのお上手な、Fさんが、明日使われる砂虫を買いに来られて、
「今日は、?島沖にキス釣りに行ったら、キスが良く釣れたですよ。
(?島沖の)?の沖の所だけでも、船が12艘見えて、さらに、?の所は、キス釣りの船の船団が出来てました。
段々、段々、船が増えて来るんじゃけえ。
みんな、良く知ってますね。」
などと、Fさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(5月2日)
本日は、ゴールデンウイーク中の10連休中の祝日の為、店を開けました。
小型店の当店としては、今日は、エサが良く売れた日で、釣りに行かれた方も多かったのでは・・と、思います。
エサが良く売れたと言っても、たったの、2キロか3キロ程度しか売れてないので、
他店様に比べたら、全くレースにもなっていないですけど。
「今日は、木曜日なのに、(店が)開いてるの・・・」 などと、言われたお客様も多かったです。

18時頃、チヌのフカセ釣りのお上手なFさんが買い物に来られたので、
私 「最近、どこかに釣りに行かれたですか?」
Fさん 「この前、シマノさんのジャパンカップの予選があったのですが、大飛島に降りて、チヌが6枚釣れました。
100人位の参加で、5位だったので、良かったと言えば良かったんですが、全国大会には行けなかったです。
3艘で出船して、各船の1位の人が3人、キップがもらえるんですが、私は、船で2位の成績でした。
優勝した人とは、900g位の差だったんだけど、その人は、私よりも、大きなチヌを揃えられてたから、その差で負けました。
めったに、決勝には進めないから、もう少しだったですね。
最近、笠岡渡船さんは、沖の方に、磯渡しされてるようで、特に、?島では、チヌが良く釣れているようですね。
?島は、波止では、当たりハズレが激しくて、磯の方では、チヌが良く釣れてるそうです。
私も、明後日頃、フカセ釣りに行こうかな・・と、思っています。」
などと、Fさんは言われてました

Fさん、何時も大変ありがとうございます。


(5月1日)
11時半頃、新里見メバル 6本針 6号ー1号 を、買いに来られたお客様は、
「昨日は、このサビキが良かったですよ。
(松山沖の方の)〇島沖に、夜釣りに行ったら、メバルが50匹ほど釣れました。
昨日は、〇色の針ばかりに釣れるって感じでしたね。
(ハリスの)1号を使ったら、安心して上げれますから。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)


15時過ぎに、青虫を買いに来られたお客様は、
「今日は、キスが10匹と、カサゴが良く釣れました。
霧が、すごかったなあ。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)

15時半頃、キスの引き釣りのお上手な〇さんが買い物に来られて、
「もう、キス釣りょうるよ。 今日も、?匹釣れたです。
まだ渋いな。 当たりがあっても、簡単には針に掛からないです。
何かパターンが、違うんじゃろうなあ。
これから帰って、仕掛けを、こしらえないと、いけないです。」
などと、〇さんは言われてました。(田島。横島方面での投げ釣りです。)


16時前に、Hさんが、釣りの帰りに買い物に来られて、
「今日は、(キスの)食いが渋かったなあ。
1人、(キスが)20匹づつ位しか釣れなかったです。」
などと、Hさんは言われてました。(船釣りです。)

17時頃、青虫を買いに来られた常連のお客様は、
「今朝は、霧があって、白石島沖までしか行けなくて、カサゴを釣ったら、カサゴは良く釣れました。
霧が薄くなりだしてから、〇〇沖に移動して、キスを狙ったら、キスは30匹ほど釣れましたよ。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月30日)
17時頃、タイサビキ釣りのお上手な、Yさんが、青虫を買いに来られて、
「店長、何処かでキスが釣れてますか?」
私 「笠岡沖の、〇〇島沖や、〇〇島沖では、キスを30匹位釣られて来られたお客様がおられたです。
ただし、ピンギスも混ざるみたいですね。」
Yさん 「私も、〇〇島沖のキスは聞いています。
15㎝位の夏に釣れるようなキスもいるようですね。
最近は、しまなみ沖に鯛狙いで釣りに行きました。
この前は、10時半まで釣って鯛が6匹で、一昨日の日曜日は、9時半まで釣って鯛が6匹釣れたです。」
私 「チョクリで釣てたのですか、それともサバ皮が良かったのですか?」
Yさん 「私は、一年中、荷ひもの、里見チョクしか使わないです。
おかしいんよ。
魚探の反応がバッチリの場所では、鯛が、ほとんど釣れなくて、
底の方に、チョロチョロッと映ってる場所では当たりが出るんです。
だから、普通の人は、そんな場所では辛抱出来ないでしょうから、すぐに諦めて場所を変わられるかもしれないですね。」
私 「(もう少し手前の方の)〇〇島沖でも、鯛が釣れてるように聞きましたけど。」
Yさん 「〇〇島沖は、鯛が釣れても小さいから、どうしても向こうに行ってしまいます。
?島沖の鯛は、毎年、大きいのが釣れますから。
昔は、?島沖まで行けば、大きな鯛がたくさん釣れてたけど、最近では、そんな事は無いですね。」
私 「今年は、笠岡沖で、もう、平アジが釣れていますよ。 かなり早いですね。」
Yさん 「僕も、この前、メバル狙いで、北木島沖に、サビキ釣りに行ったら、25㎝位の平アジが2匹釣れました。」
私 「北木沖で釣れるのなら、?島沖まで行けば、もしかしたら、平アジが、いっぱい釣れるかもしれないですね。」
Yさん 「そうですね。 潮さえ合えば、釣れるかもしれないけど、だれか先陣を切って釣りに行かないかな。」
などと、Yさんとお話いたしました。

Yさん、何時も大変ありがとうございます。


(4月29日)
9時半頃、和歌山県の方から、夫婦連れのお客様が、買い物に来られたので、少しばかり釣りのお話をしました。
私 「去年は、和歌山沖や大阪湾の辺りは、タチウオがムチャクチャ釣れたみたいですね。
タチウオは、まだ釣れていますか?」
お客様 「今は釣れてないですよ。」
と、お客様が言われたので、居付きのタチウオさんは別として、
多くのタチウオさん、太平洋の方に、帰って行かれたのでしょうかね。(???)
今年は、西回りで、豊後水津の方から、タチウオさん、いっぱい入ってきてくださいネ。

10時頃、寄島のNさんとお連れの方が買い物に来られました。
ちょうど、その時、知り合いのお客様が、店内におられて、
Nさん 「今、何を釣りに行きょうるん?」
お客様 「(近場の投げ釣りで)アナゴの小さいのが10本位釣れていますよ。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、寄島のMさんが買い物に来られて、
「今年になって、(この沖の方に)コウイカを2回釣りに行ったけど、2匹づつ釣れたですよ。」
と、Mさんは言われてました。

11時半頃、Kさんが買い物に来られて、
「店長、キス釣れてる?」
私 「(笠岡沖の)〇〇島の北側では、キスが30匹位釣れていますよ。」
Kさん 「この前、私も、そこに行ったんよ。 (キスが)30匹位釣れたよ。
なんでかしら、潮が全く流れなかったです。
潮が流れてたら、もう少し釣れてたと思うよ。」
などと、Kさんは言われてました。


18時過ぎに、北木島のTさんが、サビキを買いに来られて、
「この位(20㎝級の)平アジが良く食ってるよ。」
私 「ロクロベ(夫婦岩)の所ですか?」
Tさん 「ロクロベじゃあないけど、私が何時も行ってる所ですよ。
おかしんで、夕方にしか食わん。
土曜日の夕方は良く釣れたけど、日曜日の朝は、さっぱり食わなかったです。
やっぱり、幾らか釣ると恐れるのかなあ。
この位(40㎝級?)の、ビックリするほど大きなサバも釣れたんよ。
僕は、ハリスの1・2号で釣るから、何とか上げる事が出来たけど。」
私 「今年は、平アジが釣れるのが少し早すぎますね。
昼間は、釣れてないのですか?」
Tさん 「僕は、仕事があるから、朝と夕方にしか行けないから、昼間に釣れるのかどうかは、解らないです。
平アジは、石の天井じゃあ食わなくて、石から、少し掛け下がった場所でしか食わないね。」
などと、Tさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月28日)
今日は、天気も良くて、店の方も忙しいかな・・と、思ってましたが、そうでも無かったです。
エサの問屋さんも、今日は、エサがあまり売れなかったように聞きました。

13時頃、Iさんが、アミのサシエを買いに来られて、
「今日は、サヨリが21匹釣れたです。
今年は、サヨリが良く上がっているよ。」
などと、Iさんは言われてました。

Iさん、大変ありがとうございました。


(4月27日)
15時半頃、Hさんが、ウキを買いに来られて、
「今年は、サヨリがたくさん釣れています。
例年なら、今時期は、(Hさんが釣られてるポイントでは)サヨリは釣れても数匹程度なんですけどね。
秋のサヨリは水面近くで釣れるけど、今のサヨリは、ウキ下が、1mちょっと位の、少し深い棚で食ってます。
太陽の光がまともに当たると、ウキが見えにくくなるのですが、Fさんが買われた赤色のウキは、良く見えますね。」
などと、Hさんは言われたのですが、残念ですが、Fさんが買われた同じウキは完売してて、ごめんなさい。
Hさんは、よく似たような違うウキを買って頂きました。
(Hさんがサヨリを釣られた場所は、岡山県内の車で行ける場所です。)

17時頃、〇さんが、チヌの集魚剤を買いに来られて、
「この前の、釣り大会は、真鍋島に行ったら、私は、チヌが15枚釣れました。
一番大きいチヌは、48㎝で、7キロちょっと位釣れたのですが、
他の人たちは、もっと釣られていて、入賞すら出来なかったです。
2人1組で降りたのですが、横の人も、チヌを、9枚か10枚位釣られてたですよ。」
などと、〇さんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月26日)
13時頃、Oさんが、エギなどを買いに来られて、
「昨日は、(水島沖の方の)?沖に釣りに行ったら、コウイカが15匹釣れました。
?沖でも、ポイントが、一か所だけで、その場所に、ズバリ入らないと釣れないんですよ。
コウイカを掛けて、上げると、周りの船の人に気ずかれて、寄って来られました。
見えないように、見えないように、釣ってたつもりでしたが、どうしてもバレてしまいますね。
以前、イイダコ狙いで釣りに行った時に、イイダコスッテのワームをかじられたり、コウイカが何匹か釣れた事があったので、
ここに、コウイカが固まっているのが解りました。
毎年、4月の25日か26日頃から、この場所では、コウイカが釣れ始めるんですが、今年も、コウイカが釣れて良かったです。」
などと、Oさんは言われてました。

14時頃、里見チョクリの在庫確認のお電話を頂いたお客様が、15時過ぎに、買い物に来られたです。
「昨日は、宇野沖の方にタイサビキに行ったら、この里見チョクリのサビキが良かったんですよ。
他の人たちは、違うタイサビキで釣ってたから、当たらのに、私は、里見チョクリで釣ったから、良く当たりました。
(お客様は、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして)
これが昨日釣れた鯛が6匹とハネが1匹の写真です。(まな板の上に綺麗に魚が並んでいました。)
上げる途中で逃げられたのと、ハリス切れしたのも、4回あったです。
途中から、友達に、里見チョクリを差し上げて釣られたら、それからは鯛を釣られたです。
7時頃に出船して、11時半には止めて帰りました。
今日は、友達にも頼まれてたので、総社から、里見チョクリを買いに来させて頂きました。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月25日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣ったメバルと鯛の写真です。
今日は、霧が、すごかったです。
普通は、港の辺りで霧があっても、沖の方に出たら、幾らか風が吹いてるから大丈夫だろうと思ってたのですが、
どこまで走っても、目の前の20m前位しか見えなくて、とっても危なかったです。
ミゾウチの沖の所では、私の船のすぐ前を、三洋汽船さん(?)が、通りすぎたから、
ぶつかってても文句も言えなかったですね。 
かなりヒヤッとしたです。
白石島の北側の本線航路を通りすぎた所で、ひとまず一安心したですが、その沖の方も全く見えなかったです。
港に引き返そうにも危なくて、どうせ危ないなら・・と、思って、何とか大島の北側まで行けました。
普通なら、目の前に大島が、かすかでも見えるはずだったけど、何も見えなくて、GPSだけを頼りに、魚探も見ながら、
スローで走り、何とか、一番安全そうな、小島の北東側の砂浜の沖に到着して、アンカーを打って待機。
9時50分になったら、やっと、霧が治まり始めて、すぐ目の前の小島が、ぼんやりと見えるようになったです。
メバルのサビキを出して、小島沖で、鯛とメバルが1匹づつ、真鍋島沖でメバルを7匹、キープする事が出来ました。
(今日は、ミニメバルや15㎝以下の放流メバルも、7、8匹位釣れました。
大きなメバルが釣れる超一級ポイントでも、潮止まりなどで、潮が悪い時には、なぜか1匹も大きいメバルは食わなくて、
ミニメバルしか釣れない事もありますから、ミニメバルが釣れたら行った時が、たまたま悪かったなあ・・と、諦めた方が良いです。
反対に言ったら、ミニメバルがたくさん釣れる場所は、大きいメバルがいる可能性もあるから、
松山沖などのメバルの数自体がいっぱいおる場所は別として、笠岡沖などのメバルの多くない地域では、
次回も、通り道で通る時などには、竿を出してみる価値が有りです。)
時計を見たら、11時25分。
最後に、帰り途で、縦島沖と白石島北側でタイサビキを出すつもりでしたが、時間が時間だし、
メバルの竿を閉まって、新たに、タイサビキの竿を出す気力がなくなったから、メバル狙いで釣ったけど、当たりは無かったです。
縦島沖は、魚探の反応が最高で、中層まで、イカナゴらしきベイトがたくさん映ってたです。
また、白石島の北側は、漁師の人が、長い長い鯛網を上げられてたですが、
ここも魚探の反応だけは最高で、かなり広範囲の場所で、ベイトが浮いていて、鯛らしき魚も映ってました。

なお、最後に行った、白石島の北側では、昨日のホームページにも登場されたお客様が釣りをされていて、
「昨日は、店から帰って、釣りに出たら、スズキが4本釣れました。
今、鯛網を上げてるから、網を上げてしまったら、また食いだすと思うよ。
今日は、(昼の)2時になったら、潮が返してから、釣れると思うから、ちょっと時間待ちしてたら・・・」
と、お客様に言われたけど、
私 「すみません、2時までは、とても待てないです。 お先に失礼させて頂きます。」
と、申して、港に帰りました。

今日は、本当は、霧が無かったら、朝一で、差出島沖と、明地島沖に鯛とハネ狙いで行って、
ダメなら、カジカケ、白石島の北側、縦島沖、シンザキ沖、夫婦岩の順番で、タイサビキをする予定でした。
鯛が数枚と、ハネとスズキとで、多分、クーラーに入りきらないほど釣る自信だけはあって、大型クーラーを持って行きました。
釣り人さんは、釣りに行く前は強気で、自信満々でしたけど、大きいクーラーを持って行った時は、何時もハズレてます。
無事に港に帰って来られたのが、一番の、お土産でした。



(4月24日)
朝一、開店すぐに、里見チョクリと、タイサビキを、買いに来られたお客様は、
「昨日、白石島沖に(タイサビキ釣りに)行ったら、鯛が4匹と、ハネがたくさん釣れました。
ハネが多く湧いてるな。
昨日も、この位(60㎝位?)のハネが、3匹掛かって、上の2匹は取り込めたけど、
一番下の針に付いてたのは切られてしまいました。
本当の一番良い、地合いの時は、中層位まで、ベイトがたくさん(魚探に)映りますよ。
長い事続かんけどな。 30分か、40分位じゃな。」
私 「ベイトの正体は、白アミなのですか?」
お客様 「いいえ、白アミは、全くおらなくて、イカナゴと、この位(6、7㎝位?)のイワシです。
腹の中を開けたら、イカナゴとイワシを、腹いっぱいに、食べていますよ。」
などと、お客様は言われてました。

そんなに釣れるんだったら、私も、白石島沖や高島沖などで、タイサビキをしてみようかな。
もしかしたら、沖の方よりも、手前の方が良いのかもしれないですね。
迷わず三崎沖に走るか、それとも高島沖から始めてみるか考えますね。


11時半頃、Yさんが買い物に来られて、
「一昨日は、友達の船で、笠岡沖にキス釣りに行ってきました。
最初は、〇〇島沖でキスをポロポロと拾って、目的地の〇〇島の所に向かい、ここでもキスが良く釣れたです。
私がキスが29匹、一番多く釣った人で30匹です。
今時期のキスは、本当は型が良くて、鉄砲ギスばかり釣れるはずでしたが、
この位の小さなキスも混ざりましたよ。
この前、白石島の人が、タイサビキで、鯛を12枚釣られたです。
だけど、釣れたのを聞いて、次の日に釣りに行ったら、釣れない事もありますからね。
やっぱり、定年になった人で、毎日のように海に出てる人が良く釣られますよ。」
などと、Yさんは言われてました。

Yさんが買い物をされてる時に、Nさんとお友達の方が買い物に来られました。
Nさん 「この前、解禁になって、最初の日に、サワラが、ぼっけえ網で取れたようだね。」
私 「それは、寄島の漁師の人が取られたのですか?」
Nさんの友達の人 「テレビを見ていたら、香川県は、2、3日前(??)に、サワラの解禁になって、
高松の魚市場(さん)に、サワラとサゴシがたくさん取れて、異常に取れ過ぎた為に、値段が安いようでした。
今年は、サワラが豊漁のようですが、漁師の人が、値段が安いから、嘆いてたのを、テレビで見たんですよ。」
などと、言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月23日)
正午前に、Fさんが、里見チョクリを買いに来られて、
「里見チョクリは、ハマチが良く釣れますね。
昨日も、〇〇沖に釣りに行ったら、74㎝のハマチが釣れました。
その前行った時も、72㎝のハマチがきたですよ。
ハリスが3号では、切られる事もあるんですが、慎重にやり取りをしたら、何とか取り込みが出来ます。
今、〇〇沖は、いかなごがたくさん湧いています。
昨日は、〇〇沖に行って、最初は、マイクロジグで釣ってたけど、誘い方が難しくて、鯛が1匹釣れただけでした。
すぐに、里見チョクリにやり替えたら、ハマチの他に鯛が3匹と、スズキも上がったです。
ハマチや鯛の腹の中を開けてみると、6㎝位のイカナゴを胃袋いっぱいに食べてたし、
口の中にもイカナゴを、ほうばってたです。
昨日は、遊漁船のSさんが、お客様を乗せられてなく、一人で来られてましたが、ジグでおもしろいように釣られてたです。
あれだったら、鯛を2、30匹位釣られてたんじゃあないでしょうか。
〇〇沖は、三分の二位の人がマイクロジグで釣られています。・・・
今、(少し西の方の)〇〇島の沖の所も鯛が上がっていますよ。」
などと、Fさんは言われてました。

17時頃、今日も、常連のお客様が、アミのレンガを買いに来られたので、
私 「サヨリを釣りに行かれてるんですか?」
お客様 「いいえ、玉島のE地区の所に、コノシロを釣りに行ってます。
3月から4月の中旬にかけては、ママカリが釣れていたけど、もう終わったです。
今は、ママカリを10匹釣ろうと思ったらしんどいなあ。
ママカリは、もう少ししたら、また釣れるようになると思うよ。」
私 「コノシロは10匹位釣れるんですか?」
お客様 「日曜日の一番良かった時で、20匹釣れましたよ。
コノシロは、型が良いけど、食べる人がいないから。
釣れる時は、バタバタッとまとめて釣れて、食わんようになったら、さっぱり釣れなくなるからな。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(4月22日)
14時頃、激渋タイプ・緑オレンジ8本針 6号ー0・8号と、1号 を、買いに来られたお客様は、
「激渋の赤黒と緑オレンジは、どの様に使い分けしたら良いのですか?」
私 「本当の事を言うと、私も、はっきりと解ってないんですよ。
このオレンジ色の皮は、特に今時期の、いかなごがいる時期には、良く釣れたお話も多く聞いています。
だけど、冬の時期とか、梅雨メバルの時期などにも、メバルが良く釣れた実績もあるから、
どんな時にオレンジが良いんか、赤色が良いのかは、メバルに聞いてみないと解らないんです。
その時、その場所、あるいは天候の違いなどで、メバルが食い付き易いサビキが変わるようで、
一番適しているサビキを見つけられて釣るのが、他の人よりも少しでも多く釣れるコツなのでしょうかね。」
お客様 「この前、(松山沖の)〇島沖に釣りに行った時は、この激渋で、鯛が5枚も釣れました。
ドラグをゆるゆるにして、ゆっくりと上げたら、何とか鯛を上げる事が出来ました。
その場所では、底から20m位上まで、ベイトがぎっしりと出ていて、鯛の群れがおったから、
釣れるのは鯛ばかりで、メバルがさっぱり食わなかったです。
やっぱり、鯛がおったら、メバルが恐れて、石の中から出てきにくいのかなあ。
他の場所に変わったら、メバルが良く釣れたですよ。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございます。


(4月21日)
正午頃、Yさんが買い物に来られて、
「昨日は、(遊漁船で)松山沖の方にメバル釣りに行ったら、みんな3ケタ釣れました。
私は、50リットルのクーラーを持って行ったんだけど、今回は、とても満タンにはならなかったです。
(携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして)この一番大きいメバルは、29㎝あったです。
友達は、尺メバルを釣りましたよ。
この位(25㎝位?)の、良型アジも釣れたけど、僕らは、アジが来だしたら止めるんです。
アジだけ狙えば、100匹以上釣れるんですけどね。
朝の内は、連掛けがあったけど、昼からは、単発などが多くなったです。
私たちが通っている船長は、上手ですから。」
などと、Yさんは言われてました。

15時頃、Oさんが、釣りの帰りに買い物に来られて、
今日は、神島に釣りに行かれたら、キスが5匹釣れたそうです。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月20日)
10時過ぎに買い物に来られた、ほんのちょっとだけ年配のお客様は、
「今朝、近場(高島周辺)の、?と?に、釣りに行ったら、セイゴやハネが、異常なほどたくさん湧いていて、
ハリスをプチプチ切られました。
一番酷い時は、セイゴやハネが鈴なりに付いて、6本仕掛けで、30㎝位のセイゴをなんとか2匹船の上に上げれたけど、
残りの針は全部切られたりしたです。
本当は、メバル狙いで行ったのに、セイゴの大群には困りました。
今度は、ハリスの太い仕掛けで釣ろうと思います。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、Kさんが買い物に来られて、
「この前、親戚の人が、下津井沖に鯛釣りに行ったら、途中まで、何も釣れなかったようで、
船の中に、ジグが1ケだけあって、そのジグを落とすと、すぐに、54㎝と、もう1匹も同じ大きさ位の鯛が2匹釣れて、
その次に、3キロ位のハマチが釣れたみたいです。
ハマチは上げるのに、45分もかかって、ハマチを釣り上げた後、喜んで、すぐに港に帰ってきたそうです。
ハマチは片身頂いて、おいしくいただきました。」
などと、Yさんは言われてました。

朝10時過ぎに、近所の〇さんが、青虫を買いに来られて、近場に投げ釣りに行かれました。
〇さん、15時頃にも、クーラーを持って、店内に入って来られたです。
「(クーラーの蓋を開けられて)25㎝位のカレイが釣れたよ。」
店内におられたお客様が、「何処に釣りに行ったの?」
〇さん 「寄島です。」
と、〇さんは言われてました。
クーラーの中には、20㎝ちょっと位の、セイゴも1匹入っていたです。

16時半頃、私と同じ港に船を泊められてるお客様が買い物に来られて、
お客様 「(白石島沖の付近で)鯛が釣れんから、今度はキス釣りに行こうと思います。」
私 「一番良い話だけですが、白石島の西側に(船で)行かれたお客さんが、キスを23、4匹釣られてきたです。」
お客様 「私も、同じ港の人だけど、キスが30何匹釣れたように聞いたですよ。
場所は、どこかは言わんかったけど、笠岡沖の何処でしょうね。
多分、〇〇島沖じゃあないかと思うよ。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月19日)
10時半頃、買い物に来られたお客様は、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きました。
「この写真は、この前、蒲刈島沖の方に行った時の写真です。
(メバルが、3列で、3、40匹位並んでいた写真と、また、小さいボートで緑色の自作の帆が付いてる船も見えました。)
車に小さな船を積んで、向こうの方まで行って、そこから近場の沖の方で釣りました。
とびしまの方まで行けば、やっぱり、メバルが多いですね。」
などと、お客様は言われてました。

正午過ぎに、先日の釣り情報にも登場された、Yさんがアミのブロックを買いに来られて、
「昨日と今日は、サヨリが良く釣れました。
今日は、サヨリが34匹釣れたです。
今のサヨリは型が良くて、秋釣れる小さなのと違いますからね。」
などと、Yさんは言われてました。(釣り場は、岡山県内で車で行ける場所です。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月17日)
下の写真は、本日、定金さんが釣られた、73㎝と66㎝の鯛の写真です。
クーラーの中には、50㎝ちょっと位のハネも1匹、入っていたです。
Sさん 「今日は、○○沖に鯛釣りに行きました。
11時前に○○沖に着いたら、船が20艘位見えましたがが、みんな、マイクロジグで釣られてたです。
私も、最初はジグで釣っていたのですが、動かし方が少し難しくて、釣れなかったのです。
すぐに、タイサビキに変えて、11時頃にハネがすぐに1匹釣れて、
その後、この鯛と同じような大きな鯛らしき魚が掛かったのですが、
ドラグを、少し締めすぎてた為、3号のハリスを切られたです。
11時半頃に、大きい方の鯛が釣れて、12時前にも小さい方の鯛が釣れました。
黄色のサバ皮が良かったですね。
私が鯛を釣ったのを見て、〇〇丸さんも、ジグからタイサビキにやり替えて釣られたら、すぐに鯛を何枚か釣られてました。
遊漁船のRさんとSさんは、ジグの動かし方がお上手で、マイクロジグで、ハネや鯛を良く釣られていたですよ。
私は、こんな大きな鯛は、初めて釣れました。
今日は、本当に良かったです。」
などと、Sさんは言われてました。

Sさん、こんな大きい鯛は、めったに釣れないですよ。
Sさん、お見事でした。



10時半頃、Yさんが買い物に来られて、
「下津井沖で、昨日と一昨日、鯛が、1人、6、7匹位づつ位釣れたので、タイサビキ釣りに来ないかと、
何時も使わせて頂いてる船長さんから、誘いの電話がありました。
来週の小潮の時に、予約させて頂いて、鯛釣りに行ってきます。」
などと、Yさんは言われてました。

14時頃、Sさんが、メバルのサビキなどを買いに来られて、メバルや鯛釣りのお話などをいたしました。
「(下津井の方の遊漁船の)船長が、昨日と今日、メバル釣りに行ったら、
メバルのサビキに、昨日は鯛が食わなかったけど、今日は、鯛が、3回掛かったそうです。
私も、この前行った時は、0・8号のハリスで、41㎝の鯛が釣れましたよ。」
などと、Sさんは言われてました。

15時半頃、〇さんが、里見タイサビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ を、買いに来られて、
「昨日は、50㎝オーバーや、60㎝オーバーなどの大きな鯛が、ムチャクチャ釣れたのを、〇さんから聞いたので、
私も、今日は、タイサビキ釣りに行ったけど、今日は、ダメでした。
昨日は、小さい鯛は釣れなくて、ほとんど全部、大きな鯛ばかり釣れたそうです。
里見の黄色の皮の、ハリスが4号で、10㎝のが、昨日のヒットサビキで、鯛が入れ食いになったみたいですよ。
今日は、違うサビキで釣ったから、サビキが違ったから、釣れなかったのも原因があるかもしれないですね。」
などと、〇さんは言われてました。


16時半頃、新里見メバル 5本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「笠岡沖は、(私は)新里見メバルのサビキが、メバルが一番良く釣れますね。
本当は、6本針が有れば良いのですけど。
(お客様は、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして)
この写真が、前々回釣ったメバルです。(メバルが25匹か30匹位、何か木の上側に並んでいました。)
この時は、釣れたら、ほとんど全部が、22㎝以上の良型メバルばかりでした。
この写真は、前回、行った時の写真です。(メバルが20匹位と鯛が2匹映ってたです。)
同じ場所に行ったから、前回は、小さなメバルも混ざりました。
やっぱり、同じ場所ばかり行くと、大きいメバルから食うから、一回り、型が小さくなるね。
メバル釣りの後に、タイラバ釣りをして、本当は、鯛が5匹釣れたのですが、3匹上げたので、2匹が写真に写っています。」
などと、お客様は言われてました。


18時頃、寄島から青虫を買いに来られたお客様は、何時も、近場に半夜釣りに通われてる方です。
「今日は、友達が、鯛とハネを、ぼっけえ釣って来たよ。」
私 「今日は、下津井沖は、良くなかったように聞きましたけど。
○○沖に行かれたのですか?」
お客様 「いいえ、下津井沖ですよ。
満ち潮の時は、今日は、?の所は良くなかったみたいですが、
下げ潮になって、?に変わったら、地合いには、入れ食い状態になって、鯛とハネとで30匹ほど釣ってました。
地合いも長く続かんからなあ。
食う時に、一生懸命釣っとかんといけんがあ。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月16日)
11時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「今年は、もう、サヨリの大きいのが釣れてますね。」
私 「それは、?の所ですか?」
お客様 「いいえ、白石島や北木島の方です。
友達が、サビキ釣りに行ったら、最初は、この位(20㎝ちょっと位?)のアジが釣れて、アジはすぐに釣れなくなったけど、
その後、この位の35㎝位のジャンボサヨリが釣れたそうです。
笠岡の魚市場(さん)に行ったら、サヨリが14、5匹で、?00円で並んでいましたよ。
サヨリも高いんですね。」
私 「もう、アジが釣れたんですか? ちょっと早いですね。」
お客様 「去年は、豆アジの小さいのが釣れたけど、
今年のアジは、この位(20㎝ちょっと位?)の、良型アジが釣れたそうですよ。」
などと、お客様は言われてました。


お客様、大変ありがとうございます。

(4月15日)
正午頃、Yさんが、アミのレンガを買いに来られて、
「サヨリが釣れてるよ。
今は、エサ釣りよりも、サビキ釣りの方に分があります。
サビキ釣りは、ちょっと波がある方が、サヨリの食いが良いです。
今日は、波がなかったので、(お友達の)〇さんは、サビキを、しばしば誘って釣ってたです。」
私 「何匹位上がってるのですか?」
Yさん 「良い人で、5匹か6匹位で、一番多い人で10匹位かなあ。」
私 「親の、大きいサヨリが釣れてるのですか?」
Yさん 「この位の大きさで、大きいめのサヨリですよ。」
などと、Yさんは言われてました。

Yさん、何時も大変ありがとうございます。
(釣り場は、岡山県内で、車で行ける場所です。)


(4月14日)
11時前に、Nさんとお連れの方が買い物に来られました。
お二人とも、神島の外浦から渡船に乗られて、笠岡沖にも通われてる方です。
お連れの方 「昨日は、(高島付近にフカセ釣りに行かれたら)鯛が3匹とチヌが1匹釣れました。
チヌは、かなり腹が大きくなってたですよ。
本当は、チヌ狙いで近場に降りたのですが、45㎝n鯛が1枚と、40㎝位の鯛が2匹釣れたのでビックリしたです。
もう1匹、とんでもない、鯛らしき大きな魚が掛かって、やり取りして、残り10m位まで寄せてきた時、底にひっついて止まったです。
そのまま、じっと待っとけば良かったのですが、引っ張ったので、ハリス切れしてしまいました。
最近は、高島近辺の近場の方がチヌが良く釣れています。
この前行った時は、私を入れて3人でした。
一人の人は、?に降りて、チヌを十何枚も釣られてたです。
帰りの船の中で、友達と、あんな場所に降りても何も釣れんじゃろう・・と、話したんですが、
最後に、?に迎えに行ったら、チヌを、あんなに釣ってたので、驚いたです。
魚って、どこで食うか解らんもんですね。」
などと、お客様は言われてました。(岸からの釣りです。)

13時過ぎに、夫婦連れの常連のお客様が、買い物に来られて、
「昨日は、水島沖や、下津井沖などに、(昼のサビキ釣りに行かれたら)良型のメバルが良く釣れたよ。
船頭は30匹で、私も20匹釣れました。
今年は、メバルの型が良いですね。
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月13日)
14時半頃、買い物に来られたお客様は、
「昨日、今治沖の方に、昼間のメバル釣りに行ったら、良型のメバルが良く釣れましたよ。
私は、8本仕掛けで釣って、横の人は5本仕掛けで釣られたのですが、
(サビキの)8本仕掛けと5本仕掛けとでは、釣果が全然違いますね。」
私 「短い仕掛けは、手返しが簡単に出来る長所はあるけど、どうしても長い仕掛けに比べたら分が悪いです。
8本仕掛けも、移動する時と、落とす時だけ気をつけたら一緒なんですけどね。
何匹位釣れたのですか?」
お客様 「私は、メバルの数は20匹ほどでしたが、ほとんどが25㎝位の大きなメバルで、
唐揚げサイズのは、1匹も釣れなかったですよ。
型が良かったので、十分、満足出来たです。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。

私は、メバル釣りも、鯛釣りの時も、磁石に針を付けています。
船べりの上側の所に、平たい板に、間隔が15㎝おきに、丸い(超強力)磁石が8ケ付いているのを、
100円均一で買った、布のガムテープでとめてます。
(実際には、左側はガムテープで、右側の方は竿受けに、はさんでいます。)
以前、磁力の弱い磁石を使ってましたが、トラブルの連発で、
今の強力磁石で釣れば、トラブルがほとんど無くなりました。
(参考までにですが、丸い強力マグネットは、4入りで、当店にも150円で販売させて頂いています。)
メバル釣りの時には、3mの竿を使って、8本針仕掛けの、上側の2本の針は、竿と磁石の間に、ぶらぶらとしてて、
上から3番目から7番目の針は、つまり5本の針は、磁石に引っ付けて、一番下側の針は、ぶらぶら状態で、
鉛は、運転席のGPSの手前の所に置いて移動してます。
また、タイサビキの時には、例えば里見チョクリの8本仕掛けなら、竿と磁石の間に、一番上側の針がブラブラ状態で、
2番目から一番下の針までは、つまり7本の針は、磁石に付けて、オモリは運転席の上側に置いています。
仕掛けを落とす時は、鉛を手に取って、45度位上の方向を目やすに、かなり強めに投げ入れるんが、
自分では一番合っていて、今の時点では、ベストな方法だとは思っています。
(メバルの仕掛けの時は、短いから、ほぼトラブルが無いから、約45度上の方向に、力も入れなくて軽く投げます。)
だけど、タイサビキの長い仕掛けは、風の強い時は、どうしても、仕掛けがもつれる時があるから、
8本針ではトラブルが多くなるので、針を1本切って、7本仕掛けで釣れば、トラブルが半減するかな。(??)
また、仕掛けの糸は、乾いているよりも、海水で濡れてる方が、トラブルが少なくなる為、
ラインがある場所、船の横側とか足元などに、時々、シャクで、海水を掛けて濡らすと良いです。
これは、自己流ですから、もっと良い方法は、たくさん有るでしょうが、何かの参考程度に思って頂けたなら幸いに思います。


(4月12日)
15時前に、寄島観光さんの社長さんが買い物に来られて、
「今年は、イカナゴがたくさん流れてるから、メバルの大きいのが良く釣れています。
だから、海の中は、何時も、マキエをしてる状態のようになってるから、
イカナゴがおる場所では、石の中からエサを食べに出て来てるよなあ。
今日も、ウキソ(メバル)の大きいのを、良く釣ってきてたよ。
(カサゴは別にして)竿頭の人は、ウキソだけで15匹も釣られてた。
こんなにイカナゴがおるのは、十何年ぶりかなあ。」
などと、社長さんは言われてました。
寄島観光さんは、多分、カサゴ狙いで行かれてるはずですから、
カサゴは、メバルより、もっと多く釣られてたんじゃあないかと創造でます。

渡辺さん、大変ありがとうございました。


(4月11日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣ったメバルが13匹と、鯛が1匹の写真です。
納得サイズの良型メバルも何匹か釣れたので、笠岡沖での今時期の釣りとしては、合格点でしょうか。
鯛は、メバルのサビキで釣れました。
4、50㎝位の鯛らしき、引きの強い魚が、4、5匹位、掛かったですが、0・8号の仕掛けで取り込むのは、自分の腕では無理です。
タイサビキの仕掛けを出そうかとも、一瞬思ったですが、竿もリールも仕掛けも全部やり替えないといけないから止めたです。
朝一は、潮も何も考えずに、当然、先週メバルが良く釣れた場所に行ってみたけど、今日は、魚探の反応が、さっぱりでした。
最後に行った場所が、想定外で、良型のメバルが良く釣れたです。
今日は、久々のベタ凪の天気でした。
朝、ゆっくりと出かけて、途中、干潮の潮止まりの全く釣れない時間帯もあったです。
厳しい条件の中で、これだけ釣れたら、自分自身では、納得の出来た釣りでした。



(4月10日)
10時半頃、Hさんとお連れの方が、激渋、緑オレンジタイプのサビキを買いに来られて、
Hさん 「3月21日に、何時もの遊漁船さんで、(松山沖の方に)釣りに行ったら、メバルが110匹釣れたです。
8本針の仕掛けに、8連が3回ありました。
4月5日は、99匹釣れたです。
25㎝位のメバルが3匹付くと、かなり竿が曲がって、引きも強くておもしろいですね。
この日は、とにかくオレンジ色に、狙ったように、大きなメバルが掛かったです。
激渋の、このオレンジ色が良かったよ。」
お連れの方 「何時もHさんたちに連れて行ってもらってるんですが、この前は、私も、メバルが80匹ほど釣れました。
その内、20㎝以上のメバルが35匹いたです。
習いたての頃は、船長さんに、たびたび叱られてたですが、
前回行った時は、船長さんに、やつと上手になったね・・と、初めて褒めて頂いたです。
最近は、8本針の長い仕掛けも、使いこなせるようになりました。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、里見タイサビキ・黄色バージョウンを、買いに来られたお客様は、
「ここまで来るのに1時間かかりました。
この黄色の皮のタイサビキで、鯛が良く釣れてますよ。」
私 「どこの辺りで釣られてるんですか?」
お客様 「下津井沖の方です。
今、2か所、鯛が良く釣れてる場所があります。
25㎝~30㎝位の鯛で、それより小さいのは来ません。
朝、早い時間が良いな。
9時頃までが特に良く釣れて、9時を過ぎたら、食いが少し落ちますね。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月9日)
10時半頃、買い物に来られたお客様は、一昨日の釣り情報にも登場された方です。
私 「昨日は、行かれたのですか?」
お客様 「昨日は、良く釣れたよ。 メバルが17匹釣れたです。
数は出んけど、大きいから。 
私の通ってる場所は、20㎝以下のメバルは、ほとんど釣れなくて、たまに18㎝位のが釣れる事もありますけど。
この頃は、温くなったから、船が多くなったです。
同じ場所で長い事釣ってたら、釣れてると思われて、近寄って来られるから困る。
だから、魚が釣れたら、船を回して、反対方向にして上げるんだけど、そうしたら、魚に、たびたび逃げられるし。
ちょっと離れてる場所から、魚を上げてるのを見てる人もおるしな。・・・」
などと、お客様は言われてました。

13時半頃、Yさんが、釣りの帰りに買いに来られて、
「今日は、笠岡沖にメバル釣りに行ったら、良型のメバルが7匹釣れました。」
私 「今日は、風があったんじゃあ、なかったですか?」
Yさん 「昼までは、(天気が)良かったですよ。」
などと、Yさんは言われてました。

15時前に、昨日の釣り情報にも登場された、Mさんが買い物に来られて、
「今日は、(笠岡沖に行かれたら、)メバルが8匹釣れました。
一番大きかったメバルは、腹が、パンパンで、産卵前のようでしたよ。」
私 「それは、いかなごを食べて、腹が大きくなってるのではないですか?
普通、この沖の方では、1月の終わり頃までには産卵するんじゃあないかと思いますよ。」
Mさん 「私は、卵を持ってるように見えたんですけどね。
今、玉島の連れの所に、メバルを持って行ってる途中なので、ちょっと持ってきてみるわ。」
と、言われて、Mさんは、車の中から、メバルを持って来られました。
発砲クーラーの中には、尺に近いような、特別大きいメバルが2匹入っていて、
1匹の方は、腹が、特別大きくて、いかにも産卵前のメバルのようにも見えました。
私 「(尺に近いような)こんな大きなメバルが釣れたのですか。
お見事です。 こんなメバルは、めったに釣れないですよ。
確かに腹が大きいですね。
卵を持ってるようにも見えます。
腹を開けてみないと、卵なのか、いかなごを食べてるのか、解らないですけど、
もしかしたら、本当に、産卵前のメバルで、卵を持ってるのかもしれませんね。」
Mさん 「今日は、こんな大きなメバルが5匹と、20㎝級のが3匹釣れたんですよ。」
などと、Mさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月8日)
正午頃、Sさんが釣りの帰りに買い物に来られました。
Sさんは、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして、
「今日は、笠岡沖に釣りに行ったら、メバルとカサゴとで、ちょうど10匹釣れました。
(携帯電話の写真には、メバルが7匹、カサゴが3匹映ってました。)
20㎝位から25㎝までの良型メバルも多かったです。
(写真に写っている)ペットボトルが、この大きさですからね。
さっきから、風が吹きだしたですよ。」
などと、Sさんは言われてました。

15時半頃、Mさんが買い物に来られて、
「今日は、笠岡沖にメバル釣りに行ったら、5匹しか釣れなかったです。
この前(2週間位前に里見釣具に)来てから釣りに行ってないから、久々です。
あそこのメバルは、数は、そんなに多くは釣れないけど、釣れたら全部型が良くて、25㎝位の大きなメバルです。
今日も、3回、ハリスを切られたです。
私は、そんなにハリスを切られないのに、今日のは、引きがすごかったから、
特別大きなメバルが掛かってたのかなあ。
昨日は、ここのポイント、メバルが良く食ったみたいですよ。
遊漁船の?さんも、メバル釣りに来られてました。」
などと、Mさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月7日)
11時半頃、笠岡の〇〇からサビキを買いに来られた常連のお客様は、
「メバル釣れてる?」
私 「今年は、海の中にイカナゴがいるので、?島沖や?島沖などで、昼でもメバルが釣れてますよ。」
お客様 「わしは手前の方(高島沖や白石島の北側付近)しか行かんから、あまり釣れんなあ。
今朝は、メバルが6匹釣れて、切られたのが4回あったから、全部で10匹掛けたです。
昨日は13匹いたけど、今年、一番良く釣れた時でも16匹までじゃなあ。
型は、いいんよ。 全部22㎝位じゃけえ。
切られてるのは、多分、それよりも大きくて、25、6㎝位じゃないかなあ。」
私 「笠岡沖なら、それだけ釣れたら十分でしょ。
梅雨メバルの時期に、6月の中旬頃から7月の中旬頃、白アミが大量発生した時なら、50匹位釣れる事もあるでしょうけど。」
(お客様は、新里見メバルの6号のハリスが1号をレジの所に持って来られて、)
「0・8(号)のハリスじゃあ、大きいのがきたら、切れるじゃろ。」
私 「ドラグを緩めてたら、そんなに簡単には切れないと思うんですがね。
さらに、強く引っ張られた時は、ドラグだけでは間に合わないから、リールのクラッチを切って、
根掛かりしない程度に、糸を出さないといけないですよ。
メバルでも鯛でも、そうしたら、そんなに糸が切れないと思いますけどね。」
お客様 「わしは、鯛釣りの時は、ドラグを少し緩めてるけど、メバルの時は、ドラグをいっぱい閉めて釣っています。」
私 「そりゃあ切れますよ。 メバルが引っ張った時は、幾らかでも糸を出さないと。」
お客様 「メバルが付いたら、すぐに上げないと、逃げられたら、もったいないがあ。
糸を出して、モタモタしてて、逃げられたら、後から後悔するからな。」
(お客様とは本音で話せる仲ですから)
私 「それは違いますよ。
そこそこ大きなメバルを1匹掛けて、根掛かりをしない程度で、その棚付近で遊んでいると、
メバルが底の方に突っ込んで行く時に、苦しいから、
メバルが胃袋の中に食べてる、メリケン粉のような白い物を、口から吐き出して、
それがマキエになって、石の中にいるメバルが、ドンドン、穴の中から出てくるようになります。
本当に上手に釣れば、メバルが吐き出すたびに、魚探の反応が、段々と良くなってくるのが解ります。
何時も、そんな状態になる訳ではないのですが、もしも、そういう状態になれば、天国モードに変わりますから。
1匹か2匹針に掛かって、急いで上げると、水面近くや船の上で、吐き出させると、マキエにならないから、
通常なら、2流しか3流し目には、メバルが釣れなくなって、ポイントが、すぐに終わってしまいます。
もしも、上手に、やり取りが出来たら、メバルがドンドンまきえをしてくれるから、ポイントが長続きする事が有るから、
出来る事なら、ポイントを通り過ぎるまでは、上手に遊んでいた方が良いのかもしれませんね。
これは、メバル釣りだけに限らず、タイサビキもアジのサビキ釣りでも全く同じですよ。
ただし、小さいメバルが1匹だけ掛かった時は、幾ら遊んでいても、追い食いする確率は少ないから、
小さいのが付いたなあ・・と、思った時は、仕掛けをすぐに上げて、再び、入れなおす方が得策です。
また、特別大きい魚が掛かった時や、どうしても、この魚を取り込みたい時には、
1匹づつでも大事に取り込んだ方が良いと思います。」
お客さん 「今度からは、ドラグを緩めて釣ろうと思います。
いろいろと教えてもらってありがとう。
何時も5時に起きて、5時半過ぎには港を出るんだけど、もう、3日連チャンで行ったから疲れたわ。
うちの港の連中は、5時半には、もう、多くの船が出てるからな。
明日も、もう1日行ってみようかな。」
私 「何時もそんなにメバルが釣れるとは、
お客さんの行かれてるポイントは、よっぽど良い、超A級ポイントなのでしょうね。」
などと、お客様とお話しました。
私は、まだまだ、ド素人ですから、人様に、どうのこうのと、アドバイ出来る技量じゃあないのは、
自分でも十二分に解っているつもりです。
上記の事は、ド素人の私が、自分勝手に思い込んでるだけで、もしかしたら、間違ってる点も、多くあるかもしれませんが、
なだ習い始めの方がたなどに、一行でも、一句でも、何か参考になる点があれば、幸いに思います。

17時頃、遊漁船のテンリュウさんで、山下船長が、釣りの帰りに、新里見メバルのサビキを買いに来られて、
「この新里見メバルのサビキで、(名人の)〇さんが、メバルをたくさん釣られたです。
〇さんが、今、笠岡沖のメバル釣りは、新里見メバルが、他のサビキよりも一番良いようでに聞いたから、
私も試してみようと思います。
店長、この前の木曜日、?島沖の所におられたでしょ。
すぐに場所を変わられてたけど、何を釣ってたの?」
私 「メバルを狙ってました。
?の所も行ってみたけど、反応が無かったから、すぐに違う場所に変わったでしょ。
あの沖の所に、遊漁船らしき船がいたけど、あの船、山下さんじゃったの?」
山下さん 「そうです。 幾ら手を振っても、こっちを見てくれんかったから。」
私 「それは大変失礼しました。 ごめんなさいね。
あの時は、目の前のGPSと魚探しか見てなかったから、だれかの船が一艘おるな・・程度しか思ってなかったです。
それに、私は目が悪いから、少し離れていたら、詳しく見えて無いんですよ。」
山下さん 「あの日は、魚探の反応がすごい場所が1か所あって、シーバスが入れ食いになったんですよ。
ジグで釣ってたんですが、シーバスなら幾らでも釣れるって感じでした。
私も、少し竿を出したんだけど、みんな鯛が釣れるまで帰らない事となって釣ってましたが、
10時頃に、みんな鯛が釣れて、もう、これ以上釣っても帰ってからが大変だからと、お客様が言われたので早く帰りました。
今日は、Kさんが、そのポイントに行かれたようだけど、今日は良くなかったみたいですよ。」
などと、山下さんは、言われてました。

釣などの船詳しい事は、テンリュウさんまでお問合せくださいませ。
遊漁船 テンリュウ 
岡山県の寄島から出船しています。
ご予約は船長直通 090-8363-6036


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月6日)
9時半頃、Wさんが、オキアミを買いに来られて、
今日も、さかえ丸さんで、昼からの便で、チヌのフカセ釣りに行かれるそうです。
私が、先週釣りに行かれた時の様子をお尋ねしたら、
「(チヌの)数は、6枚釣れました。 大きいのが釣れなかったです。」
などと、Wさんは言われてました。

昼前に、Sさんから電話があって、
「昨日、オレンジの皮で、メバルが良く釣れたように聞いたです。
店長、何か、オレンジ色のサビキある?」
私 「激渋のオレンジが入ってるサビキなら有りますよ。」
Sさん 「後から寄らせて頂きます。」
と、Sさんは言われて電話を切られました。
14時半頃、Sさんが買い物に来られて、
「昨日は、オレンジ色が、すごかったようですよ。」
私 「お連れの方が、一昨日、サビキを買いに来られて、釣りに行かれるように言われてたです。」
Sさん 「昨日は、僕は、行ってないんだけど、みんな、メバルが80匹位釣れたみたいです。
その前行った時は、みんな3ケタ釣れたらしいけどね。
オレンジ色のサビキは持ってないから、笠岡に行くついでに買いに来ました。・・・
今年は、タイサビキで鯛が食わんかったなあ。
1月の中旬頃までは、鯛が良く食ってたけど、それから後が、いけなかったです。
2月、3月に、鯛が食わんかったのは、今年が初めてじゃろ。
今までに、こんな年は一度も無かったよ。
やっぱり、暖冬が悪かったのかなあ。
冬は、水温が下がらないと、やっぱり、魚もおかしくなって、鯛も食わんようになるのかなあ。
去年が鯛が良すぎて、2年分も3年分も食ったから、その跳ね返りもあったのかもしれないですね。」
などと、Sさんは言われてました。

イカナゴが出てる時期は、オレンジ色が、メバルが一番良く釣れるように、名人のKさんも言われてたし、
まだ、最近、4、5人のお客様からも、オレンジが良かったとの、お話を、お聞きしています。
以前、私も、4月の2週目と3週目にメバル釣りに行った時、オレンジ色にメバルがたくさん釣れた事も有りました
イカナゴがオレンジ色に見えるのか、それとも他の理由でオレンジが良いのかを、メバルさんに聞いてみたいですけどネ。

16時頃、Hさんが買い物に来られて、
「今日は、田島・横島方面に、(チヌのフカセ)釣りに行ったら、チヌが1匹釣れました。
今日は、天気も良かったせいなのか、フカセ釣りに来てた人も多かったですよ。」
などと、Hさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月5日)
10時半頃、買い物に来られたお客様は、
「この前、(しまなみの)大島の遊漁船さんで、松山沖の方に夜釣りに行ったら、メバルが大変良く釣れました。
あの日は、夜の10時頃から風が強くなって、港に帰れなくなって、大変でした。
近くの港で待機したです。
天気が、いっぺんに急変して、大変な事となり、あんな時もあるんですね。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、買い物に来られたお客様は、
「松山沖の方は、メバルが良く釣れてるみたいですね。
(友達の)Hさんは、この前、メバルを110匹も釣られたです。
8本仕掛けに、メバルが8連で、5回上がったようですよ。
明日は、私も一緒に行くんだけど、明日も釣れないかなあ。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(4月4日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣ったメバル16匹の写真です。



6連でメバルが付いたので、機嫌を良くして、写真を撮りました。

朝5時40分に起床する。
備讃瀬戸海上交通センターさんのホームページが調子が悪いようで、笠岡沖の風速を調べる事が出来ない。
波が1mの予想だったので、風が吹くのは解っていたが、まあ、行くだけ行ってみようか・・と、のそのそと用意した。
何時ものようにコンビニで、買い物をして、朝食を食べて、港に行く。
港に着いたら、ここでは風は吹いてないようだ。
荷物を積み込み、目的地、〇〇島の北側に向かう。
〇〇の沖では、タイサビキで、鯛が釣れてるのは聞いていた。
魚探を点けて、ベイトと鯛の反応を探すが、今日は、行った時間帯が悪かったのか、
反応は有るけど、入れ食いになるような状況じゃあ無いから、次のポイントに向かう。
次に、ちょっと来るのが早いかな・・・と、思いながら、秘密の穴場、〇島沖に行ってみたが、
まだ、潮が半分も満ちてないから、やっぱり反応が悪かった。
布越沖にさしかかると、何時ものように、海の状況が変わって、ここからは、少し風が出だした。
速度を少し落として、シンザキ沖に向かう。
シンザキ沖も、潮が悪いのは解ってたが、今日は、反応が悪かった。
次は、地合いになってる、夫婦岩に向かうつもりで南下したが、風が当たってて、行っても多分、船が流されるだけだろうな・・・
と、思って、ハンドルを左に切って、?島沖に向かう。
この時点で、朝一のタイサビキは諦めて、メバルを釣る事にした。
?島沖は、今なら、メバルのドンピシャで最高の潮だろうな・・・と、思いながらポイントに着くと、思った通り魚探の反応良し。
ポイントから少し離れた場所で、メバル用の竿やサビキをセットした。
時計を見ると7時30分。
多分、後1時間位は、潮が有るだどうな・・・と、思って仕掛けを落とすと、底に着く前から、メバルの当たりが出た。
1匹掛かったから、しばらく遊んで、上げてみると20㎝~25㎝級のキープサイズが3匹付いてた。
魚をはずして、次の2流し目には、メバルが6連で上がって来る。
機嫌を良くして、思わず写真を1枚写した。
今度のは、15、6㎝位の放流サイズも混ざってたから、小さいのは海に返してあげた。
3流し目は、5連で付いて上げったが、一番上の針には、特別大きな尺に近いようなメバルが付いてたので、
玉アミで救おうかな・・・と、思ったが、この忙しい時に仕掛けがもつれたらバカらしいから、
よいしょ・・っと、引き抜こうとした瞬間に、ハリス切れしてしまった。(反省)
この後も、3、4流し後も、良型サイズや放流サイズのメバルが、3連とか2連とかで釣れて、数だけは釣れた。
バケツが少しにぎゃかになったから、ポイントを離れて、一度、魚をシメないと・・・と、思って、余裕を見せたのが敗着。
メバルの数を数えてみると、16匹いたから、一安心した。
魚をしめて、その後、ポイントに帰ってみると、魚探の反応が悪くなっていた。
潮が止まったのかな。???
何時もの事だが、魚が食ってる内は、一生懸命釣るだけ釣っておかないと、こんな事に、たびたびなる事が有る。
ここ頃から、南西の風が強くなり始める。
風裏のポイントを何か所か行ってみたけど、どこも風が当たって、船が流されるから、釣りにならない。
本当は、メバル釣りの後、鯛の地合いになって、タイサビキをするつもりだったけど、もう、無理だ。
もう、おかずだけ釣れてるから、かなり早いけど、早上がりした。
港に帰って、メバルの内臓を開けてみると、いかなごを食べてた。
ベイトの正体は、いかなごだったのか。
イカナゴは、まだ、大きくなってないですね。
メバル針にちょうど刺さる位の、一番良い位の大きさでした。
今日は、朝一のワンチャンスだけでしたが、船が流されなくて、自分なりに思うような釣りが出来たので、納得出来ました。


(追伸)
さきほど、玉島の風呂に入りに行って、店に帰って来た所です。
風呂の中で、Aさんと、お遭いして、
「今日も、(下津井沖の)?の所で、(タイサビキで)鯛が良く釣れたです。
今日は、鯛の型が大きかったですね。
今日で、3日続けて釣れたから、明日になったら、ボツボツ、釣れなくなるかな・・・」
などと、Aさんは言われてました。

Aさん、どうもありがとうございます。


(4月3日)
11時頃、神島・外浦から、ちょっとだけ年配のTさんが買い物に来られました。
Tさんは、以前は釣船もされてたし、外浦の漁業会の組員の方です。
「足が痛い、腰が痛い。
最近、天気が悪いから、1週間に1回位しか釣りに行ってないです。
昨日、高島の漁師(さん)が、鯛やハネを、いっぱい取ってたです。
まあ、すごいわ。 多分、?島の定置網で取ったんだと思うよ。」
私 「?島は、高島の人が定置網をしたら、怒るでしょう。」
Tさん 「?島沖は、外浦の漁協の管轄だから、大丈夫ですよ。
今、?島は、定置網をしている漁師がおらんでしょ。(???)」
私 「50匹位、取れてたんですか?」
Tさん 「いいや、そんなもんじゃあ無いよ。 鯛とハネとで、250匹か300匹、そりゃあ、ぼっけえおったが。
40㎝~45㎝位の鯛が多かったなあ。 ハネも大きかったよ。
あれを見たら、海の中に魚がおらんとは言えんな。
白石(島)まで泳いで来る間に、全部、取られるわなあ。」
などと、Tさんは言われてました。

11時半頃、新里見メバルなどを買いに来られたお客様は、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きました。
写真を見ると、スケールの上側に、30㎝を超えてる大きなメバルが映ってました。
「この前、(遊漁船で)竹原沖の方に夜釣りに行ったら、この大きなメバルが釣れました。
型の良いメバルが全部で20匹ほど釣れたから満足出来ました。
夜釣りは、数は、そんなに釣れんでも、型が大きいからなあ。」
などと、お客様は言われてました。

正午前に、激渋のサビキを買いに来られたお客様は、
「この前、尾道の方の(遊漁船の)?丸さんを始めて使わせて頂いて、昼のメバル釣りに行ったら大変良く釣れたです。
乗ってた人、みんな、メバルを100匹以上、釣ってたんじゃあないかなあ。
特別大きいのはいなかったけど、20㎝位のが多かったですね。
その前は、別の遊漁船さんで、松山沖の方に夜釣りに行ったのですが、
その時も、メバルが70匹ほど釣れました。
あんまり釣ったら、おらんようになるから、釣ったらいけんのんじゃけどな。」
などと、お客様は、言われてました。

15時過ぎに、明石の方から、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
月に一度程度、仕事で、こちらの方に来られる用事があるようで、毎月1回位のペースでご来店されてる方です。
「昨日、(遊漁船で)明石沖にタイサビキ釣りに行ったら、私は、鯛が12匹釣れました。
50㎝位の鯛が釣れて、その次の流しで、とっても重たくなったから、60㎝位の鯛が釣れたのかな・・・
と、思っていたら、35㎝位のが3匹付いていたです。
私の横で釣ってた人は、鯛が1匹釣れただけで、気の毒に思ったです。
私は、この頃は、毎回、里見チョクリで釣るから鯛が良く釣れるけど、
横の方の人は、違うサビキで釣るから、何時も、あまり鯛を釣られないので、やっぱり、サビキの差が出るんでしょうね。」
私 「12対1匹じゃあ、横の人は、とってもいやな思いをされて釣られてたと思いますよ。」
お客様 「私は、何も悪い事をしてないんで。
ただし、何のサビキで釣ってるのかは秘密にしています。
里見釣具で売ってるのは、みんな知らないでしょうから。」
私 「今年は、小豆島沖も鯛が良くないように聞いていますが、明石沖の方は、鯛が釣れてるんですね」
お客様 「私は、何時も鯛が良く釣れてますけどね。
まだ、これからでしょ。」
などと、お客様は言われてました。

16時前に、激渋・赤黒 6本針 6号ー1号 を、買いに来られたお客様は、かなり物知りの方のようでした。
「今年は、7、8年ぶりかな、昼でもメバルが良く釣れますからね。
ある海域にだけ、いかなごが湧いてるから、潮によっては、30分か1時間位、昼でもメバルが入れ食い状態になりますね。
どういう訳かは解りませんが、この激渋のサビキじゃないと、(私には)メバルが食わないんですよ。」
私 「それは、しまなみの方のお話ですか?」
お客様 「いいえ、(この沖の方の)〇〇島の?向きと、〇〇島の?向きです。
今年は、この2か所だけは、いかなごがおるから、メバルが良く釣れますね。
例年なら、高見島もイカナゴが出るはずですが、今年は、この位のイリコの小さいのが多く湧いてるようです。
漁師の人が、いかなごの網を入れても、イリコがほとんどと、イカナゴも少しは入るみたいですが、
イカナゴだけをより分ける訳にはいかなくて、ごっちゃに混ざってるんを売ると、キロが2円とかで、タダ同然だから、
あほらしくて、漁師の人が、いかなご漁をするのを止めたそうです。」
私 「どういった潮が良いのでしょうか」
お客様 「やっぱり、潮の流れはじめと、緩む時が一番良いです。
潮が流れてたのが緩む時が一番良くて、潮がゆるくなりだすと、流れてきたいかなごが漁礁などに当たって、
溜まりますから、その時が一番の狙い目ですね。
だから、二面島は、下げ潮が良いでしょ。
なぜなら、三崎の方からイカナゴが流れてきたのが、ちょうど止まるから、満ち潮よりも下げ潮の方に分があります。
今年は、激渋のサビキに、鯛も良く掛かりますね。
何時なら、乗っ込みの前には、メバルのサビキには、そんなに鯛が食わないはずですが。
この前から、チョコチョコ鯛が釣れてて、激渋で、57㎝と54㎝の鯛も上がりましたよ。
本当は、激渋のハリスが1・5号とか2号のが欲しいんだけど、ないから仕方ないですね。
(お客様が釣られている場所では)1月の中旬頃までは、白アミが流れていたから、鯛サビキで鯛が釣れてたけど、
それ以降は、白アミがほとんどいなくなって、それで鯛の食いが落ちたんだと思います。
今年に限っては、場所によっては、いかなごが流れてるから、例年と事情が異なってます。
エサが違ってるので、タイサビキの皮じゃあ大きすぎていけないのかもしれないですね。
激渋のような小さい皮や、小さいエサの方が、多分、今年に限っては、鯛が食べ易いのかもしれません。」
などと、お客様は言われてました。
なお、私がメバルを釣ってるんは、何時も笠岡沖だけなので、それよりも沖や東の方のはメバル釣りには行った事が無いから、
お客様がメバルを釣られている島々の事は、メバル釣りに関しては、さっぱり解りません。
私は、メバルは、釣る気になれば、笠岡沖でも、何時でも幾らか釣れるんじゃあないか、と思っているんですが、
今は、タイサビキ釣りをしとかないと、時期が終わってします。
やっぱり、鯛が10匹、20匹と釣れるとしたら今の時期まででしょうし、夢が見れますからネ。
だけど、今年は、例年のようにはタイサビキで釣れてないし、木曜日になったら大雨、大風の連続で、
釣れても釣れなくても良いけど、自分の思うような釣り自体が、一度も出来ていません。
明日も、多分、風が出るように自分では予想していますが、夢を追いかけて、鯛釣りに行ってみようかな。
もしも、風向きなどで、条件的に鯛釣りが厳しいようでしたら、メバル釣りもするかもしれないです。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(4月2日)
16時頃、釣竿の修理の来られたお客様は、
「カサゴだけは、何時も良く釣れますね。 今日も、ちょっとだけ行ってきたです。」
私 「10匹とか15匹位釣れますか?」
お客様 「今日は、カサゴが15匹と、メバルも少し混ざりました。
その前が20匹、その前は13匹釣れました。
カサゴは、モロコのエサで何時も釣っています。
今日は、風がかなり吹いてたけど、やれん事はなかったですよ。
天気が良くなったら、三崎まで行って、鯛を釣ってみたいんだけど。
三崎は、鯛が釣れなくても、カサゴが釣れるからね。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)

お客様、大変ありがとうございます。


(4月1日)
今日は、平成の次の年号、令和が発表されました。
多くの方々が予想されてた名前と違って、私も、ちょっと意外に思ったです。
私の一番予想は、安和でしたので、平和の和の字の、一文字だけは当たりましたけど。
想定外の出来事や災害などの少ない、平和な令和の時代になってもらいたいです。
今日は、私にとっては、もう一つ、大事な一日になりました。
下の娘が、学校を卒業して、本日から、就職先の会社に、仕事に行きました。
自分の子供を産んだ以上、親としての最低限の責任を果たす事が出来て、娘も、やっと独り立ちしたです。
私も、自分の親に育てて頂いて、学校を卒業し、36年間も仕事をし続け、長い事良く頑張って来れたものですね。
今の年になって、親のありがたさが、しみじみと解りました。
仕事が生きがいで、仕事が趣味みたいな人生でしたが、本日、一つの区切りが付き、
残り少なくなった人生、これからは、もっと違った自分の生き方もあるように思えます。
安物の小さなキャンピングカーを買って、日本全国行ってみるのが、私の夢ですけど、
里見釣具をしてる間は、多分、無理でしょう。
自分は、外国には、特別行きたいとは思ってませんが、
黒部ダムを一度見て見たいのと、沖縄と北海道には、死ぬまでには行ってみたいです。
もう少し先になって、何か次の区切りが付いた時、出来れば体が元気な内に、旅に出かけてみたいですね。

本日も、強風波浪注意報が出て、海も、陸の方も、大荒れの天気でした。
今日も、特別、ネタが無いのですけど、それでも何か書くとしたら、
Tさんは、大三島に、メバル狙いで半夜釣りに行かれたけど、あまり釣れなかったみたいです。

昨日の閉店直前に、青虫を買いに来られた常連のお客様は、3月19日の釣り情報に登場された方で、
何時も、近場に、半夜釣りに通われてる方です。
私が、最近の様子をお尋ねしたら、
お客様 「あの時は、大きいのが(タケノコメバルやカサゴなど)釣れてたけど、
あれから後は、20㎝位までの小さいのしか釣れなくなったな。
〇〇に行ったら、10㎝位のメバルが、たくさん釣れるみたいだけど、そんなのを釣っても全部、逃がさんといけんが・・・」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。