最新の釣り情報

※お客様からお聞きした釣り情報は、掲載しても、差し支えの無い程度にしか、当店のブログでは書けません。
例えば、お客様が秘密にされてる釣り場等を、(場所・仕掛け・釣れた地合など)具体的に詳しく書いて、
もしも、他の人たちに場所を荒らされような事が起これば、誰しも、みんな、イヤな思いをされる事でしょう。
その時の状況に合わせて、書いても良い範囲内でしか掲載出来ませんので、よろしくお願いいたします。


釣り情報は、伝達事項などの下の方から始まります。
すみませんが、下の方をご覧くださいませ。

(通常の)営業時間のお知らせ
月曜日 9時~19時
火曜日 9時~19時
水曜日 9時~19時
木曜日 店休日
金曜日 9時~19時30分
土曜日 9時~19時30分
日曜日 9時~18時30分
なお、体調不良や仕入れなどにより、時間変更の時もあります。

新里見メバル里見サビキの各種類、などあります。

詳しい事は、
自慢の商品の所をご覧になってくださいませ。
里見釣具のオリジナルサビキは、代引き(代金引換)にて、発送も出来ます。
よろしくお願い致します。

(8月10日)
下の写真は、里見釣具のオリジナル鯛サビキの一覧です。
下記のタイサビキは、10枚以上より、代引き発送も出来ます。(電話での注文OKです。)
よろしくお願いいたします。。



里見チョクリ 8本仕掛け
+替針1本付き(全長12・5m) 11号ー3号、11号ー4号 
販売価格→ 1枚 450円(税込み価格) 10枚なら4300円
12月~1月頃の早い時期は、昨年度、実績、ナンバーワンでした。
このタイサビキは、みなさまも十二分にご存じでしょうから、何も説明しなくて良いですよネ。


里見鯛どっちも仕掛け7本針仕掛け
全長11m チョクリとサバ皮が交互に付いています。
販売価格→ 1枚 500円(税込み価格) 10枚なら4800円
このタイサビキ、サバ皮とチョクリが交互に付いてるので、どちらかに当たります。
チョクリかサバ皮か、どちらが良いのか、何も迷わずに出せるのが一番の自慢です。
鯛にも、チョクリが好きな子もいるだろうし、サバ皮が好きな子も、どちらにも対応出来ます。
昨年度も、鯛が大変良く釣れて、実績が十分のタイサビキです。

里見鯛サビキ 黄色バージョウン
 あります。
これも、実績十分で、説明の必要が無いでしょう。
早い時期にも、鯛が大変良く釣れますが、2月、3月頃にもお勧めです。

里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ 7本針 針が7号 ハリス3号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ 7本針 針が8号 ハリス4号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 5本針 針が7号 ハリス3号 全長8m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 7本針 針が1号 ハリス2号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 7本針 針が7号 ハリス3号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 7本針 針が8号 ハリス4号 全長11m
里見タイサビキ 黄色バージョン
 5本針 1枚 480円(税込価格)で、10枚なら4600円です。
 里見タイサビキ 黄色バージョン 7本針 1枚 540円(税込価格)で、10枚なら5200円です。
 
以上、上記のタイサビキは、10枚以上から代引きで、各地に発送も出来ます。
よろしくお願い致します。


(6月吉日)
今年の、ふるさと納税は、里庄町にお願いいたします。
同じ税金を払うなら、ぜひとも、ふるさと納税をご利用して頂いて、
返礼品は、当店自慢のサビキを使ってくださいませ。
(ネットで、ふるさとチョイス を開くと、新里見メバル、激渋、鳴門タイプのサビキが、掲載されています。)
ふるさと納税は、お客様方にとられても、大変、お得な制度です。
もしも、ふるさと納税の事で、解らない事などが、ございましたら、里庄町役場までご連絡くださいませ。
里庄町役場 企画商工課 連絡先の電話番号(0865)64-3114
よろしくお願いいたします。

リアルヘッド 予定数限定で、大処分いたします。
リアルヘッド30号 ムチャ安価格 560円(税込)(通常620円売価の品)
リアルヘッド40号 ムチャ安価格 585円(税込)(通常620円売価の品)

(お知らせ)
平成30年12月より、代引き発送時にかかる、運賃・代引き手数料が変更になります。

12月より、運賃・代引き手数料の料金(+商品代が、かかります。)
代引きでの発送地域 60サイズ 80サイズ 100サイズ
中国、四国、近畿、九州 1100円 1300円 1500円
東海、北陸 1200円 1350円 1500円
関東、信越 1350円 1500円 1700円
東北 1500円 1500円 1800円
※里見サビキのオリジナルのサビキで、激渋タイプ、鳴門タイプ、新里見メバルなどの、普通のサイズなら、
ギュウギュウ詰めにすれば、最大枚数は、
60サイズで60枚まで、80サイズで140枚まで、100サイズなら220枚まで、詰め込んで送れそうですネ。

よろしくお願いいたします。

(1月12日)
※ただ今、リアルヘッド40号が入荷しました。

(1月20日)
今日は、エサの循環器のポンプが故障して、一日中、修理をしたり掃除をしたりして大変でした。
里見釣具をオープンして、もう、17年目になりましたが、今まで、故障しなかったのが不思議だったかな。

10時半頃、金光のTさんが、里見チョクリと、里見鯛どっちも仕掛けを買いに来られて、
「昨日は、(下津井沖の)?島沖に釣りに行ったら、鯛が十何枚釣れました。
?島沖は、割合、良型の鯛が多いですね。
始めの頃は、船が少なくて良く釣れてたけど、船が多くなったらダメじゃね。
私は、風の無いような時は、出来るだけ、エンジン切って流してます。
そうすると、釣り場が長続きしますから。
その前は、笠岡沖の〇〇島沖に行ったら、数は、10匹ちょっと釣れたけど、
〇〇島沖の鯛は、割合、型が小さかったです。
最近は、釣りに出ると、何時も鯛が10匹位は釣れていますよ。
だけど、あまり鯛を多く持って帰っても、後からが大変ですから、食ってる途中でも止めて帰ったりもしています。
近所の人に、毎回、毎回、鯛を配る訳にもいかないし、そんなに多くは食べれないですからね。
この前、30㎝より小さい鯛は、一夜干しにして食べたら、おいしかったです。」
などと、Tさんは言われてました。

13時半頃、買い物に来られたお兄さんは、
「先週、遊漁船に乗って、メバルの初釣りに行ったら、良かったですよ。
58匹もメバルが釣れました。
一番大きなメバルは、29㎝ありました。
横の方で釣られてた人は、31㎝の大きなメバルを釣られてたです。」
私 「何処の辺りに行かれたんですか?」
お客様 「松山沖の方に行きました。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月19日)
昨日の夜、福山のTさんより、結果報告の電話を頂きまして、Tさん、何時も大変ありがとうございます。
本当は、昨日のブログに書く予定でしたが、すみません、忘れてたです。
「今日は、(昨日の事です)三崎沖にタイサビキに行ったのですが、さっぱり釣れなかったです。
帰り途に、(笠岡沖の)〇〇島沖で釣ったら、2人とも鯛が5匹づつ釣れたので良かったです。」
などと、Tさんは言われてました。

14時過ぎに、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「この仕掛け、良かったですよ。
今日は、知り合いの人の船に乗せて頂いて、下津井沖に行ったんですが、鯛が、たくさん釣れたですよ。」
私 「7、8枚位釣れたんですか?」
お客様 「私は、鯛が20枚位釣れました。
仕掛けを落としたら、すぐに当たってた、って感じです。
こんな大きな鯛(60㎝位?)が、2回、水面近くまで上がってきて、姿を見たけど、逃げられたです。
実は、昨日も、その人が行かれて、鯛が入れ食いになったので、
昨日の夜、私に電話がかかって来て、誘われたので、それで釣りに行ったんですよ。
昨日は、船が、たったの2艘しかいなかったそうですが、今日は、休みなので、船が、段々増えてきたです。
ずっと見てた訳じゃあありませんが、周りの船の人たちは、そんなに鯛を入れ食いには、されてなかったようですよ。
私たちには、おもしろいように当たりがあったですが、おそらく、仕掛けが違ったからかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

上記のお客様と入れ替わりに、里見タイサビキ・どっちも仕掛けを買いに来られたお客様は、
「(今週の)日曜日は、この、どっちも仕掛けで、鯛がたくさん釣れましたよ。
(携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして、)
これは、(下津井沖の)?島沖で釣れたんですよ。
3時間位釣って、鯛が11匹釣れました。
潮が止まるまで、ずっと釣れたです。
遊漁船も来てたけど、逃げて、私だけになったです。
一箇所、反応の良い場所があって、そこに落とすと、ずっと当たりがありました。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月18日)
10時頃、里見チョクリや黄色バージョンのタイサビキを買いに来られたお客様は、
「私は、備前から来ました。 小豆島沖が、ホームグランドです。
この前、牛窓沖に、大きい鯛の群れが入ってきて、大船団が出来て、すごい事になったです。
漁師の人は、1日で、鯛を50キロ釣られた方もおられたです。
今は、小豆島沖の、ふのこ が、先週から鯛が良く釣れだしたですよ。
東側の、まないた の周りも釣れています。
この情報は、ネットに書かれても、かまいません。」
などと、お客様は言われてました。

14時頃、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「店長さん、メバルは釣れていますか?」
私 「遊漁船で、松山沖の方に行かれてる方は、メバルが良く釣れたお話もお聞きしていますけど。」
お客様 「この前、真鍋島沖にサビキ釣りに行ったら、メバルが、ポロポロと釣れたですよ。」
などと、お客様は言われてました。

14時過ぎに、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「店長、昨日のブログには、何も書いてなかったね。」
私 「昨日は、釣りに行けなかったので書いていません。
朝、起きて、ネットを開けてみると、六島と下津井の風速が、7メートル、9メートル吹いてました。
さすがに、こんなに吹いてたら、船が流されるだけで、無理だと思ったです。」
などと、お客様とお話しました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(11月16日)
11時頃、鳴門タイプのサビキを買いに来られたお客様は、
「この前、何時も使わせて頂いてる、尾道の遊漁船で、松山沖にメバル釣りに行ったら、
30リットルのクーラーに山盛り釣れたです。」
私 「そんなに釣れたのなら、100匹位は釣れたですね。」
お客様 「100匹以上釣れたよ。
私の通っている船は、速いから、松山沖まで、1時間ちょっとあれば行けます。
昔は、釣った魚は、みんなイケマの中に入れてたから、帰る時に、同じ数だけ分けてたけど、
最近は、みんな、釣れた魚は、自分のクーラーの中に入れるので、最後に分けるような事はなくなりました。
ハマチを釣りに行った時でも、釣れたら、シッポに、色の違うマークを付けるので、
自分の釣った分しか持ち帰れなくなったです。
もしも、1人だけ、ボーズの人がいれば、一番多く釣った人が、1匹位、差し上げたりするけど、
2匹も、3匹も、あげないからな。
ハマチを1匹持って帰れば、家族みんなで、十分、食べれますからね。」
などと、お客様は言われてました.

15時頃、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「里見さん所のチョクリ(仕掛け)は、何処にありますか?」
私 「こちらの方に並んでいますよ。」
お客様 「この前、下津井沖に鯛釣りに行ったら、このチョクリで釣ってた人は、鯛を12枚釣られたのに、
私は、たったの3匹しか釣れなかったです。
やっぱり、サビキが違ってたら、当たりの数も、全く違いますね。
今度は、里見チョクリで釣ろうと思います。」
などと、お客さまは言われてました。

15時過ぎに、香川県観音寺市のKさんより、里見タイサビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ 7号ー3号 の、
代引き注文の電話を頂きまして、Kさん、何時も大変ありがとうございます。
「この連休は、2日とも、〇〇沖に釣りに行ったら、鯛が釣れましたよ。
日曜日は、鯛の食いが大変良くて、周りのみんなも鯛を、たくさん釣られてました。
ただし、上げる途中で、針ハズレして、逃げられた鯛も多かったです。
残り10m位になると、逃げられるのは、なんでなんかなあ。
合わせが弱くて、口の所に、いいように針が刺さってないのかな。
次の日の月曜日は、前日よりも食いが、かなり落ちたです。
それでも、私は、鯛が7枚釣れたですが、数匹程度の人も多かったんじゃあないでしょうかね。
鯛を掛けても、皮1枚とかに掛かってた鯛もいたです。」
などと、Kさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

明日は、天気が良ければ、鯛釣りに行こうと思ってますが、風が吹きそうですね。
朝一の天気予報を見てから決定しようと思ってます。


(1月15日)
正午前に、里見サビキ いつでもタイプ を、買いに来られたお客様は、
「昨日、竹原沖の方に釣りに行ったら、このサビキで、メバルが良く釣れましたよ。
最初に、一番下の赤色の皮に食い付いて、その後、上側の針にメバルが追い食いしてる感じでした。」
私 「メバルが何匹位釣れたのですか?」
お客様 「持って帰ったメバルは、30匹弱位でしたね。」
などと、お客様は言われてました。

13時頃、Fさんが、里見チョクリ ハリス3号 を、買いに来られて、
「友達に、このサビキを借りたので、返さないといけないです。
私は、船を玉島に置いてるので、何時も、下津井沖の方に通ってます。
船の修理は、鞆の方で、やってもらってるので、この前は、帰りに笠岡沖で釣りました。
笠岡沖も鯛が良く釣れるんですか?」
私 「(レジの所に貼っている鯛が20枚の写真を見て頂きまして)この鯛は、先週、私が、笠岡沖で釣った鯛です。
笠岡沖も、鯛のポイントが何か所かありますよ。
だけど、下津井沖の方が、ポイントが多いんじゃあないかな。
今、(下津井沖の)?島沖は、毎日のように鯛が良く釣れてるでしょ。」
Fさん 「私も、?島沖には、しばしば釣りに行きますよ。
この前行った時も、40㎝オーバーの良型のが、12枚釣れましたよ。」
などと、Fさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月14日)
10時前に、青虫を買いに来られたお兄さんは、
「アナゴが良く釣れましたよ。」
私 「4、5匹位釣れたの?」
お客様 「アナゴが11匹とセイゴが1匹釣れたです。
(近くの)〇〇に、夜釣りで、投げ釣りに行きました。」
私 「アナゴは、寒くなると深場に落ちるので、今時期に、そんなに釣れるのも珍しいですね。」
などと、お客様とお話しました。

正午前に、里見タイサビキ・どっちも仕掛けを買いに来られたお客様は、
「里見さん所のタイサビキで、チョクリ(荷ひも)と、サバ皮の、どっちも付いてるサビキが有るでしょ?」
私 「この、どっちも仕掛けですよ。」
お客様 「昨日、下津井沖に行ったら、私も鯛が良く釣れたのですが、
この(どっちも)仕掛けで釣ってた人は、特別、他の人たちよりも、鯛を多く釣られてたです。」
私 「?島沖に行かれたのですか?」
お客様 「そうです。 最初、〇〇〇で釣って、その後、?島沖に移動したら、鯛が良く釣れました。
?島沖は、潮が合ったら良く釣れるね。」
私 「ここ最近、?島沖だけは、鯛が、ずっと良く釣れてるみたいですね。」
などと、お客様とお話しました。

15時頃、〇さんが買い物に来られて、
「昨日は、私の入ってるチヌ釣りクラブの月例会が、広島のイカダでありました。
みんなバクダン釣りをしたのですが、私は、チヌが4枚釣れたです。
竿頭の人は、(チヌが)8枚だったので、4枚なら合格点かな。」
などと、〇さんは、言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月13日)
14時半頃、激渋タイプの、赤黒と、緑オレンジのサビキを買いに来られたお客様は、
「この激渋のサビキ良かったよ。
この前、(遊漁船で)松山沖の、?島沖や?島沖などに釣りに行ったら、メバルがたくさん釣れたです。」
私 「何匹位、釣れたのですか?」
お客様 「はっきりと数は数えてないですが、100匹以上は釣れたと思います。
最初は、この位の小さいメバルは、全部、逃がしてたけど、途中からは、20㎝に近いような大きめのはキープしました
20㎝オーバーのメバルも幾らか釣れて、中には、尺(30㎝)位の、大きいメバルも数匹混ざったです。
普通は、1時間か2時間もたてば、新しい仕掛けに、やり替えて釣るんですが、
この日は、同じ仕掛けで、ずっと釣れましたよ。
今年は、(お客様が釣りに行かれた場所では)メバルが多いんじゃあないかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございます。


(1月12日)
正午すぎに、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「昨日、(下津井沖の)?島沖に釣りに行ったら、大きな鯛が掛かって、ハリス切れしたです。
63㎝の鯛も釣れたですよ。
あそこの鯛は、大きいからなあ。
私は、鯛が、28匹釣れたですよ。」
私 「?島の所は、昨日の潮は、あまり良くなかったんじゃあないのですか?」
お客様 「いいや、大潮じゃないから、潮も、あまり流れんかったんよ。」
などと、お客様は言われてました。

14時過ぎに、笠岡の〇さんが、里見チョクリと、どっちも仕掛けを買いに来られて、
「原田さん、5年ぶりだね。
長い事釣りに行ってないです。
昨日、私のクラブの人たちが、(タイサビキ)釣りに行ったら、みんな鯛を良く釣ってきたですよ。」
などと、〇さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月11日)
14時半頃、里見チョクリ ハリスの3号 を、買いに来られたお客様は、
「(一昨日の)水曜日は、(笠岡沖の)〇〇島沖に、カサゴ釣りに行きました。
南向きのカサゴは、大きいのが少なくて、小さいのばかり釣れたけど、?向きのカサゴは、割合、型が大きいですね。
南向きは、少し釣り荒れてるのかな。
今度、H君の船で、タイサビキ釣りに行く事になってます。
店長が、昨日、鯛を良く釣ったサビキをください。」
などと、お客さまは言われました。

15時半頃、買い物に来られたお客様は、
「今日は、下津井沖の方に、ヒラメ狙いで釣りに行ったけど釣れなかったです。
その後、タイサビキで鯛を狙ったけど、鯛も、あまり良くなかったですね。
今日は、ベイトが、たくさん出なかったです。
生きたイワシなどが手に入れば、ヒラメが釣れる確率も高くなるけど、
もう、この時期では、簡単には、手に入らないですよね。」
などと、お客様は言われてました。

17時頃、里見チョクリ を、買いに来られたお客様は、
「今日は、下津井沖に釣りに行ったら、当たりがたくさんあって、20回以上は当たったけど、
(鯛が)12匹しか釣れなかったです。
私が行った場所は、今日は、ベイトが、かなり上の方まで浮いていましたよ。
大きな鯛が掛かったけど、ドラグを強く閉めすぎていて、4番目の針を切られてしまいました。
もったいなかったですね。
この里見チョクリは、当たりが多く出るね。」
などと、お客様は言われてました。

釣れた方もおられれば、釣れなかった便りもお聞きしています。
〇さんは下津井沖に行かれて、〇さんは笠岡沖で、今日は、鯛が、あまり釣れなかったように言われてました。
タイサビキ釣りは、実際に釣り場に行ってみない事には解らないですよね。
ベイトがいっぱい出れば、簡単に鯛が釣れるでしょうし、たまたま、ベイトがいなかったら鯛は釣れないです。
本当に、運に左右される釣りです。
昨日、私が鯛が良く釣れた場所は、今日は、ベイトがほとんど出なくて、昼前までは、どうもハズレたそうです。
お客様も言われてましたが、
鯛釣りも、タチウオ釣りと一緒で、昨日釣れても次の日は食わない事が、しばしば有る釣りですね。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月10日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った鯛が20枚の写真です。
今日は、大きな鯛なども数匹釣れて、クーラーが、ムチャクチャ重たくて、持ち上げるのが大変でした。
大変良く釣れたと思います。
ヒットサビキは、当然ながら、里見チョクリのハリス3号でした。
天気が良すぎて、ベタ凪でした。
釣り場に着いてから、30分位たっても、小さな当たりが1回あっただけで、今日は、鯛の食いの悪い日に来たかな・・・
と、思ってたです。
潮の流れが速かったのが、緩んできて、9時頃から10時半位までは、入れ食い状態になったです。
11時前には、完全に潮止まりになると、当たりが全く無くなり、後は、竿を出してただけです。
しばらく潮待ちをしたけど、いっこうに、潮が流れそうに無いから、さっさと退散しました。
もう、これ以上釣っても、後からが大変ですし、鯛さんにも迷惑でしょうからネ。
納得できる良い釣りが出来ました。



(1月9日)
(一部、削除しました。)
仕事の話は、もう、この位にして、明日は気分を切り替えて釣りに行ってきます。
残念ですが、本日は、釣り情報は、何も聞く事が出来なかったです。
次回の釣り情報をお楽しみにしてくださいませ。


(1月8日)
11時半ころ、里見サビキ・どっちもタイプ を、買いに来られたお客様は、
「この前、(遊漁船で)下津井沖に釣りに行った時、船長さんが、満潮前の2時間だけ、タイサビキ釣りをしました。
横で釣ってたお兄さんは、里見さんとこの、どっちも仕掛けで釣られてて、
そのお兄さんには、当たりが、たくさんあり、すぐに、鯛を8枚も釣られたです。
私は、違う仕掛けで釣ったので、当たりが、たったの2回しかなかったです。
1匹、水面まで鯛が上がってきたけど、玉アミを出して、救おうとしたら、針がハズレて、逃げられたです。
鯛の潮が終わって、その後、カサゴ釣りをしたのですが、カサゴ釣りの方では、私が一番釣れました。
船長さんに電話して、お兄さんの使ってた、サビキの名前を、はっきりと確認したら、
里見釣具に行って、どっちものタイサビキ・・・と、言ったら解ります。 
と教えて頂いたです。」
などと、お客様は言われてました。

正午頃、激渋のサビキなどを、買いに来られたお客様は、
「昨日は、しまなみの方の遊漁船で、松山沖の方にメバル釣りに行ったら、
小型・中型のメバルが多かったです。
メバルを50匹釣ったら、20㎝級の良型メバルが10匹混ざる位でした。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月7日)
9時半頃、Eさんが、里見チョクリ ハリス3号 を、買いに来られて、
「昨日は、笠岡沖に、タイサビキ釣りに行ったら、私は、鯛が9匹と、マイワシの大きいのが26匹釣れました。
イワシは、とってもおいしかったですよ。
鯛より、イワシの方が、おいしいな。
3匹炊いて、2匹刺身にしたら、刺身は、すぐになくなったが。」
などと、Eさんは言われてました。

15時頃、Hさんが、里見チョクリ ハリス3号 を、買いに来られて、
「昨日は、笠岡沖にタイサビキ釣りに行ってきました。
最初は、手の平にシッポが付いてる小さな鯛が釣れてたけど、
地合いになったら、30㎝級から40㎝ちょっと位の鯛が、1時間ほど、入れ食いになりました。
一緒に行ったWさんは、良型の鯛を4連でも釣られたです。
ここ最近、笠岡沖は、大きなマイワシの群れが、何か所かに入ってるようですね。
マイワシも、たくさん釣れたですよ。」
などと、Hさんは言われてました。

15時半頃、買い物に来られたお客様は、携帯電話に写されてる、サワラの写真を見せて頂きまして、
「タイラバをしてたら、大きなサワラが釣れたです。
腹の中には、サヨリを4匹飲み込んでいました。
今度は、サワラ狙いで釣りに行こうと思いますが、どんな仕掛けで釣ったら良いのでしょうか?」
私 「サワラは、たまたま釣れただけでしょうから、狙って行かれても、次に釣れる保証も無いですよ。
私も、タイサビキや、タチウオ釣りをしてた時に、サワラが釣れた事もあります。
1ケ月か2ケ月位前だったでしょうか、私も、タイサビキをしてたら、たまたま、サワラの大群に遭遇しました。
1匹は針の掛かり所が良くて取り込めて、1匹は水面付近で逃げられ、6、7回位、サワラの口でハリス切れしたです。
その次に、釣りに行った時は、サワラ狙いの仕掛けを持っていったですが、サワラはいなかったです。
サワラは、狙っても、簡単に釣れない魚だな・・・と、思いました。
秋ころ、サワラが、小魚を、水面付近で追い回してる時、バジャバジャしてる時がありますが、
そんな時は、30gとか40gの小さなジグを投げたら狙って釣れるかもしれないですが、
今では、水温が下がってきたので、そんな光景も望めないかもしれないですよね。」
などと、お客様とお話しました。

16時頃、買い物に来られたお客様は、
「児島に行った時、軽トラの後ろに、サワラの大きいのを積んでいたのが見えたので、尋ねてみると、
90㎝nサワラが、児島の釣り公園で釣れたのを聞きました。
私も、サワラが釣れるんじゃあないかと思って、次の日に釣りに行ったけど、やっぱり釣れなかったです。
この前、浜田に行った時、防波堤の先端で釣ってた人が、1m位(に見えた)ブリを釣ってたです。
あの大きさだったら、1万円たあ言わん位するんじゃないかな。
私が年末に買った、この位のブリでも、7000円じゃったからね。
紫色のジグで釣れたそうです。
良い時は、2本、3本釣れる事が有るようですよ。」
などと、お客様は言われてました。

16時過ぎに、釣りの帰りに、里見チョクリ を、買いに来られたお客様は、
「今日は、笠岡沖と三崎沖に、タイサビキ釣りに行ったら、私は鯛が10匹釣れたです。
私の横で釣ってた人も、同じ位釣られてたけど、調子の悪かった人は、2、3枚しか釣られてなかったんじゃあないかな。」
などと、お客様は言われてました。

17時頃、福山のTさんより、本日の結果報告のお電話を頂きまして、Tさん、何時も大変ありがとうございます。
「今日は、笠岡沖に、タイサビキ釣りに行ったら、2人で鯛が22匹釣れました。
地合いになったら、おもしろいように鯛が釣れたですよ。
良く釣れて満足出来ました。」
などと、Tさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月6日)
15時半頃、〇さんが買い物に来られました。
〇さんは、12月の中旬頃だったでしょうか、店に来られた時にも、
田島に投げ釣りに行ったら、20㎝位までのキスが3ケタ狙えるように言われてたです。
「正月明けに、田島に投げ釣りに行ったら、キスが良く釣れたですよ。」
私 「田島の何処でもキスがたくさん釣れる訳じゃあないのでしょ?」
〇さん 「釣り場にいたお兄さんに話を聞いたら、1週前までは、どこでもキスが釣れてたようですが、
今週になると、内向きはキスが釣れなくなって、南向きなら、まだ、良く釣れてるように言われてました。
私も、南向きのポイントで竿を出したら、ポロポロとキスが釣れたですね。
キスの仕掛け作りも今の内にしておかないといけないです。
私は、長い道糸に何本もの仕掛けをくくっておいて、5本針の所で、次々と切って使っています。」
などと、〇さんは言われてました。

17時前に、Tさんより、本日の結果報告のお電話をわざわざ頂きまして、Tさん、何時も大変ありがとうございます。
「今日は、笠岡沖のある場所で、12時半頃から14時半位まで、2時間ほど、鯛が良く釣れたです。
15匹までは数えたのですが、多分、20匹ちょっと位、釣れてたと思いますよ。
里見チョクリが、すごかって、このタイサビキ、やっぱり鯛がたくさん釣れますね。」
などと、Tさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(1月5日)
9時半頃、買い物に来られたお客様は、
「里見チョクリで鯛がいっぱい釣れたと聞いて買い物にきました。
私は、昨日、遊漁船に乗って、小豆島沖まで行ったけど、鯛が3匹しか釣れなかったです。
知り合いの人は、下津井沖に行って、鯛がたくさん釣れて、クーラーがいっぱいになったので、
鯛が釣れてる途中で止めて帰ったみたいです。
私は、小豆島まで行って鯛が3匹で、かたや下津井沖では鯛がいっぱいに釣れて、何か情けない気持ちになりました。
やっぱり、サビキが悪かったら、釣れる鯛まで食わなくなるのかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

正午過ぎに、Fさんが買い物に来られて、
「昨日は、下津井沖に、やぶき渡船(さん)に乗って、メバルの半夜釣りに行ってきました。
メバルの型狙いで行ったけど、一番大きなメバルでも22㎝で、17、8㎝位のメバルが多かったですね。
この位(10㎝前後?)のカサゴは、たくさん釣れて、私は多分20匹位、放流したんじゃあないでしょうかね
正月明けだったので、釣り荒れしてて、それで大きなカサゴを抜かれてたのかもしれないです。
一緒に行った人は、チヌを5匹釣られてたです。
今時期に、メバルを狙ってて、チヌが5匹も釣れるなんて、不思議でした。
昼間のフカセ釣りでチヌを狙ってる人は、2、3匹位釣れてるそうです。
船長さんに、F君、今度は昼間のチヌ狙いでおいでよ・・・と、言われました。」
などと、Fさんは言われてました。

13時過ぎに、激渋タイプ赤黒8本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「昨日は、遊漁船で、松山沖の方にメバル釣りに行ってきました。
昨日は、Nサビキでは、さっぱりメバルが釣れないのに、この激渋のサビキでは、たくさんメバルが釣れたです。
店長さん、この激渋のサビキは、何がどう違って、いったいメバルが良く釣れるのですか?」
私 「私はメバルじゃあないので、本当の事は解らないです。
私が激渋のサビキを考えた事は、水温が低くなると、
メバルは、パクパク大きな口を使ってエサを食べないんじゃないかと思いました。
だから、針とサバ皮を出来るだけ小さくしたら、メバルもこのサビキを食べ易くて、
口の中に吸い込み易いんじゃないか・・・と、考えたです。
色の配列は、自分が釣りをするのなら、この配列が一番適してると自分では思ったです。
激渋のサビキは、確かにメバルが良く釣れたと言うお話は、私も、お客様から、たびたびお聞きしています。
だけど、激渋のサビキで釣れば、いつでもメバルが簡単に釣れる訳じゃあないと思いますよ。
激渋のサビキで釣れた人は、里見釣具に、再度ご来店されて、釣れたお話もされるだろろうし、
2回目、3回目と、再び、サビキを買って頂けるでしょうが、
もしも釣れなかった人は、二度と、店にも来られないかもしれないし、当然、釣れなかったお話も聞けないです。
サビキ釣りは、一にポイントと潮、二にサビキの良し悪しや、釣り人さんの腕などで、釣果が大きく左右するかもしれないです。
遊漁船さんに乗れば、ポイントは船長さんにお任せなので、私たちが、どうこうする事は出来ないけど、
失敗を繰り返したりして、いろいろと経験したりしたら、段々と、腕も上手になるでしょうし、
また、その日、その時に、一番適してるサビキで釣れば、他の人よりも、良く釣れる確率が高くなる事でしょう。
釣りから帰られた後、何が原因で、人様より良く釣れたのか、釣れなかった時は何が悪かったのかを考えられて、
次回釣りに行かれた時に、対策などを用意されて、釣りに行きたいものですね。」
などと、お客様とお話しました。

15時過ぎに、Oさんが、里見チョクリを買いに来られて、
「(一昨日の)3日の日は、(笠岡沖の)〇〇島沖に行ったら、鯛が10枚釣れました。
大きな鯛は釣れなかったです。
手の平位の小さな鯛は、3匹放流しました。
この日は、思ったよりも風があったです。
(ここの場所には)船も10艘位いたですが、少なかったですよ。
初釣りにしては良かったです。」
などと、Oさんは言われてました。

15時半頃買い物に来られたお客様は、鯛が4枚しか釣れなくて、ショックだったそうです。

17時頃、Uさんが、里見チョクリ ハリス3号 を、買いに来られて、
「昨日は、笠岡沖に釣りに行ったら、鯛が25枚も釣れて、本当に良かったです。
この里見チョクリは、本当に鯛が簡単に食ってくれるね。 良く釣れたよ。
11時頃から12時半頃までは、鯛が、ずっと入れ食い状態で釣れました。
12時半頃になると、この位(20㎝ちょっと位?)のマイワシの大群が来て、
イワシが掛かるか、鯛が掛かるかのどちらかになったです。
この時期にイワシがいるかなあ。
明日も同じ場所にタイサビキ釣りに行こうと思います。」
などと、Uさんは言われてまsた。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました


(1月4日)
12時半頃、Mさんより結果報告のお電話を頂きまして、Mさん、何時も大変ありがとうございます。
「昨日は、里見チョクリで鯛が良く釣れたよ。
三崎沖に行ったら、私は、鯛が7匹釣れました。
出て行ったのが遅くて、昼頃には風が出たので、止めて帰りました。
あそこは、四国の人が多くて、船団の中で、よそ見をしてたら、船をぶつけられそうになるからなあ。
初釣りで、鯛が7匹釣れたから良かったです。」
などと、Mさんは言われてました。

14時半頃、Hさんより結果報告のお電話を頂きまして、Hさん、何時も大変ありがとうございます。
「今日は、最後のポイントで鯛が2時間ほど、入れ食いになったです。
2人で、鯛が30枚ほど釣れましたよ。
直ちゃん所(里見釣具)のサビキは本当に良く釣れるなあ。
最初は、(笠岡沖の)?に行って、その後?もダメで、最後に?に行ったら、ここが良かったです。」
私 「何時頃から釣れたのですか?」
Hさん 「今、帰ってる所だから、12時は回っていたかな。 
それからずっと当たりがあったよ。
船が、ゆっくりと、ほんの少しだけ流れてるような感じでしたね。
太刀魚のエサの時に使うような、大きなイワシも入れ食いになったです。
さあ、イワシは、50匹たあ言わん位釣れたかな。
鯛が食う前に、イワシがジャマをして、いけんかったが。」
私 「今時期に、マイワシの大きいのが釣れるんは、とっても珍しいですね。
特大サイズのイワシは、食べたら、とってもおいしいでしょ。」
Hさん 「そうだね、イワシは全部持って帰ってるよ。
イワシがおらんかったら、もっと、もっと鯛が釣れてただろうけど、今日はおもしろかったです。」
などと、Hさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。

(1月3日)
14時頃、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「(12月)29日は、Tさんの船で、下津井沖の方にタイサビキ釣りに連れて行ってもらったら、
当たりがあって、針には鯛が掛かるのですが、すぐに針ハズレしまうんですよ。
なぜでしょうかね?」
私 「竿が柔らかいか、合わせが弱いから鯛の口に良いように掛かってないか、
それとも鯛の食い込みが悪くて、皮一枚とかに掛かってたんじゃあないでしょうか。」
お客様 「この日は、魚探に、鯛もベイトも、いっぱい映ってるけど、
中々、簡単に食ってくれないように、Tさんも言われてました。
きっと、鯛の食い気が少なかったのでしょうね。
(12月)23日に連れて行ってもらった時は、私は、タイサビキ用の竿を持ってなくて、タイラバ用の竿で釣りました。
最初に仕掛けを落とすと、すぐに鯛が3連で掛かって、2投目は釣れなかったけど、3投目は鯛が2連で上がってきました。
タイサビキ釣りは、とっても簡単だと思って、少しナメテいたのかもしれないです。
毎回、毎回、そんなに簡単に鯛が釣れるはずが無いですよね。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(1月2日)
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

10時半頃、里見タイサビキなどを買いに来られたお客様は、
「年末は、(12月)29日の日は、遊漁船に乗って、太刀魚釣りに行ったけど、散々でした。
この日は、波があった日で、しまなみ沖の方に、他の遊漁船さんも来られてたです。
私たちの船でも、船中、タチウオが10匹ちょっと程度しか釣れなかったです。
その前の祭日の日は、(12月)24日は、田島・横島の方に釣りに行ったら、キスが30匹も釣れたですよ。
釣具屋さんでエサを買いに行ったら、いまだにキスが良く釣れてるように言われたんです。
針を丸飲みするようなキスもいて、まるで、5月頃、釣りに行ったような食いの良さでした。」
などと、お客様は言われてました。

13時半頃、里見チョクリや里見鯛どっちも仕掛けを買いに来られたお客様は、
「(12月)31日は、笠岡沖に、ひとつテンヤ釣りに行ったら釣れなかったので、三崎沖に移動しました。
三崎沖で、ひとつテンヤ釣りをしてたのは、多分、私たちだけで、他の人たちは、みんなタイサビキをしてて、
鯛を、ポロポロと上げられてたのが見えたです。」
私 「ベイトは出てたですか?」
お客様 「ベイトは、たくさん出てましたよ。
底から、中層位まで、ぎっしりとベイトが映ってて、鯛も浮いていたですね。
底付近でテンヤ釣りをしても、当たりが出なくて、リールをゆっくりと上の方まで巻き上げると、
ガツンと、大きな当たりがあったりしたです。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月31日)
昨日の16時頃、Fさんが青虫を買いに来られて、下津井の方に、半夜釣りに出かけられました。
15時頃、Fさんが買い物に来られて、
「昨日は、31・5㎝の大きなタケノコメバルが釣れました。
のべ竿で釣ったんで、抜き上げる事が出来なくて、糸を持って引き上げたです。
針が7号で、ハリスが0・8号だったから、切れるかな・・・と、思ったけど、魚が暴れなかったので釣り込めたのだと思います。
かなり重たかったですね。
こんな大きなタケノコメバルは初めてです。
小さいメバルやキープサイズのカサゴなども釣れましたよ。
今年最後の釣りは、良い釣りが出来ました。」
などと、Fさんは言われてました。

15時半頃、Iさんが釣りの帰りに、里見チョクリを買いに来られて、
「今日は、(ちょっと東の方に)?に釣りに行ったら、鯛が15匹釣れたです。
ダブルが3回あったですよ。
今日は、大みそかだったのか、船は、そんなに多くなくて、全部で30艘位見えたです。
今日は、〇〇沖は、船が100艘位いて、大船団になってたようです。
この時化る前に、地合いの時、?時頃から、鯛が入れ食いになったそうで、みんな情報を良く知ってますね。
私が釣ってた場所は、まだ、鯛が良く釣れたんですが、
これ以上持って帰っても配る所もないし、食ってる途中で止めて帰りました。
鯛の型も良くて、35㎝~40㎝位までの鯛が13匹で、残りの2匹は、手の平にシッポが付いてるサイズでした。
今日は、天気が最高でした。
特に、帰りは、本当のベタ凪でしたね。
最後に良い釣りが出来て良かったです。」
などと、Iさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。

今年も、残りわずかになりました。
災害の少ないと言われてる岡山県でも、今年は、大雨で、大きな被害が発生しました。
また、広島県を始め、その他全国各地で、大きな災害が発生した1年でした。
テレビを見ていたら、特に、お年寄りの方々などが、
「今まで長い事、ここに住んでいるけど、ここの地域で、こんな事になった事は始めてです。」
などと、言われてたですね。
異常気象で災害が起こったから仕方がなかった。自然にはかなわないです。・・・・・
などと、言われればそれまでですが、本当に、異常気象は今年だけで終わるのでしょうかね。
出来る事なら、平成最後の今年までで終わって、新しい年からは、穏やかな安定した1年であってもらいたい物です。
昨年までと同じような、ごく普通の暮らしの出来てない方々、苦しまれてる方々、などの多くの人たちがおられると思われます。
毎年のように書いています。
来年こそ、全ての人たちが、みんな笑って暮らせるような、良い年になる事を願います。

今年も、1年間、里見釣具をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
来年度もよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えになってくださいませ。


(12月30日)
最近、ちょっと、天気が悪すぎますね。
それでも何か釣り情報を書くとしたら・・・

13時過ぎに、寄島から、自転車に乗って来られるお客様が、青虫を買いに来られました。
お客様は、近場の投げ釣りで、半夜釣りに通われてる方です。
「この位(30㎝位の)セイゴが、幾らか釣れるよ。」
私 「2匹か3匹位釣れるんですか?」
お客様 「一回(釣りに)行ったら、その位は、最低でも釣れる。
エサ代位は釣らんといけんからなあ。」
などと、お客様は言われてました。

16時頃、〇さんが買い物に来られて、
「休みなんですが、天気が悪くて釣りに行けないです。
行くのなら、明日か明後日位でしょうかね。
だけど、31日と元旦は、釣りに行かない人も多いはずです。
今日は、友達が、遊漁船で、クログチ釣りに行ってますが、釣果の方は、まだ聞けてないです。
ハマチが食ってたら、本当は、ハマチ釣りに行くはずだったけど、ハマチの食いが落ちてるので、
それで、今日は、クログチ狙いで行ったそうですよ。
この前まで、ハマチがたくさん釣れていて、前回、私が行った時も、地合いになると、ハマチが入れ食いになったです。
ただし、潮が反対になったとたんに、全く釣れなくなったですからね。」
などと、〇さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月29日)
16時頃、2人連れのお客様が、里見チョクリ 11号ー4号 を、買いに来られて、レジに持って来られました。
「この前、木曜日に来たら、休みじゃったが。
岡山から来たら、1時間半位かかったんで。」
私 「すみませんでした。 遠くの方からお見えになられたのに、ごめんなさいね。」
お客様 「この前、釣りに行った時、里見チョクリを入れたら、1投目から鯛が釣れたよ。
このチョクリ仕掛けは、本当に鯛が良く釣れるね。
前回は、ハリス3号で釣ったのですが、大きい鯛が掛かったら、何度かハリス切れしましたよ。
船長さんが、ハリス3号じゃあ、すぐに切れるから、今度は、もっと太い仕掛けを持ってくるように言われたです。」
私 「ハリス3号では、確かに、大きな鯛が掛かると切れる事もありますね。
だけど、やり方によっては、ハリスが、ほとんど切れない方法もあるんですよ。
これは、本当は、企業秘密なので、他の人にも、めったに言わないんですが、
鯛を1匹掛けたら、例えば、竿を、60度位とか、出来るだけ高い位置に持っていき、その位置で鯛とやり取りを始めます。
途中、鯛が何度か、大きく突っ込んだ時に、ほとんど、この時にハリス切れするので、
鯛が突っ込んだ時は、すばやく、リールのクラッチを切って、フリーにして糸を出してやると良いです。
その時、スプールの所を軽く押さえて、バックラッシュしない程度な強さで押さえると、
スプールの所の糸の空回りを防止出来て、もつれれなくなりますから。
竿を出来るだけ立てて、やり取りすれば、鯛が急に突っ込んだ時に、竿を下側に戻すまでの時間稼ぎが出来るし、
竿の強度を最大限に利用出来るから、バラシの回数も、幾らか少なくなると思います。
ドラグを緩くしてたら良いとか言われる人もおられるかと思いますが、
ドラグで糸を出してたら、とても間に合わなくて、ライン切れする時もあるのでは・・・と、私自分は思っています。
鯛やメバル、アジなどが、突っ込む、この時が、追い食いさせれる最大のチャンスで、
これを上手に出来る人と、やらない人とでは、追い食いさせれる数に大きな差が生まれ、即ち、釣果も大きく違いが出ますよ。
鯛やメバル、アジなどは、自分のすみかや、お友達がたくさんいるだろう群れの方に、逃げようとする傾向があるから、
ドンドン突っ込む時に、ラインを出来るだけ多く出せれば、必然的に、追い食いをさせれるチャンスも増える事でしょう。
私は、このやり方を始めてからは、以前よりも、急に魚が多く釣れるようになったのでは・・・と、感じています。
私は、決して上手ではないのは、自分自身で十分解っていて、人様に、どうのこうの言える腕では無いのは解ってますけど、
お客様、たったこれだけの事をやられるだけで、もっと釣れるようになるはずですよ。(???)
これは、あくまで、ド素人の私の自己流のやり方ですし、自分勝手に思ってるだけかもしれないですけど。
自分では、この方法が一番良いとは思っています。
だけど、多くの人が乗られてて、ラインを出しすぎると人様の仕掛けにもるれるような時や、
かけ上がりが激しいポイントで、ラインを出すと、根掛かりするような場合は出来ないですから、こんな時は向いて無いです。
タイサビキ釣りでは、ハリス3号では、確かに、時々切られる事もあります。
だけど、ハリス3号と4号では、同じ条件で釣りをしたなら、必ず当たりの出る回数が明らかに違います。
特に食いの渋い時には、4号で当たらなくても、3号にしたら当たりが出るケースが有ります。
また、多くのお客様が言われてるように、例えば、遊漁船さんで7人も8人も乗られてた時、
ハリスの細い人は当たりが多く出て、太い人には、当たりの回数が何分の一程度しか無かった・・とか何度もお聞きしています。
タイサビキも同じで、(仕掛けが、もつれなければ)ハリスが細い人の方が明らかに有利で、
だけど、大きいのが来た時にはハリス切れのリスクも大きいです。
だから、上手に使い分けされると良いと思います。
食いの渋い時などは、当たりが出なけりゃ話にならないからハリスの3号で釣られて、
鯛の食いが活発な時は、ハリス4号で釣ってみられたらどうでしょうか。」
などと、お客様には、自己流の考え方を話させて頂きましたた。
あくまで、ド素人の自己流の釣り方、考え方ですから、もしかしたら、間違ってるかもしれないですし、
よろしければ、何かの参考程度にしてくださいネ。

お客様、大変ありがとうございました。


(12月28日)
14時半頃、里見チョクリを買いに来られたお客様は、笠岡の爆釣クラブさんに入られてる方で、
私が笠岡沖に釣りに行ってる時、ほとんど何時も、海の上でお会いしてる方です。
「一昨日は、(笠岡沖の)?は、良くなかったです。
?がダメだったので、沖の方に走ったら、
?では、地合いになると、鯛が2連、3連などで上がってきて、入れ食いになりました。
(鯛が)20枚ほど、すぐに釣れたですよ。」
私 「昨日、私も、?に行ったら、底引き網の船が3度も来て、さっぱりでしたよ。」
お客様 「この頃は、?は、最近、ずっと、いけんな。
釣ってるすぐ横の方まで、網を引きだしたからな。
その前の日(3日前)は、下津井沖に、(タイサビキ釣りで)行ったです。・・・・・
などと、お客様は言われてました。

お客様、何時も大変ありがとうございます。
また、海の上でお会いしたら、お話いたしましょうね。


(12月27日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った鯛が5匹の写真です。
ロクマルの鯛が2匹釣れました。
朝起きて、ネットで、六島の風速を確認したら、風弱し・・で、全く風が吹いてない。
てっきり、朝一から、風が、とんでもない位吹いてるだろうな・・・と、正直、前日は思ってたので、ラッキーだった。
車のガラスを見ると、窓ガラスに氷も貼ってなくて、とっても温かい。
今日は、風が必ず出るのは解ってたので、問題は、何時から吹き出すかだ。
とにかく朝一の1時間、2時間で釣っておかないといけないかな・・・と、思った。
今日は、空が暗い内から出港した。
出来れば、うす暗くなって、仕掛けが落とせる位になるまでに、ポイントに到着して、釣り始めたい。
潮は完全に悪いだろうな・・・とは思ったが、通り道で、?に到着して、準備が終え、魚探を点けると、ベイトも鯛も浮いてる。
第一投目で、モーニングサービスで、鯛が1匹釣れた。
25、6㎝程度の塩焼きサイズの鯛だったが、針を飲み込んでて、放流しても、すぐに死にそうだったから、キープした。
だけど、釣れたのは、これが1匹限り。
何時ものように、底引き網が通ったら、いっぺんに、鯛もベイトも消えた。
今日は、時間が無い。
少し待っると、再び、鯛が釣れそうな感じだったけど、風が出た段階で、今日の釣りはお終いだから。
本日、一番狙ってたポイントに向かう。
ポイントに近づく、かなり前から、何時もの底引き網の船が見えて、おじちゃん、今日もやってくれたか・・・
だけど、気を取り直して、魚探の反応がバッチリの所に、里見チョクリ・11号ー3号 を、落とすと、大きな鯛が掛かった。
なんとか上まで上げて、玉網で丁寧に救った。
私の手の平が、3つ分、十分にあったので、ロクマルの鯛だ。
底引き網のおじちゃん、鯛を上げたのを見られたんか、またまた、船のすぐ横の方まで網を引いてくれた。
反応が全くなくなった。
ベタ凪だった海が、少しだけ風が出だした。
が、これなら、まだ、十分、釣りが出来る。 他に船もいないし、貸し切り状態だ。
今は、干潮の完全な潮止まり。
だけど、もう、今更、場所を変わっても、すぐに大風になりそうだったから、今日は、釣りが出来る限り、ここで心中しよう。
魚探の反応が最悪の中、アチコチ探してたら、これなら、他の場所よりも、ましかな・・・
と、ちょっとだけ反応が有る場所を見つけて、仕掛けを落とすと、またまた釣れたロクマルの鯛が。
底引きのおじちゃん、またまた、私の船の横まで網を引いてくれた。
これで、ここのポイントは、完全に終わった。
後は、竿を出してただけ。
9時前になると、大波になった。
これじゃあ、船が揺れて、流されて、全く釣りにならないから、場所を捨てた。
すごい波になった。 これじゃあ風裏のポイントも無いかな???
最後に、シンザキに向かう。
ここなら、北西の風なら、釣りになるだろう・・・と、思って行くだけ行ってみた。
釣り場に着くと、ここも、風が当たってた。 ここでもダメか。
GPSのマークを頼りに、少し北向きのポイントに行くと、魚探の反応、有り。
仕掛けを落とすと、ダブルで鯛が釣れた。
さらに、再び、同じポイントに帰ると、魚探の反応も良くて、中型の鯛が掛かった。
水面まで鯛が見えて、鯛を引き抜こうかな・・・と、思って、引き上げた瞬間、針ハズレして、逃げられた。
こんな事なら、大事に、玉アミで救っておけば良かった。 反省。
さらに風が吹き出した。 大白波になった。
もう、これ以上は危ない。 急いで納竿した。
帰りは、船をスローにして、風裏、風裏の、遠回りして、なんとか港に到着出来た。
今年最後の釣りおさめになったが、自分としては納得出来た。
出来れば、底引き網のおじちゃん、ちょっと離れた場所を、網を引いてくれないかな・・
海は広いのに・・・と、正直思ったですが、漁師さんもお仕事なので仕方ないかな。



(12月26日)
朝9時頃、里見チョクリと、里見鯛サビキ・黄色バージョンハリス10㎝を買いに来られたお客様は、
「昨日は、ティーズさんで釣りに行ってきました。
本当は、友達と一緒に行く予定だったんだけど、友達が行かれなくなったので1人で行ったです。
私は、タイラバ釣りの方が得意なので、船長に無理を言ってタイラバ釣りをしたら、昨日は、ホウボウが1匹だけ釣れました。
船長のお勧めのタイサビキ釣りでは、私は鯛が7匹釣れたです。
私は、タイサビキ釣りは初めてしたのですが、タイサビキも、実際にやってみると、おもしろいですね。
船長が、早く買いに行かないと、毎年のように売り切れるかもしれないよ・・・
と、言われたので、今日は、タイサビキを買いに来させて頂きました。」
私 「そうなんですよ。 去年の今頃は、売れ筋のタイサビキは、とっくに売り切れてたですからね。
今年は、倉庫の中に、もう少し在庫が残ってます。
ただし、種類によっては、残りが少しのタイサビキもありますけどね。」
などと、お客様とお話しました。

お客様、大変ありがとうございました。

先週は、朝から雨が降って、風も強かった為、私の釣りは中止しました。
明日は、今年最後の釣りおさめに行くつもりで、準備も万端ですけど、天気が心配ですね。
朝一の天気予報などを調べて、あまりにも悪いようでしたら、幾ら釣りに行きたくても、止めるかもしれないです。


(12月25日)
18時頃、アミのブロックを買いに来られたお客様は、
「最近は、Oさんたちと一緒に、ブリ、ハマチの泳がせ釣りに通ってます。
だけど、水温が下がってきたら、ハマチも段々食わなくなりますからね。
明日も、泳がせ釣りに行く事になってるけど、釣れなかったらいけないから、
船長さんが、メバルのサビキも準備してくるように・・・と、言われました。
アミを買ったのは、これをマキエにして、エサのアジを釣る為です。」
などと、お客様は言われてました。(瀬戸内での船釣りです。)

お客様、何時も大変ありがとうおざいます。

(12月24日)
9時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「昨日は、下津井沖にタイサビキに行ったら、2人で、鯛が6匹釣れました。
朝一の一投目で、鯛が1匹釣れたので、今日は、何匹釣れるんだろう・・・と、思ったです。
鯛やベイトが、完全に浮いてる場所もあったですが、すぐに、さ~っと、沈んでしまったので、
エンジンの音がうるさかって、ビックリしたのかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

正午頃、昨日の釣り情報にも登場されたFさんが買い物に来られて、
「昨日は、小雨模様の天気でしたから、あれから近くの〇〇に釣りに行ったら、キープサイズのメバルが8匹釣れました。
一番大きなメバルは、19・5㎝あったですが、〇〇にも、良型のメバルがいるんですね。」
などと、Fさんは言われてました。

14時半頃、Iさんが、里見チョクリ ハリス3号 を、買いに来られて、
「昨日は、下津井沖の方にタイサビキ釣りに行ったら、私が鯛が22匹で、〇さんは10匹釣れました。」
私 「昨日は、下津井沖は、良くなかった人もおられたようですが、そんなに釣れたですか?」
Iさん 「最初は、船が多くいたのですが、釣れなくて、みんな違う場所に変わられて、船が少なくなってから釣れたんです。
昨日は、この里見チョクリが、すごかったですよ。
〇さんは、始め、違うサビキで釣られてて、私が10匹で、〇さんは0匹だったんです。
10対0ですから。
食いが良い時は、普通のサビキでも、ある程度鯛が釣れるけど、食いの渋い時は、極端にサビキの差が出ますね。
この里見チョクリは、本当に鯛が良く釣れますよ。
私が釣った鯛は、35㎝位~40㎝ちょっとまでの鯛が、ちょうど10匹で、残りは28㎝位のが多かったです。」
などと、Iさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月23日)
13時頃、里見鯛・どっちも仕掛け を、買いに来られたお客様は、
「このサビキ、良かったよ。 (鯛が)21枚も釣れたです。」
私 「どちらの方に行かれたのですか?」
お客様 「下津井沖ですよ。 でも、小さいのが多かったですけどね。」
などと、お客様は言われてました。

17時頃、Fさんが、青虫を買いに来られました。
Fさんは、昨日の夕方にも、青虫を買いに来られて、下津井の方に、岸から、半夜釣りに行かれるように言われてたです。
「昨日は、1匹、大きいメバルが来たんですが、逃げられたです。
のべ竿の探り釣りで釣って、やっとの事で、波止の上まで引き上げたつもりだったけど、
ちょうど(波止の)かどの所にメバルが当たってしまい、海の中に逃げて行ったです。
17、8㎝位までの小さいカサゴやメバルは、おかず位は釣れましたけどね。」
などと、Fさんは言われてました。

9時頃、Tさんに用事があって、電話させて頂いたら、
「今日は、朝、潮がひきすぎてて、船が出せなかったから、かなり遅くなったけど、これから出港します。」
と、鯛釣り名人さんの、Tさんは言われてました。
18時過ぎに、Tさんから、本日の結果報告の電話を頂いまして、
「今日は、行くのが遅くて、地合いに間に合わなかったです。
〇さんは、朝の地合いの時、3人で鯛が40匹ほど釣れたそうですよ。
私は、今日は、あまり釣れなかったです。」
などと、Tさんは言われてました。(船釣りです。)

釣り情報を、教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月22日)
正午頃、笠岡の〇さんが、里見チョクリを買いに来られて、
「今日は、(笠岡沖の)〇〇島沖に釣りに行ったら、ポロポロと鯛が釣れたです。
満ちの潮だけ、やって帰ってきました。」
私 「今日は、雨が降ったですか?」
〇さん 「ちょろっと降った位よ。 ほとんど降ってないです。
海は、ベタ凪で、風も無くて、良い天気でしたよ。」
などと、〇さんは言われてました。

12時半頃、里見鯛サビキ 黄色バージョン ハリス10㎝ 7号ー3号 を、買いに来られたお客様は、
「私は、何時もタイラバばかりしていますが、タイサビキも、おもしろいですね。
この前も、2時間ちょっと釣っただけで、1人10匹平均、3人で鯛が30匹ほど釣れたです。
前は、ハリスの長いタイサビキで釣ってたけど、たびたび、仕掛けが、からまってたですが、
この10㎝のタイサビキは、仕掛けが、もつれる心配をしなくても良いし、ハリスが短くても、鯛が大変良く釣れますね。
この前の鯛は、一番大きな鯛でも45㎝位で、小さいのは、25㎝位のも何匹か釣れたです。
前日に、同じ場所に行った友達は、鯛の大きいのがたくさん釣れたのに、なんで次の日は、型が小さくなったのかな。
店長、どうやったら大きな鯛ばかり釣れるの?」
私 「こればっかりは、運に左右されますよ。
大きい鯛ばかり狙って釣れる訳じゃあないですからね。」
などと、お客様とお話しました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月21日)
11時頃、Hさんが、リアルヘッド30号 を、買いに来られて、
「(12月)13日と15日は、しまなみ沖に行ったら、この日は、タチウオがあまり釣れなかったです。
(携帯電話の写真を見せて頂きまして)このタチウオは、私の指で、指6本あった化け物のタチウオです。
大きかったですね。
この日は、良型のタチウオが、私は3本しか釣れなかったです。
私が行かなかった14日は、大きな太刀魚が数が釣れた日のようで、3人とも、良型タチウオが11匹づつ釣れたそうです。
私が行かなかった日に限って、釣れたから残念でした。
今度は、12月28日に行く事になってるので、14日と同じ潮だから、大きな太刀魚が釣れないかなあ。
今年は、しまなみ沖のタチウオは、良くなかったからなあ。
店長、どう思う?」
と、Hさんに聞かれたので、自分勝手な理論を、少しばかり、Hさんにお話ししましたが、
ここから先は、私が勝手に思ってるだけなので、もしも、読まれても良い人がおられましたら参考程度にしてくださいませ。
間違ってる事を言ってる可能性も十二分にありますから、あくまでも、自分勝手な理論です。
ほんの一部のタチウオは、冬になっても、松山沖などの100m位の深い場所に残って、1月になっても一部釣れる事があります。
だけど、ほとんどの、多くのタチウオは、冬になると、水温の高い場所、つまり太平洋に帰って行くように、
以前、私は、聞いた事があります。
太刀魚は、冬は太平洋で過ごして、水温が温かくなりだしたら、瀬戸内に戻ってきます。
(しまなみ沖のタチウオは、確か、5月か6月頃が、タチウオの時期でしょうか???)
今年は、広島県やその他の地域で水害などが有ったのが悪かったのか、
それとも、タチウオにとって何らかの別の悪い理由があって、豊後水道の西側から入って来るタチウオが極端に少なくて、
本当は、西から入って来なくちゃいけないタチウオが、紀伊水道の方から入って来たようですね。
何時ものように東側から入るタチウオと、さらに、元来は西から入って来なくちゃいけないタチウオとが、両方いっぺんに入った為、
今年は、大阪湾とか淡路島沖、鳴門沖などで、向こうの方がムチャ食いしたのだと考えられます。
東から入って来たタチウオは、瀬戸大橋の所で止まって、それより西側、つまり、粟島沖、三崎沖には、
何らかの理由があるのか、ほとんどのタチが移動して来ないです。
また、西から入って来たタチウオは、愛媛県沖、広島県沖に最初に移動してきて、そちらが釣れだしたら、
新居浜沖、因島沖、弓削島沖などに移動してきて、その後、三崎沖、笠岡沖が釣れだします。
だから、2年前、3年前、ここ数年前のデーターでは、笠岡沖や三崎・粟島沖のタチウオは、手島沖位までは移動するけど、
その後、下津井沖にタチウオが移動して大釣れした事は、私の記憶では、ないです。
12月に入ると、笠岡沖や福山沖などに秋まで居付いてたタチウオは、多くは西の方に帰って来ます。
だから、11月の終わり頃から12月の2週目頃に、鞆の沖や、因島・弓削島沖などに釣りに行くと、帰って行く、その群れに当たると、
タチウオが大釣れした事も、私も、何度か経験しています。
確か、去年か一昨年でしたかね、12月に入って、笠岡沖、三崎・粟島沖でタチウオが釣れなくなってきた頃、
一部のタチウオが下津井沖に移動して、下津井沖でタチウオが大変良く釣れた事がありましたよね。
今まで、下津井沖でタチウオがそんなに釣れた事は珍しくて、児島の方の遊漁船さんなどは、下津井沖でタチウオを釣られるよりも、
どちらかというと、粟島、三崎沖、笠岡沖、または、通り越して、しまなみ沖などに来られてたはずです。
勿論、小豆島沖などの東方面に行かれた方も多かったかもしれませんが、とにかく、わざわざ、こちらの方まで来られてたはずです。
なぜか、瀬戸大橋が、(だいたいの)通せん坊になってるようで、
東から来たタチウオは橋から西には、ほとんど(???)、来ないし、
西から入って来たタチは、橋より向こうに、ほとんど(???)、移動しないようです。
これは、100%移動しないと言ってるんじゃなくて、
数字的には、はっきりと解らないでしょうが、例えば、80%、90%程度のタチウオは、そういう習性があるのでしょうかね。
私の失敗談ですが、今年の10月18日に、高見島沖で、昼前までにタチウオが25本釣れました。
(下津井沖の太刀魚は、10月17日から大釣れが始まって、高見島は10月17日と18日の2日のみ釣れました。)
10月17日は、下津井沖のタチウオが本当の入れ食い状態になって、
(多分、)この日から、今年の下津井沖のタチウオ伝説が始まりました。
1週間後の木曜日(10月25日)は、私は、当然、朝一は高見島沖に行って、大ハズレして、
その後、粟島沖で頑張ったけど、ボーズでした。
その1週間後(11月1日)は、下津井沖のタチウオの食いが少し一服してて、
下津井沖のタチウオは、どこか他の場所に移動したのでは・・・
と、だれしも思ってた時ですが、私は、2週間前(10月18日)に、タチウオが大変良く釣れた、ほぼ同じ潮だったから、
当然、下津井沖のタチウオは、高見島沖に、絶対に移動して来てるはずで、必ず、タチウオが入れ食いになると、
絶対的な自信を持って、朝一は、高見島沖にタチ釣りに行って、ネバったけど、大ハズレ。当たりが1回も無し。
もしかしたら、こっちかな・・・との思いで、粟島沖に移動して、さらに三崎沖に行ってたけど、 結果は、タチウオが0匹。
これで、正念がいって、今年のタチウオ釣りは止めました。
勿論、下津井沖まで走れば、タチウオが10本、20本と、狙えるのは解ってましたが、
型も、指2本、2本半、3本位までで、とっても、下津井沖まで無理をして、タチ釣りに行こうとは思えなかったです。
結局、下津井沖のタチウオは、橋付近から、西の方に移動して来なくて(???)、、
それ以後も、この沖の方で、タチウオが良く釣れた便りは、私には、1件も聞けなかったですね。

今年は、本当は西側から入って来るタチウオが少なくて、それで、愛媛県、広島県沖が釣れなかった→
だから、三崎・粟島沖、笠岡沖、しまなみ沖のタチウオが釣れなかった。
今年は、本来は西から入って来なければいけないタチウオが何らかの理由で紀伊水津から瀬戸内に入って来た→
だから、大阪湾、淡路島沖、鳴門沖は、条件が2倍良かったから、ここ数年で一度の大釣れをした→
東の方から入って来たタチウオの一部が下津井沖に移動して来たから、下津井沖のタチウオが良く釣れた→
下津井沖に入って来たタチウオは、瀬戸大橋が通せん坊の役目をして、ほとんどがそれより西側に移動しなかった為、
(牛島沖で何日かだけタチウオが釣れた日もありましたが)、笠岡沖や三崎沖などは釣れなかった。
以上のように考えたら、今年のタチウオの状況が説明出来るように私は、自分勝手に思っていますが、
間違ってたら、ごめんなさいね。
これは、ド素人の私が、勝手に思ってるだけなので、多分、間違ってると思いますよ。 あしからず。
ちょっと、長くなって、すみませんでした。
私は、Hさんに、上記のようにお話したのは事実ですが、何分にも、ド素人の、自分勝手な考えですからね。

14時前に、里見鯛サビキ 黄色バージョン ハリス10㎝ 7号ー3号 を、買いに来られたお客様は、
「先週の日曜日は、宇野沖に釣りに行ったら、私は、鯛が9匹も釣れました。
この日は、潮が、ほとんど流れなくて、流れても、0・6ノットとか0・7ノットでした。
船長さんが、今日は、潮が流れんから、タイサビキをしても鯛が釣れないよ・・・と、言われてたです。
私は、このサビキで釣ったから、当たりがおもしろいようにあったですが、
他の人は、違うサビキで釣られてたのが悪かったのでしょうか、当たりもほとんどなくて、0匹でした。
最初に釣れた時は鯛が3連で上がってきて、49㎝、40㎝に少し足りないの、手の平サイズ の3匹が付いてたです。
私は、今まで、タイラバ釣りばかりしていて、タイサビキは、おもしろくないんかなあ・・・と、ずっと思ってましたが、
今回、タイサビキ釣りを始めてしてみたら、とっても、おもしろかったです。
タイサビキ釣りに、はまりそうですね。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月19日)
15時頃、児島の方から、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「最近、タチウオに行っても、あまり釣れんな。
タチを釣るより、鯛をやった方がいいわ。
この前も、タチが釣れなかって、その後、2時間ちょっと位鯛を狙ったら、
地合いだったのもあるけど、この仕掛けで鯛がすぐに10枚ほど釣れたです。
今年は、三崎の方に行っても、タチは食わんかったし、悪かったなあ。
西の方も悪かったようで、今年は、福山や尾道の方の遊漁船も、こちら(下津井沖)の方に来てたよ。」
鯛を釣っとけば、おかず位はすぐに釣れるから、もう、太刀魚釣りは止めて、これからは鯛を釣ろう。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(12月18日)
10時頃、激渋タイプ・緑オレンジ と、里見サビキ 鳴門タイプ のサビキを、買いに来られたお客様は、
「この前は、このオレンジ色のサビキで、メバルが大変良く釣れたんですよ。」
私 「松山沖の方に行かれたのですか?」
お客様 「いいえ、向こうの方まで行かんでも、今は、(しまなみ沖の)?島沖で十分釣れましたよ。
船長が漁師の人じゃけえ、地形を良く知っています。
底が荒いポイントで釣るから、船長さんは、硬い竿を持ってくるように言われるんですよ。
40号の鉛で釣る事もあるので、柔らかい竿では、底を取った時に、すぐに根掛かりする事もあるしね。」
私 「メバルが30匹位釣れたのですか?」
お客様 「いいえ、そんなもんじゃあないですよ。 多い人は3ケタ釣られてました。
今は水温が高いから、浅い場所を釣るので、どうしても小さいメバルが多いですね。
もう少し水温が下がってくると、深い場所を釣るから、メバルも大きいですけどね。
今は、こちらの方で釣れてますが、3月頃になると、松山沖の方にも行きますよ。
メバルって言う魚は、解らない事だらけですね。
この前は、オレンジ色ばかりに釣れたですが、白色が良い時もあるし、夜釣りに行けば赤色ばかりに釣れたり、
私は、何時も、4種類ほどサビキを持って行ってますが、
その時間、その時間で、一番合ったサビキを見つけて釣るように努めてます。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、何時も大変ありがとうございます。


(12月17日)
11時頃、〇さんが買い物に来られました。
〇さんは、何時も、三洋汽船さんに乗られて、笠岡沖の島に、昼釣りに通われてる方です。
「〇〇島は、30㎝位のサバが大変良く釣れてますよ。
最初が40匹、次が50匹、最後が50匹か60匹位釣れたです。
最後に行ったのも、まだ、1週間もたってないけど、何時まで釣れるかは解らないですね。
地合いになると、突然、サバが回遊してきて、2時間ほど地合いがあります。
その地合いが終わると、なぜか、サバは、1匹も釣れなくなるんですよ。
だから、何時も、サビキの竿を1本、捨て竿で投げてて、メバルを釣っています。
〇〇島のメバルは、来たら型が良いけど、釣れても10匹位までで、数は、そんなに釣れないです。
数狙いなら、?島の?の所が良く釣れるんだけど、ここのメバルは型がこの位(16、7㎝位?)で、
大きいのは、めったに釣れないですよ。
?の所は、人がバカにして、メバルが食わんと思ってるから、誰も荒らして無いんだと思いますね。
〇〇島は、地元のおばちゃんたちが、サバ釣りに来ています。
釣ったサバは、全部、地元のおばちゃんたちに、あげて帰るんですけどね。」
などと、〇さんは言われてました。

Fさん、何時も大変ありがとうございます。


(12月16日)
10時頃、買い物に来られたお客様は、
「昨日は、松山沖の方の、?島沖や、?島沖などに、(昼)釣りに行ったら、7人でメバルが500匹ほど釣れました。
昨日は、激渋の赤黒のサビキが一番良かったです。
今年の2月に釣りに行った時は、?のサビキで、メバルが入れ食い状態になったのですが、
昨日は、なぜか、?は、あまり良くなかったですね。
メバルも、時期によって、釣れるサビキが、いろいろと変わるみたいです。
多分、海の中のベイトの違いによって、合う、合わない、が、あるみたいで、
その時、その場所に、一番適してるサビキで釣らないと、釣れる魚も、食わなくなりますよね。」
などと、お客様は言われてました。

正午すぎに、Kさんが買い物に来られて、
「3、4日前までは、しまなみの〇島沖で、タチウオが良く釣れてたですが、昨日は、全くハズレたそうです。
タチウオだけは、本当に行ってみないと解らない魚ですね。」
などと、Kさんは言われてました。

15時半頃、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「(下津井沖の)?で、今、鯛が良く釣れています。
昨日は、おかずだけ釣らないといけないので、潮の緩んだ時を狙って、最初は、?で釣ったら、
1時間位で、鯛が10枚ほど、すぐに釣れたです。
大きい鯛は、釣れんのんで。
一番大きかった鯛でも、40㎝にちょっと足りないような大きさでした。
地合いの時は、魚探に、ベイトも鯛も、ぎっしりと映りました。
昨日は、黄色のヒモに鯛が良く釣れて、ボロボロになったけど、オレンジ色の方は、綺麗なままで、
昨日は、黄色の方が、断然、鯛が良く釣れたですよ。
潮が流れ出したら、鯛釣りは止めて、タチウオを狙いに行ったけど、
昨日は、(私の釣ったポイントでは)タチは良く無かったです。
周りの船も、タチウオを上げられてなかったので、早めに切り上げて帰りました。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(12月15日)
14時過ぎに、里見チョクリ 7号ー3号 を、買いに来られたお客様は、
「今日は、このチョクリ仕掛けで、鯛が大変良く釣れたです。 昼までで、鯛が14、5匹も釣れました。」
私 「どちらの方に行かれたのですか?」
お客様 「(香川沖の)〇島沖ですよ。
今日は、小潮のわりには、潮が流れたですね。
海もベタ凪で、最高の釣り日よりでした。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(12月14日)
15時頃、買い物に来られたお客様は、
「先々週、向島の沖にタチウオ釣りに行ったら、0匹でした。
船は、いっぱい見えたけど、他の船の人たちも、誰も釣られんかったですよ。」
私 「向島沖や弓削島沖でも、良い日に当たれば、幾らかタチウオが釣れたようですね。
今年は、しまなみの方は、あまりタチウオが釣れなかったので、
タチウオを釣りたいんだったら、やっぱり、下津井沖まで行かんと、安定して釣れないでしょ。
下津井沖は、ちょっと遠いですよね。」
お客様 「そうですね、店長さんが、前にも、下津井沖に行ったらタチウオが釣れるよに言われてたです。
(お客様は携帯電話を開かれて、メバルを写されてる写真を私に見せて頂きまして、)
この前は、能美島にメバルを釣りに行ったら、2人でメバルが230匹釣れました。
大きいメバルは、いなかったですよ。
一番大きいメバルでも、この位(18㎝位?)でした。」
私 「岸から釣られたのですか?」
お客様 「いいえ、船からです。
私は、2つ折りに出来る小さいボートに、2馬力のエンジンを付けて釣っています。
サビキ仕掛けに、連掛けなどで釣れたです。」
などと、お客様は言われてました。

19時頃、リアルヘッド40号 を、買いに来られたお客様は、
「今日は、遊漁船に乗って、(かなり東の方の)?に釣りに行ったら、タチウオが40本か50本位は釣れたですよ。
釣り船で行ったら、やっぱりすごいなあ。
リアルヘッドは、タチウオが、ゴツンと飛び付いてくるように、大きな当たりが出るからなあ。
当たりの出方が、他のテンヤと全く違いますね。」
などと、お客様は言われてました。

なお、リアルヘッド40号は、私の予想以上に売れて、在庫が、ついに、底をつきだしました。
普通なら、在庫が少なくなれば、通常値段に戻させて頂く所なんですけど、
もう、今年は、今さら、値段を上げる訳には、いかないですよね。
リアルヘッド40号は、585円(税込み)の激安価格で、もう少し頑張ります。
もしも、売り切れたら、ごめんなさいネ。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございまいた。


12月13日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った鯛が9匹の写真です。
釣り場に着いたのが7時40分で、9時前になると、北西の風が吹きだして、
9時半頃には、風が強くて、海も大きな白波になり、全く釣りにならなくなって、止めました。
短時間で、これだけ釣れたら満足です。
今日のヒットサビキは、里見チョクリが良かったです。
1匹、何か大きな魚がきて、1分位は、やり取りしたのですが、姿も見れなく、ハリス切れしてしまいました。
今日の場所は、私一人で貸し切りでした。
釣り場に着いてすぐは、ベイトも鯛も、中層まで、かなり浮いていて、これなら誰が釣っても入れ食いになるだろうな・・
と、思えたけど、しばらくすると、すぐ横の方を、底引き網の船が来たら、魚探の反応が全くなくなったです。
今日は、十分、楽しめたです。