最新の釣り情報

※お客様からお聞きした釣り情報は、掲載しても、差し支えの無い程度にしか、当店のブログでは書けません。
例えば、お客様が秘密にされてる釣り場等を、(場所・仕掛け・釣れた地合など)具体的に詳しく書いて、
もしも、他の人たちに場所を荒らされような事が起これば、誰しも、みんな、イヤな思いをされる事でしょう。
その時の状況に合わせて、書いても良い範囲内でしか掲載出来ませんので、よろしくお願いいたします。


釣り情報は、伝達事項などの下の方から始まります。
すみませんが、下の方をご覧くださいませ。

(通常の)営業時間のお知らせ
月曜日 9時~19時
火曜日 9時~19時
水曜日 9時~19時
木曜日 店休日
金曜日 9時~19時30分
土曜日 9時~19時30分
日曜日 9時~18時30分
なお、体調不良や仕入れなどにより、時間変更の時もあります。

新里見メバル里見サビキの各種類、などあります。

詳しい事は、
自慢の商品の所をご覧になってくださいませ。
里見釣具のオリジナルサビキは、代引き(代金引換)にて、発送も出来ます。
よろしくお願い致します。

(8月10日)
下の写真は、里見釣具のオリジナル鯛サビキの一覧です。
下記のタイサビキは、10枚以上より、代引き発送も出来ます。(電話での注文OKです。)
よろしくお願いいたします。。



里見チョクリ 8本仕掛け
+替針1本付き(全長12・5m) 11号ー3号11号ー4号 
販売価格→ 1枚 450円(税込み価格) 10枚なら4300円
※里見チョクリ 11号ー3号は、在庫が少しあります。

里見チョクリ 11号ー4号は、ただ今、完売しました。
里見鯛どっちも仕掛けは、ただ今、
完売しました。

里見鯛サビキ 黄色バージョウン
 あります。
これも、実績十分で、説明の必要が無いでしょう。
早い時期にも、鯛が大変良く釣れますが、2月、3月頃にもお勧めです。

里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ 7本針 針が7号 ハリス3号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ 7本針 針が8号 ハリス4号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 5本針 針が7号 ハリス3号 全長8m
(完売)
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 7本針 針が1号 ハリス2号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 7本針 針が7号 ハリス3号 全長11m
里見鯛サビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝ 7本針 針が8号 ハリス4号 全長11m


 里見タイサビキ 黄色バージョン 7本針 1枚 540円(税込価格)で、10枚なら5200円です。
 
以上、上記のタイサビキは、10枚以上から代引きで、各地に発送も出来ます。
よろしくお願い致します。


(お知らせ)
平成30年12月より、代引き発送時にかかる、運賃・代引き手数料が変更になります。

12月より、運賃・代引き手数料の料金(+商品代が、かかります。)
代引きでの発送地域 60サイズ 80サイズ 100サイズ
中国、四国、近畿、九州 1100円 1300円 1500円
東海、北陸 1200円 1350円 1500円
関東、信越 1350円 1500円 1700円
東北 1500円 1500円 1800円
※里見サビキのオリジナルのサビキで、激渋タイプ、鳴門タイプ、新里見メバルなどの、普通のサイズなら、
ギュウギュウ詰めにすれば、最大枚数は、
60サイズで60枚まで、80サイズで140枚まで、100サイズなら220枚まで、詰め込んで送れそうですネ。

よろしくお願いいたします。












3月21日(木)は、祝日の為、9時~15時まで営業いたします。
本当は、ベタ凪なら、仕事をサボって、釣りに行くつもりでしたが、この天気じゃあ、釣りに行けません。
15時からは、予定が入ってますので、閉店させて頂きます。
よろしくお願いいたします。


(3月20日)
長崎県では、桜の花が開花したようにテレビで聞きました。
地上では、段々と温かくなってますが、牛窓沖の水温を見る限りでは、海の中は、思ったよりも上昇していません。
それでも、本日の限っては、何時もより、水温が、0・3度か0・4度程度一挙に高くなってて、少し上昇したようですね。
今年は、いつになったら、タイサビキで、鯛が入れ食いになるのでしょうか???
ちょっと遅れすぎです。
今までに、こんな年は無かったはずですけど・・・

今日は、予想通り、店の方は暇な1日でした。
特別、これ・・っと言った釣り情報はお聞き出来なかったですが、それでも何か書くとしたら、

11時頃、Mさんと、相棒さんが買い物に来られて、
「広島・手島方面は、少し型の良いカサゴが釣れていますよ。
この前も、モロコのエサで釣ると、カサゴは良く釣れました。
(私が釣ってる限りでは)白石島、北木島方面は、一回り、型が小さいように思えます。」
などと、Mさんは言われてました。(船釣りです。)

14時半頃、激渋タイプ 赤黒と緑オレンジの、5号ー0・6号のサビキを買いに来られたお客様は、
「私は、明石の方に住んでいます。
この前、この激渋サビキで、メバルがたくさん釣れたんです。
他のサビキでは食わんけど、この激渋だけは良く釣れましたよ。
私の実家は、この近くにあるので、時々帰った時に、何時も、買い物に来させて頂いてます。
ハリスは細いほうが良く釣れますね。
1号ので釣ると、当たりが、極端に少なくなります。
向こうの方は、根が荒いから、1回釣りに行くと、仕掛けを10枚位は使います。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(3月19日)
昨日の閉店直前に、青虫を買いに来られたお客様は、
週に2回位のペースで、近場に半夜釣りに通われてる方です。
「昨日(日曜日)の夜は、20㎝から上のカサゴやタケノコメバルなどが8匹も釣れたです。
最近、こんなに釣れた事は無かったのですが、昨日の夜は、珍しく良く釣れたですよ。
カサゴとソイとタケノコメバルの違いが、今一つ解ってないけど、店長、違いが解る?」
私 「魚を見たら、多分、解ると思いますよ。」
お客様 「今、友達の所に、昨日釣った魚を持って行ってる所です。
友達は、料理をしてくれないと、魚がいらないと贅沢を言うので、内臓だけは綺麗に取り除いています。
ちょっと、魚を持って来るわ。」
と、言われて、お客様は、車に積まれてた魚を、店内に持って来られて・・・
「これ、大きいじゃろ。 この2匹は、タケノコメバルじゃろ。」
私 「そうですね、これは、タケノコメバルですよ。
こんな大きいのが釣れるんですか。
(タケノコメバルは、1匹は、28㎝位で、もう1匹は25㎝位に見えました。その他、大きなカサゴなども見えたです。)」
お客様 「岸から、これだけ釣れたら良かろう。」
私 「船からでも、中々、こんなに釣れないかもしれないですね。」
お客様 「横の方で釣ってた人は、少し小ぶりの、15㎝位から20㎝位のカサゴなどを20匹ほど釣ってたですよ。
私は、20㎝より小さいのは、全部、放流したけどね。」
などと、お客様は言われてました。(車で行ける近場です。)

お客様、大変ありがとうございます。


(3月18日)
9時半頃、買い物に来られたお客様は、
「(一昨日の)土曜日の夜は、30㎝のメバルが2匹と、29㎝のが1匹釣れました。
数は20匹しか釣れなかったですが、それだけを狙って行きましたから。」
私 「土曜日は、風が吹いたんじゃあないですか?」
お客様 「土曜日の夜は、凪になったんですよ。
土曜日の昼も、日曜日の昼も、風が吹いたけど、夜は良い天気でした。」
などと、お客様は言われてました。

14時頃、Yさんが釣りの帰りに買い物に来られて、
「今日は、笠岡沖にタイサビキ釣りに行ったら、鯛は釣れなかったです。
だけど、〇〇島沖では、タイサビキに、30分位で、メバルが13匹も釣れました。
メバルの型は大きくて、全部20㎝を超えるような大きさでした。
今日に限って、激渋を持って行ってなくて、激渋で釣れば、きっとメバルがもっと釣れてたと思います。
やっぱり、いろいろな仕掛けを持って行っとかないと、いけないですね。
今日は、ベタ凪だと思って行ったけど、朝は、東の風が少しあって、
私が釣った、東向き・北向きのポイントでは、風が当たっていました。
帰る頃は、今は、吹いてないですけどね。
4か所、場所を変わったですが、どこもタカクチイワシの大群がいたです。
イワシの中に落とすと、仕掛けにイワシが鈴なりになって上がって来るので困ります。」
私 「ベイトが全くいないよりも、イワシの大群がおった方が良いですよ。
時には、鯛が、イワシを追いかけまわしてる時もあって、イワシが散らばってる反応の時はチャンスです。
イワシの大群の中に仕掛けを入れると、イワシだらけになるから、
そういう時は、イワシが散らばってる場所とか、群れの端の方でイワシの一番少ない場所に落としたら良いかもしれませんね。」
などと、Yさんとお話しました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(3月17日)
今日は、日曜日だと言うのに、朝から雨が降り、大風になりました。
木曜日と日曜日になったら、ここの所、毎週のように、天気が悪くなって、雨か風が吹きますね。

13時半頃、買い物に来られたお客さまは、車に乗られて、愛媛県までアジ釣りに通われてる方です。
前回、お客様が里見釣り具に来られた時は、30㎝位のアジが3ケタ釣れるように言われてましたが・・・
「〇〇〇に行ったら、アジが、なんぼうでも釣れる。
300(匹)も、400(匹)も釣れますよ。
最近、ちょっと小さくなったな。」
私 「20㎝位になったのですか?」
お客様 「いいえ、25㎝位ですよ。
釣れるのは、朝まずめと夕方だけで、それ以外の時間帯は、釣れてもしれてるから、
車の中でDVDを借りて見るか、風呂に入りに行くかして、時間を潰しています。
地元の人たちは、イカを短ざくに切って、それを、サビキ仕掛けに付けて、アジを釣りますが、
夕方と、朝まずめだけ、釣りに来るな。
片道、5時間かかるから、もう少し近かったら良いんだけど。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、何時も大変ありがとうございます。


(3月16日)
10時半頃買い物に来られた、常連のお客様は、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きました。
レジのすぐ横側に、B&Bの雑誌があって、その表紙のメバルの写真は、携帯に映ってる写真と全く同じでした。
「これは、前々回に、ひで丸さんで釣りに行った時の写真で、この時は、良型メバルも多く釣れました。
29・5㎝の大きなメバルを頭に、20㎝以上のメバルが、23匹釣れたです。
前回、ひで丸さんで行った時も、キープしたメバルが56匹で、20㎝以上のメバルが20匹釣れました。
前々回に行った時も、大きなメバルが30匹釣れたです。
メバル釣りは、何時も、ひで丸さんで行ってます。
今年は、20㎝以上のメバルが多くて、数が釣れますね。」
などと、お客様は言われてました。

11時半頃、Sさんが買い物に来られました。
私が、一昨日の木曜日に釣りに行った時、北木島沖で、Sさんとお遭いして、
その時は、Sさん、タイサビキの仕掛けて釣られてましたが、その後、風裏のポイントで、メバル釣りをされたようです。
「あれから、激渋の仕掛けを出して、メバルを狙いました。
小さいメバルは数が釣れましたが、キープして持ち帰った20㎝を超えるようなメバルは5匹釣れたです。
あの日は、風が、あんなに吹くと思わなかったです。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(3月15日)
14時頃、香川県のKさんより、里見チョクリの代引き」注文の電話を頂きました。
Kさん、何時も大変ありがとうございます。
「昨日は、〇〇沖にタイサビキ釣りに行ったけど、風が吹いて、良くなかったです。
その前釣りに行った時は、地合いになった時に、あっと言う間に、鯛が5、6匹位、すぐに釣れたのですけどね。
〇〇沖は、例年なら、今頃は、鯛が良く釣れるはずですが、今年は、今一つ、パッと、しないです。
魚探には、ベイトも鯛も、ギッシリ映ってるし、ジグで鯛を20枚、30枚釣る人も、中にはおられるから、
鯛が、確実に、海の中には、いるのは、間違いないんですけど。
何かの加減で食いが立てば、入れ食いになりそうなんですがね。
さすがに、もう、ボツボツ食い出すでしょう。
私が船を泊めてるマリーナで、ある人は、夕方狙いで鯛を良く釣られてくる人もいます。
その人、みんなが帰ってから、船が少なくなったら、出て行ってるんですよ。」
などと、Kさんは言われてました。(船釣りです。)

14時半頃、北木島から、常連のお客様が、今日も、青虫を買いに来られました。
お客様は、週に1回か、2回位のペースで、青虫を買いに来て頂いてます。
「メバル、釣れてるかな? この位(14、5㎝位?)の、小さいメバルなら、何時も、20も30(匹)も釣れるけどな。
その中に、大きいのが、何匹か混ざって釣れるよ。」
などと、お客様は言われてました。(岸からの半夜釣りです。)


17時前に、里見タイサビキ 黄色バージョン ハリス20㎝ 7号ー3号 を、買いに来られた、常連のお客様は、
「今朝、仕事に行く前に、(広島県の)?島沖にタイサビキに行ったら、2時間位で、鯛が5枚釣れました。
(携帯電話に写されてる写真を見せて頂きまして)この一番大きい鯛は70㎝ありました。
後の鯛は、30㎝後半のが3匹と、一番小さいのは、32、3㎝位でした。
何時も釣れるのは、この黄色の皮ばかりで、周りの人たちが釣れない時でも、私には鯛が良く釣れますからね。
みんなが、どんなサビキで釣ってるのか聞きに来たりします。
里見さん所の、黄色の皮のタイサビキじゃないと釣れませんよ・・・と、何時も宣伝させて頂いてますよ。(笑)
白色の皮には、ちょっとだけ、一工夫して使うと、これまた、鯛が良く食うようになりますね。
今、(しまなみ沖の)?島の〇側も、鯛が良く釣れていて、
あの狭い場所に、潮の小さい時は、船が20艘位、何時もおります。
私は、そこまで行かなくても、?島沖の方が良く釣れると思ってるから、遠くまで行きませんけどね。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(3月14日)→本日は、店は、開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った鯛、ハネ、メバルの写真です。



釣り上げた、ハネの口の中には、イカナゴを、たくさん、ほうばってました。
(腹がパンパンに膨れていて、胃袋の中にもイカナゴだらけでした。 このハネは、随分と食いしんぼうさんです。)
海の中に、ちょうど良い大きさ(メバル針に何とか付けれそうな大きさです)の、イカナゴが、たくさん湧いていました。
イカナゴが、ウロチョロしだすと、さあ、これから、いろいろな魚が釣れだしそうですね。

朝5時半に起床する。
ネットで調べると、六島沖は、風が、まだ吹いてた。 再び、布団の中に入る。
今度は、6時40分に布団の中から出て、六島の風速を確認すると、2mに落ちていた。
昨日の天気予報の、岡山県の予想は、波が1mのち50㎝の予想だった。
私の得意としてる場所は、昼からの潮で、今日は、珍しく残業して、鯛を10枚以上は釣ってくるつもりだった。
(釣り人さんは、釣りに行く前は、何時も、自信満々です。)
普通は、寒気が入って来たとか言う日には、昼前から風が吹く事が多いけど、
プロの人が、波が治まると予想しているんだから、信じよう・・・と、行く前は、半分位は思ってた。
港を出て、白石島沖の付近までは、ほぼ全速力で走れたが、布越(カサネ岩、ネコ岩付近)の所まで行くと、
ちょっと波が出だして、速度を落とす。
やっぱり、沖の方は、風が吹いてるのか・・・
これだけ西風が吹いてたら、シンザキ以外は、この状態なら、多分、釣りにならないだろうな・・・と、思ってた。
8時30分に、シンザキに到着して、用意を済ませて、魚探を点けると、結構、良い反応だ。
これなら鯛が釣れるかな・・・と、思って、仕掛けを落とすと、(小さいほうの)鯛が掛かった。
やり取りしてたら、強烈な引きに変わる。
もう1匹、良型の鯛が着いたようで、さすがに、この鯛は玉アミで救わないと取り切れないと思って、アミで救った。
私が鯛を上げたのを見られたようで、船が7、8艘になり、近づいてきたら、反応は良いけど、当たりが無くなった。
勿論、釣り始めて、すぐに、西向きの風が、さらに吹き出して、船も流されて、まともな釣りが出来なくなってた。
しばらく辛抱してたが、真鍋島に移動する事にした。
シンザキから、南に少し走ると、波が、さらに大きくなって、もう少し走れば、三角波になり、すごい事になる。
速度をスローに落として、大揺れの中、なんとか真鍋島沖に到着する。
3か所ほど、鯛のポイントを行くだけ行ってみたが、どこも風が当たってた。
こんな事なら、シンザキで辛抱してたら良かったなあ・・・と、後悔した。
満ち潮が流れ始めて、激流になってる。
ここのポイントは、私が鯛を何度も釣ってて自信だけはあり、風も、そんなに当たってないから、少し潮待ちをした。
メバルが単発で2匹釣れた。
潮が緩むのを待っていたが、だんだん、波が大きくなりだして、もう、これ以上、波が大きくなったら危ない。
とにかく、北木島まで帰ったら、強風波浪注意報が出ても港に帰れるから、急いで、シンザキまで帰った。
シンザキに帰ってみると、朝よりも波が大きくなってるし、風が吹いて、どがんもならない。
勿論、誰も釣ってる人がいなかった。
何だ、これから一番良い潮になるのに・・・だけど、安全第一で、風裏を通って帰ろう。
帰り途で、最後に一か所だけ、竿を出してみたい場所がある。
釣り場に着いて魚探を点けてみると、なんだ、この魚探の反応は・・・とんでもない位、ベイトも魚も浮いている。
ちょっと波はあるけど、オモリを投げ込むと、底に落ちる前に、何か大きな魚が掛かった。
玉網を用意して、仕掛けを上げてみるとハネが付いていた。
このハネ君は、随分、食いしん坊君で、いかなごを口の中に、いっぱい、ほうばってた。
ベイトの正体はイカナゴだった。
ここの場所は、以前、メバルを釣りに来た時、鯛が入れ食いになって、プチプチ切られた事があったから、
ハネ以外にも、きっと、鯛も浮いてるはずだ。
ここは、鯛を狙って釣りに来る人は、多分、私以外には、いない場所だ。
魚も全くスレてないし、さあ、これから、入れ食いタイムに突入したな・・・と、内心、喜んだ。
ハネを針からはずして、再び、仕掛けを落とそうと思ったら、仕掛けがペラに掛かってた。
なんて、ブサイクな事をしたんだろう。 この忙しい時に。
結局、仕掛けを切って、ペラに巻いてる切れた仕掛けも、何とか取る事が出来た。
波が、さらに、すごくなる。
魚探の反応は良いけど、もう、新しい仕掛けを出す気力もなくなった。
まあ、いいや。 今度は、迷わず、朝一は、ここに来よう。
次回までの、お楽しみです。
何とか無事に港に帰って来る事が出来たので、これが一番のお土産ですね。


(3月13日)
10時半頃、Fさんが買い物に来られて、
「昨日は、友達に誘われて、(広島県の)〇〇島に、初めてメバル釣りに行ってきました。
昨日は、大風が吹て、風裏のポイントが全く無いような状態で、条件的には厳しかったですが、
メバルが30匹ほど釣れましたよ。
波止から海の中を見ると、メバルが、たくさん浮いてるのが見えたです。
友達が言うには、大きいメバルが見える時には、大きなメバルが釣れて、
小さいメバルが見えたら、小さいのが多く釣れるそうです。
サビキ仕掛けの何本かの針に、シラサエビを付けて釣りました。
天気が良ければ、もっと多くメバルが釣れるみたいですよ。」
などと、Fさんは言われてました。(昼間の岸からの釣りです。)

15時頃、Sさんが、激渋の赤黒のサビキなどを買いに来られました。
Sさんは、ホームグランドが広島県の波止などで、夜釣りで、メバル釣りをされてる方です。
「今年は、アジが多くて、ずっと釣れています。
メバルも、2月頃から、よく釣れるようになったですよ。
例年なら、ちょうど今の時期には、アジは釣れても、メバルは、そんなに食わないはずですが、
今年は、もう、岸からメバルが、かなり釣れてますからね。・・・」
などと、Sさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。

明日は、朝一の天気予報を見て、風が落ちていたら釣りに行く予定ですが、
ちょっと、厳しいんじゃあないでしょうか。
今、これだけ吹いていて、明日の朝になると、ベタ凪になるのは、普通に考えたなら、100パーセント無理かな。
明日は、天気の悪い曜日の木曜日で、これで、9週続けて天気が悪そうですネ。


(3月12日)
はっきり言って、天気の良い日が、ほとんど無いですね。
3月に入っても、雨が降るか、雨が止めば風と波が出るかの、どちらかの天気で、春先の天気とは思えないです。
今年は、何もかも、おかしいですよネ。

13時半頃、激渋・赤黒のサビキを買いに来られたお客様は、
「この前、このサビキで、メバルが良く釣れましたよ。
24、5㎝位の、良型メバルが多かったです。
30㎝位の大きなメバルを、みんな、1、2匹位は釣られてたんじゃあないかなあ。」
私 「松山沖の方に行かれたのですか?」
お客様 「松山沖を通り過ぎて、もう少し西の方に走りました。
こちらの方は、ちょっと釣り荒れてきだしたから、小さなメバルが多いけど、向こうまで行けば、大きいのが出ますね。
こっちの方で釣れば、小さいメバルが、8本仕掛けに、5連、6連などでも釣れて、数は多く釣れるけど、
向こうのメバルは大きいから、4連で掛かったりもしたら、もう大変ですよ。
ただし、数は、そんなに出んので。
数は、一人30位で、一番多く釣った人でも50匹位だったです。
だけど、型が良かったから、みんな満足してました。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(3月11日)
14時頃、笠岡のMさんが買い物に来られて、
「この前、三崎沖にタイサビキ釣りに行ったら、私は、鯛が1匹しか釣れなかったです。
前の日は、鯛が良く釣れたようで、それでかなあ、船が多く、100艘位見えました。
船が多かったら、鯛が恐れてしまって、やっぱり釣れんね。
それでも、マイクロジグで釣ってた船の人だけは、その2艘だけは、おもしろいように鯛を釣られてて、
多分、20匹位は、釣られてたんじゃあないのかなあ。
私は、中々、良い日に当たらないですよ。」
などと、Mさんは言われてました。

Mさん、何時も大変ありがとうございます。


(3月10日)
9時半頃、Tさんが買い物に来られて、
「昨日は、〇〇沖は、幾らか鯛が釣れたようですね。
私の友達は、昼の2時半まで釣って、鯛が12枚釣れたそうです。
昼から、船が少なくなってからが良かったみたいです。
14時頃からは、魚探の反応も良くなりだしたようですが、
本当に、鯛が良く釣れたのは、友達が帰った後からで、特に、夕方前が、すごかったように聞いたですよ。
やっぱり船が少なくならないと釣れないのかなあ。」
などと、Tさんは言われてました。

11時頃、姫路の方から2人連れのお客様が、激渋タイプ 赤黒8本 5号ー0・8号を買いに来られました。
お客様は、携帯電話に写されてる、メバルの写真を私に見せて頂きました。
「昨日は、この激渋のサビキが良かったんですよ。
他の人たちは、4人とも、みんな〇〇サビキを使ってたので、メバルが、あまり釣れなくて、
私、一人だけが、この激渋のサビキで釣ったので、メバルが良く釣れました。
この一番大きなメバルは、30㎝を超えてたです。」
などと、お客様は、言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。

(3月9日)
昨日の夜の天気予報では、岡山県と香川県の今日の天気は、晴れて、波が50㎝の予報でした。
天気が良いような予想だったので、今日は、釣りに行かれた方が多かったのかな・・
釣り人さんは、直行で家の方に帰られたかな・・
好天気で土曜日なので、忙しいかな・・と、思ってましたが、予想がハズレて、お店の方は、とっても暇な1日でした。

12時半頃、Mさんが、ヒラメの仕掛けを買いに来られました。
Mさんの服装を見たら、一目で、釣りの帰りに買い物に来られたのが解りましたので、
私 「Mさん、今日は、ヒラメか何かを釣りに行かれたのですか?」
Mさん 「いいえ、笠岡沖に鯛釣りに行ってきました。
おかず位、釣れたですよ。
今日は、朝は、北東の風が、かなり吹いてたから、北木島沖などのポイントでは厳しかったです。
今は、風が落ちて、凪になりましたけどね。
明日も釣りに行くので、早めに止めて帰ってきたです。」
などと、Mさんは言われてました。

18時頃、Fさんが青虫とシラサエビを買いに来られて、今夜も、下津井の方にメバル釣りに行かれました。
Fさんは、昨日は、激渋のサビキを買われて、サビキで釣るように言われてましたけど。
「昨日は、小さいメバルは、たくさん釣れたけど、全部、逃がしました。
サビキ釣りは、数が釣れますが、昨日のポイントでは、20㎝を超すような大きいメバルは釣れなかったですね。
今日は、エサ釣りで、違うポイントに行こうと思っています。
朝、(友達の)Fさんから電話があったけど、今日は、元気の良い声でしたよ。
笠岡沖に、チヌのフカセ釣りに行かれてて、途中で、もう、チヌが5枚釣れてるように聞きました。」
などと、Fさんは言われてました。

Fさんが買い物をされてた時に、里見タイサビキを買いに来られたお客様は、
「昨日、友達が、手島沖に釣りに行ったら、朝、タイが入れ食いになって、すぐに、10匹釣れたそうです。
今日は、寄島に、仕事で来たから、友達に頼まれていたタイサビキを買いに来ました。」
などと、お客様は、言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(3月8日)
11時頃、激渋タイプの赤黒と緑オレンジを買いに来られたお客様は、
「この前、鳴門の方まで(メバル)釣りに行った時は、激渋が良かったんよ。
〇〇サビキでは、さっぱり食わんかったけど、この激渋のサビキは、大きいメバルばかり釣れました。
1匹掛かって、ゆっくり巻いてたら、大きいメバルが付いてくるし。
普通は、小型・中型メバルの方が数が釣れるはずなんですが、大きいメバルが多かったから、不思議に思ったです。
なんでかなあ。」
などと、お客様は言われてました。(遊漁船での船釣りです。)

14時過ぎに、Yさんが来られて、
「今日は、久々、鯛が良く釣れました。
40㎝位までの鯛ですが、9匹釣れたです。
満ち潮が緩むまで、ずっと釣れたけど、潮が止まったら、食わなくなりますね。
良く釣れてたから、他の場所に変わる気は、全く起こりませんでした。
魚探の反応も良かったですよ。」
などと、Yさんは言われてました。(笠岡沖の船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。

(3月6日)
14時頃、上から3番目の釣竿が折れて、修理に来られたお客様は、
「この前、大きな魚が来て、竿が折れてしまいました。
リールを巻いてると、途中で、何か大きな物か何かに針が掛かったような感じになって、重たくてリールが巻けなくなったです。
一瞬、不思議に思ってたら、一挙に、竿を持って入られて、ドラグを緩める時間も無く、竿が折れてしまったです。
予備の竿を出して、再び、同じ場所に戻って魚探を見ると、中層に、魚影が映って見えました。
タイサビキを落として、中層まで巻いた時、再び、地球でも釣ったみたいな感じになり、重たくなったと思った瞬間に、
再び、強い引きの魚が掛かりました。
なんとか釣り上げる事が出来た魚は、ちょうど80㎝のマダイでした。
逃げられた鯛も、多分、同じ位の大きさの鯛だったと思います。
海の中には、大きな魚がいるもんですね。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、何時も大変ありがとうございます。


明日は、天気の悪い曜日の木曜日です。
木曜日になれば、ここの所、大雨か大風の天気が続いています。
(私の記憶が正しければ、)明日で、8週目続けて、天気が悪いです。
波の予想が、50㎝のち1・5mになってたですが、今週も、やっぱり釣りに行くのは無理かな。
強行しても、大風・大波で、船が流されるだけでしょうかネ。


(3月5日)
12時半頃、激渋・赤黒 6本針 5号ー0・6号 を、買いに来られたお客様は、
「このサビキ、良かったですよ。」
私 「どちらの方に行かれたのですか?」
お客様 「遊漁船に乗って、愛媛県の方に行きました。
メバルが50匹ちょっと釣れたです。
20㎝オーバーの良型メバルも、幾らか混ざったです。」
などと、お客様は、言われてました。

お客様、大変ありがとうございます。


(3月4日)
11時半頃、竿の修理に来られたお客様は、
「この前、玉島のE地区の?の所に、半夜釣りに行ったら、赤チン(カサゴ)が、20匹ほど釣れました。
この位の大きさで、大きくは無いけどね。
おもしろかったです。」
などと、お客様は言われてました.

18時前に、買い物に来られた常連のお客様は、
「笠岡沖は、カタクチイワシの大群が、至る所にいますね。
(先週の)土曜日は、イワシをエサにして、泳がせ釣りをしたら、27㎝の黒(メバル)と、40㎝位のアコウが2匹釣れました。
泳がせが一番おもしろいですね。
イワシは、泳ぐのが、ぼっけえ速いなあ。
特に、?島の所は、イワシの大大群がいて、鳥が、水面めがけて、飛び込んでたですよ。
イワシが来たから、楽しみがいいですね。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(3月3日)
11時頃、北木島のSさんがタイサビキを買いに来られて、
「今年は、鯛が食わんなあ。 何時も、おかず位しか釣れんわ。
この前は、一度、良かった日があって、大きいのが7つと、後のは小ぶりのは数が多く釣れた日もあったよ。
毎年、今頃は、鯛が良く釣れてるはずだけど、今年は、おかしいなあ。
今時期なら、(鯛が)10匹、20匹釣れる日もあるんだけど。
(タカクチ)イワシが、ここ最近、多くなったから、海の状況が変わって、これから食いだすかもしれんな。」
などと、Sさんは言われてました。

12時半頃、〇さんが買い物に来られて、
「昨日は、北木島沖に、タイサビキ釣りに行ったら、
40㎝ちょっとの鯛が1匹、同じくらいの大きさのチヌが1匹、65㎝のスズキが1匹釣れました。
途中で逃げらた鯛が1匹と、当たりは、何度かあったです。
スズキを掛けた時は、ものすごい強い引きで、途中から少しだけ軽くなったのですが、
上げてみると針が1本切れてました。
多分、同じ位の大きさのスズキが、もう1匹付いていたのでしょうね。
1艘だけ、その船だけは、鯛をポロポロと上げられてたです。
良型の鯛を3連で上げられたのは見えたですよ。
昨日は、風が吹いて、釣り場も限定されて、釣りにくかったです。
六島の風速を確認したら、北東の風が、7m、8m吹いてたようになってたので、かなり厳しかったです。
カタクチイワシの大群が入ってますね。
?の一番西の方はイワシだらけで、サビキを落とすと、イワシが鈴なりで付いて上がってきました。
かなわんから、少し東側に移動して、イワシのおらない所で釣りました。
魚探の反応は、とっても良かったです。
何かの加減でスイッチが入ったら、おもしろいように釣れるのでしょうけどね。」
などと、〇さんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(3月2日)
9時半頃、青虫を買いに来られた常連のお兄さんは、
「先週は、夜釣りに行ったら、途中まで、さっぱり当たりが無くてボーズかなと思ってたら、
それからが良く釣れて、1時間ほどで、アナゴが5匹とハゼが1匹釣れました。
それで、地合いが終わったようで、その後は、当たりがなかったです。」
などと、お客様は言われてました。(近場の投げ釣りです。)

10時半頃、Sさんが、激渋のサビキを買いに来られて、
「この前、タイサビキに行ったけど食わなかったです。
魚探が真っ赤になる位、ベイトも鯛も映ってるのに、なんで食わないのかなあ。
不思議に思ったです。
私が釣りに行った、2、3日前は、鯛が良く釣れたようで、その情報が流れたのでしょうか、
当日も、船が50艘位いて多かったですよ。」
私 「(下津沖の)〇〇〇が、この前、鯛が良く釣れたみたいですね。
〇〇〇に、行かれたんですか?」
Sさん 「いいえ、私は、三崎沖に行きましたよ。
軽めのジグで釣ってた人は、特に1艘だけ上手な人が乗っていて、
その船の人たちだけは、鯛を良く釣られていました。
何かの加減で、スイッチが入れば、鯛が、おもしろいように釣れるんでしょうがね。
行きょうらんと釣れんわなあ。」
などと、Sさんは言われてました。(船からのタイサビキ釣りです。)


15時頃、青虫を買いに来られたお客様は、
「この前、エサを買いに来た日は、玉島に夜釣りに行ったら、40㎝位のハネが、すぐに釣れました。
18時過ぎに釣り場に着いて、最初、1回流して当たりが無かったから仕掛けを上げて、
再び投げたら、ウキが横になったままで縦らなかったです。
良く見てみると、大きなゴミのかたまりが目の前に見えたので、ゴミのすぐ横の方に仕掛けを落とすと、
ウキが、ゆっくりと水中に入りました。
合わせたら、引きが強くて、久々、魚らしい魚が釣れましたよ。」
などと、お客様は言われてました。

15時半頃、2人連れのお客様が、買い物に来られて、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きました。
メバルがいっぱい山盛りのようになって映ってました。
「昨日、下津井沖の方に、メバリングで、夜釣りに行ったら、メバルが、100匹ほど釣れました。
メバルの型も大きいでしょ。
水面をメバルがピチピチと跳ねて、エサか何かを追いかけていたようでした。」
私 「白アミかイカナゴか何かのベイトがいたのでしょうか?」
お客様 「そうでも無かったのかなあ。 メバルの腹は大きくなくて、ペチャンコみたいに見えたですよ。
それでも、きっと何か条件が良かったから、メバルが浮いてたのでしょうね。
もう、メバルのベストシーズンに突入したようですね。」
などと、お客様は言われてました。(船からの半夜釣りです。)

16時前に、買い物に来られたお客様は、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きました。
6、7枚の写真には、15匹位から20匹位、どの写真にも、大きなメバルが映ってました。
「昨日、(ちょっと西の方の)〇〇島沖に、半夜釣りに行ったら、数は、そんなに出なかったけど、大きなメバルが釣れました。
みんな、同じ位づつ釣れたです。
釣り上げたメバルの口の中には、白アミを、いっぱいほうばっていたです。
メバルが大きかったから満足出来ました。」
などと、お客様は言われてました。(遊漁船での船釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(3月1日)
11時半頃、激渋 赤黒 6本針 6号ー1号 を、買いに来られたお客様は、
携帯電話に写されてる、まな板の上に、14、5匹位、並べられてた、メバル写真を、私に見せて頂きまして、
「このまな板、横幅が30㎝なんです。
(一番手前に置かれてた)このメバルは32㎝もあったです。
他にも、良型のメバルが釣れてるでしょ。
これより小さいメバルは、横の入れ物の中に入れています。
この日は、新里見メバルの仕掛けが良かって、下から2番目の緑色の針が、一番良く釣れたですよ。」
などと、お客様は言われてました。(遊漁船での船釣りです。)

お客様、大変ありがとうございました。


(2月27日)
15時すぎに、北木島のAさんが、里見チョクリと、どっちも仕掛けを買いに来られました。
Aさんは、天気が良い日には、週に数回のペースで、釣りに行かれてる方ですから、
私のホームグランド付近の、最新の状況をご存じなので、いろいろと、情報交換をさせて頂いています。
Aさん 「この前から、店長に教えてもらったポイントに3回ほど行ってみたけど、あそこは鯛が良く釣れるな。
他の人も、ほとんど来ないし、のんびりと釣れるのがいいわ。」
私 「鯛が、4、5匹位釣れますか?」
Aさん 「その位は、いつも釣れるよ。
石からちょっと離れた場所で釣ると、型も良くて、40㎝から45㎝位の鯛が食うね。
石の上の方を釣ると、少し小さいな。」
私 「(真鍋島沖の)?の所は、最近、行かれてないのですか?」
Aさん 「最近、あそこは、釣れたり釣れなかったりじゃな。
ベイトが出る日と出ない日があるから、行ってみんと解らんです。
?は、下げの潮が良いと思ってるけど、店長は、どう思う?」
私 「私は、?は、5号満ちの時が一番釣れると思ってるし、5号満ちの時に、何度か入れ食いになった事もありましたよ。
先週の木曜日は、7号満ちの時に、?に行ってみたけど、地合いが終わってて、潮が流れてなかったです。
その後、すぐ、〇〇岩の所に行ったら、魚探の反応がすごかったけど、波と風が強くて、危ないからすぐに止めました。
〇〇岩の所は、最近、どうなのでしょうか?」
Aさん 「わしは、干潮からの満ち上がりの潮を狙って行くけど、やっぱり、食ったり食わんかったりじゃな。
良い時は、バタバタッと、鯛が釣れるで。・・・・・」
などと、Aさんは言われてました。

17時半頃、Sさんが、激渋のサビキを買いに来られて、
「今日は、大波になって、寒かったです。
この前は、(笠岡沖の)?島沖が良かったから、今日も、同じ場所に行ったら、
メバルが3匹、カサゴが2匹釣れただけでした。
風裏のポイントだったけど、今日みたいに吹いたら、全く釣りにならないですよ。
一昨日は、(下津井沖の)?の所で、鯛がたくさん釣れたみたいですね。
昨日聞いたから、一昨日の事ですよ。
今日は、(私の知り合いの)〇さんと〇さんが、下津井沖にタイサビキに行ってたけど、
天気が悪くて、早く帰ってたですよ。
ちょっと釣りにならなかっただろうなあ。」
などと、Sさんは言われてました。

18時頃、北木島のTさんが、里見チョクリを買いに来られて、
「今日は、この位(20㎝ちょっと位?)の鯛が7つ釣れました。
小さい鯛ばかりで、大きいのが1匹もいなかったです。
今日は、カタクチイワシの大大群が入っていてたです。」
私 「去年の年末頃から、私は、笠岡沖で、カタクチイワシの大群を一度も見た事がなかったですが、
今日は、そんなにイワシがいたのですね。」
Tさん 「カタクチイワシがいっぱいおるので、カモメやカモまでも、たくさんおったよ。」
などと、Tさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月26日)
朝一番で、広島市のUさんより、新里見メバル6本針 5号ー0・6号の
代引きの電話注文を頂きまして、Uさん、大変ありがとうございます。
「昨日は、5人でメバル釣りに行きました。
最初は、みんな、Nサビキで釣ってたんですが、メバルが思ったようには釣れなかったので、
激渋のサビキに、変えてみたら、それからはみんなメバルが入れ食い状態になりました。
激渋のサビキの噂は聞いてたので、2本づつ位は持ってたのですが、
本当に激渋のサビキは、メバルが、おもしろいように釣れますね。
みんなの分の注文も聞いてますから、よろしくお願いいたします。」
などと、Uさんは言われてました。(昼間の船釣りです。)

9時半頃、愛媛県新居浜市のNさんより、新里見メバル6本針 5号ー0・6号の

代引きの電話注文を頂きまして、Nさん、何時も大変ありがとうございます。
「今年は、こちらの方は、メバルが、すごい事になっていて、何時もクーラー山盛りで釣れてます。
良いポイントに入ると、メバルが、5連、6連などでも上がってきます。
それも毎日ですよ。
昨日も、28㎝位の大きなメバルが3連でも上がりました。」
私 「大きなメバルが3連で付いたら、0・6のハリスが切れないですか?」
Nさん 「柔らかめの竿で、ゆっくりやり取りしたら大丈夫です。」
私 「新居浜の沖の方で釣れてるんですか?」
Nさん 「いろいろなポイントで釣れてますが、船で、3、40分位走った所です。
今年は、本当に、すごいですよ。」
などと、Nさんは言われてました。(昼間の船釣りです。)


10時頃に、愛媛県松山市のSさんより、緑白タイプや、いつでもタイプ 6本針 5号ー0・8号の
代引きの電話注文を頂きまして、Sさん、何時も大変ありがとうございます。
Sさんは、本当は、里見サビキ鳴門タイプの6本仕掛けも、ご希望になれてたですが、
ただ今、完売になってて、誠に申し訳ございませんでした。
8本仕掛けなら有りますよ・・と、お勧めさせて頂きましたが、8本は少し長いからと、お断り頂いたです。

「今年は、こちらの方は、メバルが湧いていて、いっぱい釣れています。
こんなに釣れるのは、4年ぶり位かな。
昨日も、昼過ぎまで釣って、20㎝~30㎝位のメバルが60匹ほど釣れました。
小さいメバルは全部放流するんだけど、小さいのも数に入れたら、毎回、メバルが100匹以上は釣れています。
正月明けの1月6日は、キープサイズのメバルが120匹位、その次の週が80匹ほど、
その次の週は違う船で行ったのもあるけど60匹位釣れました。」
などと、Sさんは言われてました。(昼間の船釣りです。)


10時すぎ頃、激渋タイプ赤黒 8本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「昨日は、メバルが、すごかったですよ。
この位のメバルが50匹ほど釣れました。・・・
ナス型の3号のオモリは、何処にありますか?」
私 「お客様、私は、てっきり、船からの釣りだと思ってましたが、しまなみか、どこかの方で釣られたのですか?」
お客様 「いいえ、私は、〇〇に住んでいて、何時も、近くの、灯りの点いている波止で釣っています。
私は、6・3mの竿で釣ってますが、竿下で、水深が、ちょうど竿2本分位(12m位??)あります。
みんなメバリング釣りをしているけど、私だけは、激渋の6本仕掛けで、サビキ釣りをしてるんですよ。
夜になると、メバルが、灯りに集まってくるので、サビキ釣りの方が良く釣れるんですけどね。
(夕方の)5時には、場所取りに行かないと、他の人に、一番良い場所を取られますからね。」
私 「お客さん、これは8本針ですけど、良いのですか?」
お客様 「今度は、8本針で、やってみようと思います。
もしも、長いようでしたら、2本切って、6本仕掛けで使いますよ。」
などと、お客様は言われてました。(岸からの半夜釣りです。)


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(2月25日)
10時半頃、通称・神島の名人さんが、チヌの集魚剤を買いに来られたので、
私 「?の所は、チヌが幾らか釣れていますか?」
お客様 「?の所も行ってますが、最近は、(沼隈町の方の)?に通っていますよ。」
私 「?では、チヌが、2、3匹位釣れてるんですか?」
お客様 「?に行くと、何時もチヌが4、5枚位釣れていて、一番多かった時は7枚釣れました。
釣れたらチヌのの型が良くて、40㎝位~52㎝までのが食っていますよ。
ここは、コブダイも多いんです。
コブダイが掛かったら、困りますよ。」
などと、お客様は言われてました。(昼間のフカセ釣りです。)

16時頃、青虫を買いに来られたお客様は、
「先週、(三洋汽船さんに乗られて)〇〇島に行った時は、最初、アナゴが釣れて、カサゴが釣れて、タイゴが釣れたから、
今日は、よっし、釣れるぞ・・・と、思ったら、それっきりでした。
夜の8時になっても釣れないから、もう、あきらめて、最後に、新里見メバルのサビキを出してみると、
20㎝級のメバルが、たて続けに、5匹連続で釣れました。
久々、大きいのを掛けたので、引きが強くて、最初は、セイゴが来たのかと思ったですよ。
6匹目もすぐに釣れるかな・・と、思ったですが、潮が終わってしまったようで、
しばらく釣ってみたけど、それからは釣れなかったから、寝袋の中に入って、朝まで寝ました。
もう少し早く、サビキ仕掛けを出してたら良かったですね。
その前は、しまなみの方に釣りに行ったら、良型のカサゴがドシドシ釣れたです。
ここは、人がやってないだろうな・・と、思って、竿を出してみたのですが、
やっぱり、人が入ってない場所では、大きいのが残っていますね。」
などと、お客様は言われてました。(岸からの夜釣りです。)

ここ最近、笠岡沖の鯛の話が聞けないですね。
今日は、9時半頃には、六島の風速が、風弱く・・に、なっていて、ベタ凪だったので、
10時頃から、嫁さんに店番を頼んで、2、3時間勝負位で、よっぽどタイサビキ釣りに行こうかな・・っと思ったんですが、
やっぱり仕事をする事にしました。
ここ最近は、風が吹くか、雨が降るかの、どっちかの天気で、本当のベタ凪の天気は、なかなか無いですよね。
私には、鯛が釣れるのか釣れないのか、はっきりと状況が解っていないです。
船も少ないようですし、鯛釣り自体に行かれてる方も少ない事でしょう。
もう、2月の終わりですよ。
例年なら、今頃は、鯛がバンバン釣れてる頃でしょうが、今年は、いったい、どうなってるのでしょうか。
笠岡沖・三崎沖などで、鯛が一年で一番良く釣れる時期は、やっぱり、今頃から3月終わり頃まで、でしょう。
魚探には、鯛もベイトも、いっぱい映ってるから、海の中に、鯛は、たくさんいるはずです。
あれだけ釣れていた鯛が、突然、消えてしまう事もないでしょうし・・・

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月24日)
10時半頃、Sさんが買い物に来られて、
「この前、何時も使わせて頂いてる、しまなみの方の遊漁船さんで、松山沖の方に釣りに行ったら、
私は、メバルが90匹ほど釣れました。
20㎝を超えるようなのが、30匹に少し足りない位じゃったかなあ。
一番大きなメバルは、27㎝でした。
水深が、少し深い所で釣ったかから、小さいのが釣れて、海に逃がしても、水面をプカプカ浮いてるだけで、
底の方に、よう潜らんな。
トンビが船の上の方を舞ってて、逃がしたメバルは、トンビの餌食になるだけです。
水温が高い時は、こっち(しまなみ沖)の方でメバルが釣れるけど、
水温が低くなると食いが落ちるから、この時期は、松山沖の方まで走らんといけないです。」
などと、Sさんは言われてました。

Sさん、何時も大変ありがとうございます。


(2月23日)
15時半頃、いろいろな釣りのお上手なYさんが買い物に来られました。
Yさんは、携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして、
「この前は、山陰にジギング釣りに行ったら、90㎝のヒラマサが釣れました。
この位(5、60㎝位?)の小さいヒラマは、数が釣れたのですが、これは、りっぱな大きさでした。
友達は、138㎝の大ブリを釣られたです。
こんなに大きいのは、めったに釣れないんですが、多分、回遊のじゃなくて、そこに居着きのブリだったと思いますよ。」
私 「ヒラマサとブリと簡単に見分ける方法はあるのですか?」
Yさん 「この前、私も船長さんに聞いてみたのですが、ヒラマサは、黄色の横の線が、むねヒレの所にかかっていて、
ブリは、むねビレと黄色の線が、少しずれているので、簡単に解ります。
この写真でも、ヒラマサは、むねビレの所に黄色の横線が掛かっているし、
このブリは、むねビレよりも、少し上の方に黄色の横の線があるでしょ。
一部、例外もあるのかもしれないけど、だいたい、それで解るようですよ。」
私 「エラの角が丸くなってたり、角ばったりしてるのが違うとか聞いた事はあるけど、
私は、今まで、ヒラマサとブリの違いは、よく解ってなかったです。
この写真で見ると、確かに線の位置が違ってるから、今度からは解ると思います。
Yさん、勉強になりました。 ありがとうございます。」
などと、Yさんに教えて頂きました。

16時半頃、広島のMさんより、激渋タイプ 赤黒と、緑オレンジの、6号ー1号 の、代引きの電話注文を頂きまして、
Mさん、何時も大変ありがとうございます。
「今日も釣りに出てたのですが、この激渋のサビキに、30㎝位のチダイやメバルが良く釣れました。
30㎝位のチダイが、2連、3連で掛かるんですが、0・8号のサビキじゃあ、どうしても切られてしまいます。
1匹だけなら0・8のハリスでも取り込めるけど、連で掛かると、下で暴れた時に、どうしても切れてしまいますね。
去年の災害の前から、ずっとチダイが釣れています。
一番大きくても50㎝位までですが、鯛も釣れますよ。
私は、タイサビキよりも、激渋のサビキで釣った方が、鯛やチダイなどが良く釣れると思います。」
などと、Mさんは、言われてました。

17時前に、釣りの帰りに、2人連れのお客様が、激渋タイプ 緑・オレンジ 6本針 5号ー0・8号 などを買いに来られて、
「今日は、笠岡渡船さんで釣りに行ったら、メバルが良く釣れたですよ。
私は、メバルが40匹ちょっと位、釣れたと思います。
今日は、この緑色の皮に、良く食い付いてくれたです。」
などと、お客様は言われてました。。

18時半頃、広島のFさんより、里見タイサビキ 黄色バージョウン ハリス20㎝の代引きの電話注文を頂きまして、
Fさん、何時も大変ありがとうございます。
「黄色バージョウンのタイサビキで、鯛が良く釣れましたよ。
友達に、あげたりしたので、少なくなりました。
送ってください。」
などと、Fさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月22日)
15時半頃、広島の方から、新里見メバル6本針 5号ー0・6号と、0・8号を買いに来られたお客様は、
「この前、このサビキが良かったんよ。
他のサビキは、まだ、もう少し残ってるんですが、新里見メバルだけ無くなったので買いに来ました。
広島の鹿島の船で、昼間行ったら、7人で、メバルが1000匹ほど釣れました。
後からが大変で、どがんするんなら・・って感じでした。
小料理屋さんに、300匹ほど持って行ったけど、後は、いらない・・と、断られたです。
もう少しすると、大きなメバルになるので、0・6じゃあ、しんどいかなあ。」
などと、お客様は、言われてました。

お客様、大変ありがとうございます。


(2月21日)→本日は、店は開いていません。
今日の私の釣りは、完全にハズレました。
35㎝位の鯛が1匹釣れて、バラシた鯛が1匹です。
当然、写真は写していません。
朝、ゆっくりと出かけて、9時半に釣り場に到着する。
昨日の天気予報の予報では、朝10時頃まで風が残って、その後は、ベタ凪になるような予想だった。
ところが、全くの反対で、朝がベタ凪状態で、10時半頃から風が出だして、
11時前には、東の風が、かなり吹き出して、それから後は、竿を出してただけで、全く釣りにならなかったです。
店に帰って調べてみると、東北東の風が、7m、8mも吹いてたようです。
東が、これだけ吹いたら、笠岡沖の釣り場は、どうしようもないですネ。
こんな天気になるんだったら、朝早くから来てたのに・・・
今日は、2か所目で、少しネバってしまったのが敗着で、迷わずに、潮の良かった真鍋島沖に行っとけば良かったです。
真鍋島沖に着いた時は、まだ潮が残ってるかな・・・と、思ったけど、ちょうど地合いが終わってました。
ここの場所は、5号満ちの時が一番良い潮で、今までにも鯛が一番良く釣れた実績があったのは解ってたんですがね。
真鍋島沖は、さっさと諦めて、
一番良い潮の7号満ち位になったので、〇〇岩に行ったら、ベイトも鯛も、魚探いっぱいに映ってたです。
だけど、〇〇岩の所は、北東の風が少しでも吹くと、大波になって、全く釣りが出来ないです。
来るのが遅かったです。
もうこの時間には、大波になっていて、釣りをするとかしないとかの問題ではなくて、危ないから、1回流しただけで止めました。
最後に、もう一か所行くだけ行ってみたけど、もう、この状態では、釣りが出来ません。
それでも、もしかしたら、風が止まないかなあ・・・と、少し頑張ってみたけど、竿を出してるだけで、
もう、これ以上、時間待ちも出来ないから、納竿しました。
来週、来週。 どうか来週の木曜日は、好天でありますように。


(2月20日)
14時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「メバル釣れてますか?」
私 「遊漁船に乗られて西の方に行かれてる方は、良く釣れてたお話も聞きますよ。」
お客様 「岸からは、どうですか?」
私 「岸から行かれてる人は少ないと思います。
笠岡から渡船に乗られて、?島に行かれたお客様は、シラサエビのエサで、メバルがたくさん釣れたようには、
確か3、4日位前に聞きました。
最近、天気が悪い日が多かったので、メバル釣りに行く人自体が少なくて、
釣れたとも、釣れなかったとも、情報があまり入ってないです。」
お客様 「私は、昨日、しまなみの島に、半夜釣りに行ったら、
18㎝~20㎝までの、キープサイズのメバルが10匹釣れました。
それより小さなメバルも釣れたけど、全部、放流したから、数には入っていません。
メバリングの道具で釣りましたが、ワームの代りに、針の所に、砂虫を付けて投げたです。
もう、手前の方は、みんなが投げて、大きなメバルを、かなり抜かれているから、私は、遠投して釣ります。
ワーム用の飛ばしウキを付けて釣っても遠投出来るのですが、潮の流れの速い場所では、すぐに流されてしまうから、
私は、ウキの代りに、オモリを付けて釣っています。
オモリを付けると、潮の流れてる場所では、流されにくい利点はあるけど、
オモリが2か所にある為、もつれ易い欠点もあります。
釣り場によって、いろいろと、仕掛けを変えてみたりして釣っていますよ。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございます。

さあ、明日は、鯛釣りに行ってきます。
最近、天気の悪い日が続いたりして、タイサビキをする人自体が少なくて、笠岡沖の詳し情報は何も入ってないです。
水温も低かったので、少し厳しい時期であったのは確かでしょう。
だけど、もう、2月の後半ですよ。
例年通りなら、ボツボツ、鯛が良く釣れだす頃ですよね。
明日は、朝一は、少し風が残ってるかもしれないけど、昼前からは、本当のベタ凪になると、私は予想しています。
朝一の干潮が、マイナス潮で、かなりひいているから、明日は、ゆっくりと出かけて、正午すぎまで釣る予定です。
本気で釣るのなら、自分の得意としてる場所の潮は、昼前からが一番良い潮でしょうから、
それからの1時間か2時間勝負で、鯛が何匹釣れるかどうかでしょうかね。
それまでは、釣果は二の次で、いろいろな場所に、勉強で、偵察に行ってみて、
笠岡沖の、今現在の状況を、自分自身で、調べてみたいなあ・・・とは、思っています。


(2月19日)
16時過ぎに、フッシング・ティーズさんの高田船長が、タイサビキを買いに来られました。
私 「今日は、雨が降ったけど、出られたのですか?」
高田船長 「今日は、ヒラメで行きましたが、良く釣れましたよ。
みなさんヒラメを釣られて、トップの人は、60㎝位のを頭に、ヒラメを5枚釣られたです。
型もそろっていて、50㎝~60㎝位のが多かったですよ。
朝一に行った場所では、さっぱり釣れなかったので、内心、少しあわてたです。
次に変わった場所が大当たりして、助かりました。
やっぱり、潮の加減かなあ。
ここ最近、水温が下がってたので、鯛の方は、あまり良くなかったですが、
これから、水温が上がってくるので、いよいよ、タイサビキの一番良い時期になりますね。」
などと、高田さんは言われてました。

名前 瀬戸内遊漁船 Fishing T's
住所 岡山県 笠岡市大島中1839-5 正頭漁港桟橋より出船
駐車場所 大島漁協前にお停めください(黄色枠駐車禁止の駐車はご遠慮ください)
船長電話番号(直通) 070-7560-7561
電話受付時間 9:00~20:00

(2月18日)
16時頃、遊潮丸の高橋船長が、メバルのサビキを買いに来られたので、
高橋さん 「今日みたいな日は、海の上に、おらないといけないんですがね。」
私 「最近、雨が降るか、風が吹くかの、どちらかですからね。」
高橋さん 「店長、鯛釣りに行ってるの?」
私 「先週は、波の予想が50㎝でしたが、大波になって、すぐに帰ってきたです。
ベイトも鯛も浮いてるけど、あんなに吹いたんじゃあ釣りにならないですよ。
天気さえ良かったら、鯛を釣る自信だけは有るんですがね。
(メバルのサビキを買いに来られたので)高橋さん、メバルは釣れてんですか?」
高橋さん 「最近、メバルは、ボツボツ釣れていますよ。 良型のメバルも混ざりますね。
ごく一部ののお客様なんですが、メバルは、底を釣ると良く釣れるって思われてる方もおられます。
底を釣れば、根掛かりするだけなんですが。
メバルが浮いてる時は、上の方を釣られた方が良いのですけどね。・・・・・
天気が安定してきたら、これから、もっと食いだすと思います。」
私 「今朝、岡山県地先予報さんで、水温予想を見てみると、
この週末頃にかけて、水温が少し上昇するようになってたですよ。(下記の表の通り)」
高橋さん 「やっと底を打ったのかな。 これから水温が上がって来ると楽しみですね。」
などと、高橋さんとお話しました。

高橋さん、何時も大変ありがとうございます。

なお、釣船などの詳しい事は、遊潮丸さんまで、お問合せくださいいませ。


遊潮丸
(福山市内海町横田港より出船)
お気軽にメール・電話ください
TEL 090-7779-2473
電話は21時頃までにお願いします。

岡山県地先予報


2019/2/18 更新
水温予報(日平均水温)
予報対象地 岡山県:牛窓(2.0m)
昨日の水温結果 2/17 (日)実測値 9.1℃
2/17 (日)予報値 9.0℃
今後の推移予報 2/18 (月) 9.0℃
2/19 (火) 9.2℃
2/20 (水) 9.3℃
2/21 (木) 9.4℃
2/22 (金) 9.4℃
2/23 (土) 9.3℃
2/24 (日) 9.3℃
2/25 (月) 9.3℃

(2月17日)
9時半頃、メバルのサビキを買いに来られたお客様は、
「この前、ひで丸さんで、初めてメバル釣りに行ったら、たくさん釣れたんですよ。
最初は、仕掛けを落とすたびに根掛かりして、仕掛けとオモリをいっぱい取られたから、
もう二度と、メバル釣りは止めようと思いました。
1時間半位すると、だいぶ解ってきて、それからはメバルが釣れるようになりました。
店長さん、6本針仕掛けと8本針仕掛けは、どちらが良く釣れるのですか?」
私 「それは、針が2本多く付いていますから、8本仕掛けの方が良く釣れるはずです。
また、6本と8本では、針の数が2本多いか少ないかだけの問題じゃあなくて、
8本針仕掛けは、たとえ、上の2本が釣れなくても、その針が、マキエの効果になっています。
6本針で一番上側の針が釣れない場合でも、8本針の上から3本目の同じ針には、
同じ条件ならば、メバルが釣れる可能性が、大変高いと、私は思っていますよ。
だけど、メバルや鯛などのサビキ釣りに一番肝心なのは、普通に仕掛けを上げれて、
船長さんの合図で、トラブル無く、普通に仕掛けを普通に落とせなければ、全く、話にならないです。
頭の中では解っていても、中々、普通の事が出来ないんですよ。
仕掛けが長すぎて、トラブルが多く発生する可能性が高いのならば、その人、それぞれの技量に合った、
短めの仕掛けで釣られる方が、よろしいんじゃないでしょうかネ。」
お客様 「私は、中通しの竿で釣っています。
仕掛けの上に、シモリ玉を付けた方が良いのですか?」
私 「シマリ玉を付けて良い点は、2つあると思えます。
仕掛けの一番上側のサルカンよりも、糸を巻きすぎてしまうと、竿先が折れてしまうから、
玉を入れてたら、それ以上巻いたらいけないのが、一目で解ります。
また、重ためのシモリ玉などを入れておけば、船が移動する時に、仕掛けが、からみにくくなるかもしれません。
だけど、私は、仕掛けは、出来るだけシンプルなのが一番だと思ってますから、シモリ玉は付けていません。
私もお客様と同じように、メバル釣りの時は、3mの中通しの竿で釣っています。
私は、0・8号のPEラインの先に、3号のナイロン糸を1ヒロ程度(約2m位)じか結びをして、
その先に仕掛けのサルカンを結びます。
勿論、カウンター付きのベイトリールなので、デジタル表示は出るけど、
PEとナイロンの結び目の所まで巻き上げると、竿先に、結び目の所が、カチッと当たるから、それで判断出来ます。
3号のナイロン糸を、1ヒロ程度付けていたら、大きなメバルを掛けた時に、糸が少しでも伸びる事でしょうから、
ハリス切れの可能性が、少しでも低くなるでしょうし、
PEラインに直に仕掛けを結ぶと、メバルがPEラインを恐れて、上の方の針に食い付く確率が低くなるんじゃないでしょうか。
PEの先に、3号のナイロン糸が2mもあれば、PEと仕掛けとの間が、だいぶ離れてるから、
メバルが浮いている時には、8本仕掛けの一番目、2番目の上の針にも、結構、メバルが良く釣れますよ。
また、リールのドラグを少し緩めに調整してたら、巻き過ぎても、私の竿に限っては、竿先が折れた事は無いです。
3mの竿で、メバル釣りをすると、6本仕掛けまでなら、普通に釣ってても、特別問題ないですが、
8本仕掛けでは、どうしても、2本分だけ使いにくくて、だから、磁石に針を5本付けて釣っています。
竿先の方まで仕掛けを巻くと、一番上側の針が竿にからまるから、竿先から、サルカンまでを、少し長めにして移動してます。
自分は、このやり方が一番良いように思ってますが、
みなさん、人それぞれに、自分の一番良いやり方を見つけられて、何時でも、自分が思った時に、トラブルなく、
あたりまえに、仕掛けをすぐに、海の中に入れれるようなやり方を見つけられたらと思います。」
などと、お客様とお話しました。
お客様、メバル釣りは、前回が初めての釣りだったそうですから、本当に、いろいろと解らないとがあるでしょうから、
自分の知ってる限りの事を、少しばかりお話させて頂きました。
何か少しでも参考になれば、ありがたいですネ。

10時過ぎに、常連のお客様が、メバルサビキを買いに来られて、
「先週は、良型のメバルが51匹釣れました。
ほとんどが20㎝以上のメバルで、一番大きかったのは27㎝でした。
20㎝よりも小さなメバルは7匹いました。」
私 「それは型が良かったですね。」
お客様 「不思議な事に、船の場所によって、大きさが違ってたんですよ。
私は、船の一番先で釣ったら大きいメバルが釣れたけど、後ろに座ってた人は、小さいメバルが多かったです。
後ろで釣った人たちが釣ったメバルが、上げる途中で、食べてるのを吐くから、
それがマキエになって、それで、先で釣ってた人たちには、大きめのメバルが釣れたんじゃあないか。
また、根の荒い漁礁は、船の先の方から流したから、最初に大きいのが食い付いて、
後ろの人たちには、残ってた小さなメバルが釣れたのではないかと、後から、船長さんが話されてたです。
もっとも、小さなメバルが釣れたら、他の人のクーラーの中に、入れたりもしたんですけどね。
小さいのも数えると、多分、80匹位釣れてたと思います。・・・
里見サビキ、大阪の人も、知っていたですよ。
大阪の見本市に行った時、最初は、オーナーさんの担当の人と、新しく出るタチウオのテンヤの話から始まって、
話していると、途中から、大阪の人が加わって、3人で話をいたしました。
2人とも、里見サビキを知ってましたね。
大阪の方は、メバルが本当に釣れないみたいです。
遊漁船で釣りに行っても、1人、10匹釣れないそうで、30匹位釣りたいのなら、和歌山県の方まで行かないといけないそうです。
最も、船の大きさが大きくて、一船で、20人とか30人位乗る船もあるようです。
多くの人が乗って釣るから、それで、一人あたりの匹数が少ないのも有るようです。
こちらの方は、メバルがたくさん釣れるから、うらやましがられたです。
大阪の方は、いまだに、タチウオが良く釣れてるみたいですね。
見本市の前の週だから、1月の終わりにタチウオ釣りに行かれたら、
一船で、30人で、タチウオが2000本位上がったようです。
指2本半がレギラーサイズで、3本位のも混ざって、時々、指4本や5本のも釣れる事もあるみたいですね。
例年なら、大阪沖も、こんなにタチウオが釣れる事はなくて、
普通は、今時期なら、太平洋の方に、多くのタチは帰っていくはずですけど。
あんなに釣ってたら、タチウオが、おらんようになりますよ。」
などと、お客様は言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(2月16日)
今日は、せっかくの土曜日でしたが、風が吹いて、天気が悪すぎたです。
店の方も、忙しくは無かったですね。
お客様から、釣り情報を何も聞けなかったです。
もしも、先ほど見た天気予報の予想が当たれば、明日は、岡山県では、風が、ほとんど吹かないようになってましたが、
当たるか当たらないかは解りません。
明日の朝一の、最新の天気予報をご覧になられて、最終決定は、みなさま方で、してくださいネ。
すみませんが、次回の釣り情報を、お楽しみにしてくださいませ。


(2月15日)
13時頃、2人連れのお客様が買い物に来られて、
「今日は、呉から買い物に来ました。
この前、福山の方の6人連れの人たちが釣りに来て、お宅のサビキで、メバルをたくさん釣ったので、
ドライブがてたに、サビキを買いに来たです。・・・・・
(相棒さんに)私は、もう買い物が終わったから、外で、タバコを吸って、一服してるよ。」
しばらくして、相棒さんが、買い物を終えたので、レジの所で、
私 「向こうの方は、メバルが幾らか釣れてるんですか?」
相棒さん 「この前の大潮の時までは良かったね。
釣り場にもよるけど、手の平位のメバルが、1人50匹位釣れましたよ。
小潮になってから、海水が澄んできて釣れんようになったな。
毎年、2月には、時々ある事ですがね。
じゃから、(澄んでる時には)ハリスが0・6号で釣らんといけんが。
また、潮が大きくなると、メバルが食いだすと思うよ。
2、3日前に、いかなごの冷凍のエサで、カサゴを狙ったら、大きなのが、1人 2、30匹 みんな釣れたです。
カサゴも根が荒くて、人が、やらないような所で釣ると、大きいのが釣れるね。」
などと、お客様は言われてました。

お客さま、大変ありがとうございます。


(2月14日)→本日は、店は開いていません。
今日は、釣りに行くには行ってみたけど、笠岡沖の天敵の風、北東の風が吹いて、全く釣りにならなかったです。
朝、6時45分、港を出港する。
全くのベタ凪で、全速力、時速47・5キロで、白石島沖まで走れた。
北木島沖を通る頃には、多少の波も出始めて、時速35キロ位にスピードを落とす。
これなら、まだまだ、十分、釣りになるだろう・・・と、走ってたが、釣り場に到着して、仕掛けを作り終え、
魚探のスイッチを入れて、さあ、これから釣り始めようかな・・・と、思ってたら、突然、白波になった。
大波になる。
魚影が映ってるけど、船が流されて、どがんもならん・・の一言。
それでも、もしかしたら、波が治まるかも・・・と、期待して、しばらく辛抱してたけど、ウサギ(白波)が、一面に飛んでいる。
これ以上、波が大きくなると、危なくなるかもしれないので、10回ちょっと位、船を流した所で、諦めた。
この風が吹き出したら、笠岡沖は、もう、鯛が釣れるポイントは、(自分が知ってる限りでは)無いだろう。
最後に、白石島の西側の方の沈み岩に行くだけ行ってみた。
ここは、白石島の影に、多少は、なってるんだろう、釣りが全く出来なくはない。
魚探を点けてみると、ベイトも鯛も、かなり浮いている。
(ベイトだけの反応だけが、幾らたくさん出てても良い反応とは言えないけど、
鯛がベイトを追いかけまわして、中層位までベイトが散らばってる反応が出れば、入れ食いになる可能性が有ります。)
これなら、きっと鯛が入れ食いになるだろう・・・と、思ってたけど、ここも船が流されて釣りにならなかった。
幾ら魚探に良い反応が出ても、仕掛けを落としている間に、ポイントを通りすぎたり、反応が悪くなったりもした。
ポイントに戻そうと、ギアをバックに入れて、船を移動させようとすれば、
バックに入れた瞬間に、その付近の魚影が、広範囲に、全部消えてしまう。
やっぱり、ドテラ流しで釣れるような天気じゃないと、鯛は、(数が)釣れないんだなあ・・・と、改めて思った。
一向に風が治まりそうにないから、早々と納竿した。
幾ら、笠岡沖は、北東の風が吹くと、予想以上に波が出るのは解ってはいますけど、
天気予報さん、今日の波で、0・5m と、言う事は、ありえないと思うんですけどね。
さっさと帰って来たので、これから風呂に入って、疲れを取ってきます。
まあ、こんな事もありますよ。


(2月13日)
11時過ぎに、里見サビキ・鳴門タイプ 6本針 6号ー1号 を、買いに来られたお客様は、
「昨日の夜釣りで、(しまなみの)?島に釣りに行ってきたばかりです。
今年は、水温が高いせいか、藻が多くて、針に掛かっていけんなあ。
例年なら、今は、藻が、そんなにはえてないはずで、3月に入ってから多くなるはずですがね。」
私 「幾らか釣れましたか?」
お客様 「一番大きなメバルは26㎝で、22㎝より大きなメバルが6匹いたです。
みんなメバリング釣りをしているけど、メバリングは、水面ばかり引っ張るから、大きなメバルが釣れんがあ。
私は、波止から、このサビキで、底の方を釣るから、大きなメバルも釣れますよ。」
などと、お客様は言われてました。

今日は、午前中は、本当のベタ凪になって、最高の釣り日よりでした。
天気予報の明日の波の予想は、50㎝になってましたが、多分、少し風が出ると、私は思っています。
海に出ないと何もする事も無いから、一応、天気が良くとも悪くても、釣りに行ってみようかな。
だけど、自分が得意とする潮ではないです。
明日は長潮で、満干の潮位の差が少なくて、普通に考えたならば、多分、ほとんど潮が流れないでしょうし、
笠岡港の満潮の時間が、朝の、5時45分ですから、
ちょうど、釣り場に着いたら、一番良い潮が終わっていて、潮止まりになってるかな。(???)
(満潮から下げ潮に変わってからが、激流が流れ始めて、それが緩む時が、私は、一番、鯛が良く釣れた実績が有ります。
また、笠岡沖の、例えば、北木島とか、その近隣の島々では、潮見表の満潮・干潮の時間よりも、実際は、
潮が返す時間が、1時間とか1時間半程度、早い事が多いです。
だから、明日の場合だと、実際の満潮時間は、4時30分前後で、下げ潮が流れ始める可能性が高いと考えられます。
だけど、実際は、その日に、海に出てみないと解らないんですけどネ。
みなさまも経験された事が有る事でしょうが、大潮の時に潮が全く流れなかったり、潮が小さいのに、ガンガン流れたりしたり、
天気とか気圧配置とか、何が原因なのかは解らないけど、海には、常識はずれの事が、いろいろと起こりますから。)
明日は、3週間ぶりの釣りです。
ここ最近の実際の現状が解ってないですが、かなり厳しい釣りになるかもしれないです。
一人だけの釣りなので、釣果は二の次で、のんびりと遊んできたいですネ。


(2月12日)
10時半頃、Mさんが、ヒラメの仕掛けを買いに来られて、
「先週は、〇さんの船で、下津井沖の方に釣りに行きました。
朝は、ヒラメを狙って、途中、潮が良くなったので、タイサビキ釣りに行ったけど、あまり釣れなかったので、
もう一度、ヒラメを狙ったら、4人とも、全員、ヒラメの顔を見る事が出来たです。
鯛は、良い反応だけは出てたんですよ。
底から、18m位上まで、ベイトや鯛が浮いてたですが、この日は、食い気が少なかったなあ。
何かの加減で、スイッチが入ったら、バタバタッと釣れそうな感じだったんですけど。
最近、ヒラメ釣りの人が増えたですね。」
などと、Mさんは言われてました。

14時頃、何時も、海の上などでもお会いして、いろいろ教えて頂いたり、情報交換などさせて頂いてるお客様が、
タイサビキを買いに来られて、
「最近、三崎沖に何回か通ってますが、何時も、鯛が、4匹~6匹位づつ、釣れています。
特に、地合いでない時は、魚探の反応が良い時もあるんですけど、中々、簡単には食ってくれない時もあります。
場所にもよるのですが、毎年のように、1月の終わり頃から2月の頭頃までは、往々にして、少し一服する時期ですからね。
もう、ボツボツ、これから、2月の中旬頃からは、鯛の食いが、良くなってくると思いますよ。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます.


(2月11日)
今朝、起きて、外を見ると、真っ白な雪景色になってました。
岡山県南部で、こんなに雪が積もる事は、めったに無い事です。
里見釣り具の外の雪景色も、15時頃には、雪がほとんど溶けて、通常の景色に戻りました。
せっかくの、この3連休は、雪に、雨に、風も吹いたりして、天気が悪かったですね。
釣りに行けなかった・・・と、言われたお客様も多かったです。

10時頃、Hさんが、メバルのサビキを買いに来られて、
「昨日は、背の高い漁礁を釣ったので、サビキを、いっぱい取られました。
魚探には、メバルがたくさん映ってたですが、船が流れたら、どうしても仕掛けが切れますよね。
こんな場所だから、釣れたら、メバルの型は良かったですよ。
(携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして)
大きいじゃろ。
4人で行ったんだけど、私は、(メバルが)31匹釣れました。 仕掛けも使ったけどな。」
私 「何処の方に行かれたのですか?」
Hさん 「しまなみの橋の方まで走ったよ。」
などと、Hさんは言われてました。

15時半頃、メバルのサビキを買いに来られたお客様は、
「(一昨日の)土曜日は、オーフリーさんで行ったら、メバルが良く釣れたよ。
みんな、6、70匹位、釣ってたんじゃないかな。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月10日)
10時頃、Hさんが買い物に来られました。
Hさんは、フカセ釣りが大変上手な方なんですが、最近は、キスやカレイの投げ釣りに、はまられてるようです。
「昨日、(田島・横島方面に投げ釣りに行かれたら)1時間位釣った所で、雨が降り出したので急いで止めて帰りました。
これから良い地合いになる所だったんですがね。
昨日は、キスが2匹釣れて、カレイも1匹掛かったんですが、目の前で針ハズレして逃げられたです。
この前は、友達の船で、サビキ釣りに行ったら、4人でメバルが100匹位釣れたです。
そんなに大きいのは釣れんかったんよ。
口の中に、白アミを、いっぱい、ほうばってたです。」
私 「それは、どちらの方に行かれたのですか?」
Hさん 「大三島よりも向こうの方です。
友達が、この激渋のサビキを持ってきていて、仕掛けを引き抜いたら、道糸の所と、針の所の2か所が切れた・・と、言いました。
普通は、縦の糸の、1・5号のラインが切れる訳が無いけど、早く釣りたいから、
急いで、無理やり、力まかせせに、引き抜いたようです。
私が、丁寧に、仕掛けを出してあげて釣ったら、その後は、何も問題なかったですよ。
1月頃、(福山かどこかの方の)船を泊めてるマリーナさんの所で、白アミが、いっぱいいて、
チヌが、アミを、追いかけ回していたです。
何匹と言う単位じゃなくて、多分、100匹以上、いたんじゃないかなあ。
最初は、スズキかハネかと思ったんですが、よくよく見ると、チヌだったので、ビックリしたです。
ところで、店長、笠岡沖は、メバル、食ってる?」
私 「ここ最近、天気の悪い日が多いので、釣りに行く人自体が少ないと思います。
今、笠岡沖は、メバル釣りをする人より、鯛を狙い人の方が、はるかに多いですしね。」
Hさん 「昔は、笠岡沖も、いかなごが、いっぱいいて、大きなメバルが、たくさん釣れてたけど、
今は、メバルが、おらんようになったのかなあ。」
私 「今は、タイサビキで、鯛が一番良く釣れる時期なので、私は、この時期は、鯛釣りしかしてないけど、
もう3年位前でしたかねえ、6月、7月頃に、笠岡沖で、白アミが異常発生した時に、
大きなメバルが、おもしろいように釣れたんですよ。
(カウンターの所にある、何枚かの、メバルの写真を指さして)
あの時は、24、5㎝位から尺メバルが、8本針の仕掛けに、5匹、6匹、8匹と、付いて上がったりもしたです。
それも、日替わりで、アチコチの場所で釣れたです。
私は、笠岡沖は、もう、大きなメバルがおらないんじゃないかと思ってたけど、そうでも無いのが解りました。
あれから、白アミの異常発生も無いし、笠岡沖で、昔みたいに、いかなごも、おらなくなったので、
メバルは、石の中には、たくさんいるのでしょうが、
エサが少ないから、石から出て来ないだけじゃあないのか、と、私は思っています。
夜炊きが禁止になって、ここ数年は、メバルの乱獲もなくなってるし、
きっと、メバルは、いっぱいおるんだけど、食わないだけなのかな。」
などと、Sさんと、お話ししました。

正午頃、Sさんが買い物に来られて、
「今日は、本当なら、ヒラメ釣りに行ってたかもしれなかったけど、行けなかったです。
何時も使わせて頂いてる、児島の方の船長さんから、昨日は、ヒラメが4人で20匹ほど釣れたので、
釣りに来ないか・・と、電話があったんですがね。
ヒラメは、エサ代が高いから。
イワシは、1匹、250円ですが、2匹や3匹持って行く訳にはいかないし。
高松の方まで買いに行くと、安いようにも聞いてますが、実際、向こうまでは行けないですよね。」
などと、Sさんは言われてました。


18時頃、S君が買い物に来られて、
「昨日、下津井沖の方に釣りに行ったら、ヒラメが10枚釣れました。
アベレイジ・サイズが、40㎝~45㎝位で、50㎝~60㎝ちょっとまでのヒラメは、3匹釣れました。
私は、船は、笠岡に置いていますが、今は、岡山に住んでいます。
岡山のタイムさんで、イワシを買って、こちらまで持ってきました。
イワシのエサで釣ると、普通の時は、イワシは、あまり暴れないけど、ヒラメが近寄ってくると、大きく暴れます。
最初は、竿先が少し曲がるのですが、しばらくすると、大きく竿を持って入るので、その時、合わせを入れます。
(携帯電話に写されてる写真を出されて)これが、昨日、釣れたヒラメです。
イケマの中が、お店屋さんのように、かなり賑やかになったですよ。
昨日は、朝は、少しだけ風があったですが、途中から、本当のベタ凪になって、最高の天気でした。」
などと、Sさんは言われてました。


釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

(2月9日)
今日も、天気が、パッとしなかったですね。
夜明け頃から、午前中にかけては、海の上では、(今時期としては、)風が、あまり吹いてなかったようですが、
通り雨が降ったから、釣りに行かれた人も、そんなに多くは無かった事でしょう。
テレビを見ていたら、北海道の方は、マイナス30何度とか、大変な寒波に襲われてるみたいですが
わが町、里庄地区に限っては、今年は、朝の最低気温がマイナスになる事は、ほとんど無いのです。
例年の今頃なら、普通は、毎朝のように、0度とか、マイナス何度とかになりますけど。
早朝に、桟橋の上が真っ白な霜で覆われ、滑らないように、シャクを取り出して、
桟橋や船の上に、海水を掛けてたような記憶もあります。
やっぱり、今年は、暖冬なのでしょうね。
最近、天気の悪い日が多くて、釣り情報のネタも少ないのは確かなんですけど・・・

13時半頃、Sさんが買い物に来られて、
「この前、買わしてもらったメバルの竿、使いやすかったよ。
昨日は、数は、そんなに多くは出なかったけど、(メバルの)型が良かったです。
尺(30㎝)、近いのも何匹か釣れたです。」
私 「どこの方に行かれたんですか?」
Sさん 「何時もお世話になっている、(しまなみの)大島の遊漁船さんで行きました。」
などと、Sさんは言われてました。

Sさん、何時も大変ありがとうございます。


(2月8日)
17時過ぎに、買い物に来られたお客様は、
「先週、店長が釣りに行った日に、私も、笠岡沖に、鯛釣りに行ってました。
朝は、〇〇島沖に行って釣れなかって、その後、〇島沖に移動したら鯛が1匹釣れました。
〇島沖では、〇さんと偶然、合ったのですが、〇さんは、その時、鯛が3匹釣れてたように言われてました。
後日、〇さんと会ってお聞きしたら、
〇さんは、その後、私が、朝、釣った場所に移動したら、鯛が良く釣れたそうです。
運が無かったですね。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(2月6日)
15時過ぎに、Yさんが、買い物に来られて、
「昨日、〇〇島沖に、(タイサビキ釣りに)行ったら、朝7時15分~8時までの45分間、鯛が入れ食いになって、
この前の店長じゃないけど、45分で鯛が14枚釣れました。
型も良くて、50㎝ちょっとまでの良型の鯛でした。
釣り場に着いたら、カモメがいっぱいいて、多分、イワシが、たくさん浮いてたのだと思います。
8時になったら、カモメがいなくなり、カンカン照りにもなったのが悪かったのか、さっぱり釣れなくなったです。
船の影が、海の中に映るのが悪いのかなあ。
8時から10時までは、放流した、小さな鯛が2匹釣れただけです。
朝一は、今日は、鯛が、100匹位釣れるんじゃあないかと、本気で思いましたよ。
もう、16匹釣ってたから、10時になったら、次の場所に変わって釣る気にもなれなくて、
帰り途で、〇〇の沖の所に見に行ったら、魚探の反応がすごかったです。
仕掛けを落とせば、鯛が、かなり釣れそうだったけど、一応、ルール違反だから、そのまま帰りました。」
などと、Yさんは言われてました。

Yさん、何時も大変ありがとうございます。

今日は、朝から、明日の釣りの準備をして、用意もバッチリ出来てたのですが、
ちょっと用事が入った為、明日は、釣りには行けなくなりました。
海に行けなければ、特別、何もする事がないです。
要件が済んだなら、風呂に入りに行くか、店で時間を潰す位しか、思いあたらないですけど・・・
ちょっと、やらなくればいけない仕事も少しだけ残っています。
もしかしたら、店が開いている時間帯も、少しだけあるかもしれないですネ。
よろしくお願いいたします。


(2月5日)
昼過ぎに、サビキを買いに来られたお客様は、
「この前、来島海峡の方にサビキ釣りに行ったら、メバルが、何時もの三分の一ほどしか釣れなかったです。
どうも、行った日が悪かったみたいで、
船長さんが、今日は、水が澄みすぎてるから、あまり釣れないように話されてました。」
などと、お客様は言われてました。

16時過ぎに、Oさんが、タイサビキを買いに来られて、
「今日は、(北木島の)〇〇〇〇に釣りに行ったら、朝一で、1匹、すぐに鯛が釣れました。
魚探に、ベイトも鯛も、ずっと、いっぱい出ててたので、場所を変わろうにも変われなかったです。
最後に、連れが1匹、鯛を釣られたので、良かったです。
何かの加減で、鯛のスイッチが入ったら、バタバタッと、鯛が釣れそうだったからなあ。
今日は、運が無かったですね。」
などと、〇さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月4日)
11時頃、Sさんが買い物に来られて、
「今日は、一緒に行こうと誘われたけど、風が吹いてたから断ったです。
さっき電話したら、友達は、ヒラメが4匹釣れてるようですよ。
(3日前の)1日の日は、下津井沖まで(タイサビキ釣りに)行ったけど、私は、あまり釣れなかったです。
朝早い時間帯は、鯛が、おもしろいように釣れたそうですが、行くのが遅かったからなあ。」
などと、Sさんは言われてました。
最近、ヒラメ釣りの人が増えてるみたいですね。
イワシのエサが簡単に手に入れば、もっと、ヒラメを狙う人も多くなるのかな。

13時頃、新里見メバル 5本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「(私は)このサビキが、(メバルが)一番良く釣れるね。」
私 「何時も、どこの辺りで釣られてるんですか?」
お客様 「山口(県)の沖の方まで行くよ。
私は、広島だから。
もう、このサビキを使いだして、7、8年になるけど、(お客様は)これ以上、メバルが良く釣れるサビキは無いね。」
私 「夜釣りで行かれるのですか?」
お客様 「いいえ、昼釣りですよ。
めったに、こっちの方に来れんから、少し多めに買っておきます。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月3日)
9時過ぎに、里見サビキ 鳴門タイプ8本仕掛けを、買いに来られたお客様は、
「昨日は、6人で、メバルが、〇百匹ほど釣れました。
?の方のメバルは、おらんようになるで。(笑)
この一番上に付いてる黒色の皮には、大きなメバルが食い付くね。
昨日は、掛け上がりの激しい場所で釣ったから、30号のオモリが2キロ位と、仕掛けも11、2枚使ったです。
仕掛けが切れて、3本とか4本になったら、私は、さらに、新しい仕掛けを結んで釣るので、
十何本針なんかでも使います。
黒色の針は、一番上に付いているので、何時も残ってるから、釣れるのかもしれんね。
とにかく黒が一番良く釣れるよ。
今度は、黒色と白色の交互のサビキを作ったらどうでしょう。」
などと、お客様は言われてました。

9時半頃、Kさんが買い物に来られて、
「この前、メバルを釣りに行ったら、私だけメバルが釣れんかったが。
ウキ下を変えてみたり、いろいろ試してみたけど、いけんかったです。
他の人は、メバルを30匹までは釣ってなかったけど、25匹位づつ位、釣ってたのに、私は、5匹しか釣れなかったです。」
私 「一人だけ、ハリスが太かったんじゃあないですか?」
Kさん 「みんな1・5号や2号のハリスで釣ってたですよ。
横に一列に並んで釣ってるのに。
みんな青虫のエサで釣ってたけど、私は、一人だけ砂虫だったのが悪かったのかなあ。
今年は、(とびしま街道の)?島は、藻が多くはえていて、ホンダワラが、ぎっしりと、あります。
干潮の時は、藻に掛かって、全く釣りにならないです。
正月の5日の日は、試し釣りに行ったら、そこそこメバルが釣れたので、
今回は、かなり期待して、本格的に行ったのに。・・・・・」
などと、Kさんは言われてました。(岸からの半夜釣りです。)

15時半頃、タイサビキのお上手な〇さんが、里見チョクリを買いに来られました。
私 「〇さん、今日は釣りに行かれたんですか?」
〇さん 「ちょっとだけ行ってきたですよ。」
私 「今日は、沖の方は、少し風があったんじゃあないですか?」
〇さん 「(ホームグランドの下津井沖の方は)そうでもなかったよ。
朝は、いい天気じゃった。 途中から、幾らか(風が)出だしたけど、何時の事だからな。
天気予報が、ウソばかり言うから困るね。
そもそもじゃな、昨日のインターネットの天気予報は、どこも、みんなが、今日は、温くなるように言っててたけど寒くなるし、
昨日は、寒くなるように言ってたのが温かくなるし、全く反対ばかり言うが。・・・・・」
私 「〇さん、今日は、十(10匹)位、(鯛が)釣れたの?」
〇さん 「ちょうど、その位釣れたよ。」
などと、〇さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(2月2日)
11時過ぎに買い物に来られたお客様は、神島の外浦に、時々、通われてる方でしたが、
「この前から、玉島のE地区の方に、4回行きました。
常連の方は、イイダコを、まだ何匹か釣られてますよ。
最初の頃は、声をかけてもくれなかったけど、ここ最近は、いろいろと教えて頂けるようになったです。
イイダコを釣りたいんだったら、夜明け前が一番良く釣れるそうで、朝5時頃には来てないと、いけないようです。
玉島は、ヒラメが多いんな。 何匹かヒラメが釣れていますよ。
青虫のエサで釣れるようです。」
などと、お客様は言われてました。

15時前に、3人連れのお客様が、釣りの帰りに、タイサビキを買いに来られて、
「今日は、今年最後のイイダコ釣りに行ったら、イイ(卵)が、いっぱい入っている、大きなイイダコが釣れました。」
私 「多度津沖の方に行かれたのですか?」
お客様 「笠岡ですよ。」
私 「10匹位釣れたの?」
お客様 「10匹までは釣れんかったですが、とっても大きかったから。」
などと、お客様は言われてました。

15時半頃、釣りの帰りに、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「今日は、(笠岡沖の)〇〇島沖に行ったら、鯛が13匹釣れました。 型も良かったですよ。」
私 「今日は、風が吹いたでしょ?」
お客様 「風は、あったな。 それでも、鯛が良く釣れたから良かったです。」
などと、お客様は言われてました。

16時半頃、私と同じ港に船を泊められてて、懇意にさせて頂いてるお客様が買い物に来られて、
「3、4日前、(笠岡沖の)〇〇島沖で、大きい鯛が良く釣れたんよ。」
私 「さっき来られたお客様も、今日は、〇〇島沖で、鯛が13匹釣れたように言われてたですよ。」
お客様 「やっぱりな。
〇〇島沖は、ここ最近までは、あまり良くなかったけど、鯛の群れが入ってきたのかもしれんなあ。」
などと、お客様は言われてました。
(良く釣れた人もおられれば、悪かった方も、きっとおられたんじゃあないでしょうかね。)

18時前に、Sさんが買い物に来られて、
「今年は、温かいから、いまだに、アジが良く釣れてますよ。
普通は、この時期には、アジは、あまり釣れないはずですけど。
(しまなみ沖の)〇〇島は、釣り人だらけで、どこも満員状態ですよ。(週末には、かな???)」
私 「1時間ほど前に、Sさんが、買い物に来られて、
(しまなみ沖の)〇〇島で、アジとサバが入れ食いになったようですよ。」
Sさん 「それは、本当のお話でしょうね。
私は、秋には、〇〇島に通って、25㎝位のサバと、20㎝位のアジが、たくさん釣れたりしてました。
サバは釣れだしたら、幾らでも釣れるからね。・・・・・
私は、先週と、その前の週と、2回、〇〇島に行きましたが、20㎝位か、20㎝ちょっと位の平アジが良く釣れたです。
横の方の、一番良い場所で釣ってた人は、釣り上げてたアジが、とっても大きく見えたので、30㎝位のアジだったのかな。」
などと、Sさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(2月1日)
朝9時半頃、買い物に来られたお客様は、
「この前、尾道の遊漁船で、(愛媛県の)?島沖に、サビキ釣りに行ったら、メバルが100匹位釣れました。
この日は、どう言う訳か、13、4㎝位の小さいメバルが1匹も釣れなくて、
25㎝位の大きなメバルが20匹ちょっとと、20㎝位のメバルばかり釣れたです。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、買い物に来られたお客様は、
「1月の最初の週に、松山沖の方に行ったら、
良型メバルが半分位と、小さいメバルが半分位の割合で釣れたです。
1月の終わり頃に行った時は、大きいメバルがほとんど釣れなくて、小さなメバルが、ほとんどでした。
同じ遊漁船さんで行ったのに、なんでなのでしょうか。
大きいメバルは、産卵すると、10日位か2週間程度、エサを、ほとんど食わなくなるように以前聞いた事があるから、
多分、それが原因だったのかもしれないです。
今度は、2月の中頃、行く事になってるので、その頃には、きっと大きなメバルが釣れると思いますよ。」
などと、お客様は言われてました。

15時頃、釣りの帰りに、3人連れのお客様が、里見チョクリ 7号ー3号 を買いに来られて、
「今日は、下津井沖の?の辺りに釣りに行ったら、大きな鯛が良く釣れましたよ。
この仕掛けで釣れる鯛は、(お客様は)50㎝前後の大きいのしか釣れんなあ。
(お連れの人が違うサビキを手に取られたら・・・)
この里見チョクリだけでいいよ。
他のは買わんでいいから、これだけに、しとき。
今日は、他のみんなが、ここを知らんから、一緒に来たんですよ。」
などと、お客様は言われてました。

13時頃、Sさんが買い物に来られて、
「店長、この前は、鯛を何処でいっぱい釣ったの?」
私 「Sさんが釣りに行かれるならお話しますけど、他の人ならお答え出来ないです。」
Sさん 「一緒に連れて行ってもらうんよ。」
私 「Sさんには、今まで、ポイントなどをいっぱい教えて頂いてるので、お話いたします。
この前、鯛が釣れたのは、?島沖ですよ。
あの日は、朝から風と波があって、思うような釣りが出来て無かったんです。
ベイトも鯛も浮いていた場所もあったんですが、そこの場所でも、風が無くて条件が良かったら、
多分、鯛が、2ケタ近く、釣れてたかもしれなかったです。。
最後に、4か所目の?に着いた時、ちょうど、12時10分だったんですが、その時、全くの無風状態になってて、
それで、鯛が入れ食いになったんですよ。」
などと、Sさんは言われてました。
Sさんには、私が習い始めの頃、いろいろとアドバイスなどして頂きまして、Sさん、本当にありがとうございました。
Sさん、昨年は、体調を崩されて大変だったそうですが、元気になられたみたいですし、
海に出て、おいしい空気をいっぱい吸ってくださいネ。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(1月30日)
10時頃、入江(神島大橋の付近)の方から、買い物に来られた、常連のお客様は、
「店長、メバル、食ってる?」
私 「今、(笠岡沖では)みんな鯛釣りばかりしてて、メバルを釣ってる人は、(ほとんど)おらないでしょ。」
お客様 「先週の金曜日は、この位の大きなメバルが良く食ったんで。
小さいのは、1匹もこんな。 釣れたら全部大きいよ。
土曜日は、行かんかって、日曜日に行ったら、いっこも釣れんかった。
今日も、朝一、ちょっとだけ行ってみたけど、大きいのが1匹しか釣れんかったが。
この前の金曜日は、温かかったし、潮加減が良かったのかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

13時頃、Mさんから途中報告のお電話を頂きました。
「今朝、一番に、?に行ってみたら、ブイが3つ浮かんでいて、網が入ってたです。
魚探の反応も悪かったから、仕掛けも落とさずに、?沖に移動しました。
?沖では、40㎝に少し足りないような鯛が3匹釣れています。
今日は、温かくて、最高の天気で、釣ってて気持ちも良いですよ。
もう少し頑張ります。」
などと、Mさんは言われてました。

17時前に、Mさんより、さらに電話を頂きまして、
「今は、もう、帰っています。
3時15分頃から、この前の店長じゃないけど、鯛が入れ食いになりました。
40分位の間で、52㎝の鯛を頭に、鯛が8枚釣れたです。
里見チョクリが良かったですよ。
今日は、?沖は、15時頃から、潮が良くなると思ってました。
今年、初めて50㎝オーバーの鯛が釣れたので、少し興奮しています。
南向きの風が少し吹き出したので、私の船だけ、みんなと、かなり離れた場所で、ポツンと1艘だけ離れて釣りました。」
などと、Mさんは言われてました。
Mさん、大変お疲れ様でした。
よかったですね。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(1月29日)
昼前に、買い物に来られたお客様は、
「この前、遊漁船で、松山沖の方にメバルを釣りに行ったら、小さいメバルは、たくさん釣れました。
小さいのを何匹か釣ったら、大きなメバルが幾らか混ざる程度でした。」
などと、お客様は言われてました。

昼過ぎて、北木島のAさんが、タイサビキを買いに来られて、
「〇〇〇〇は、小型・中型の鯛が、そこそこ数は釣れてるけど、今年は、大きいのが釣れんからなあ。
だから、最近、私は、?に通っています。
?は、中には塩焼きサイズのの小さいのも来るけど、45㎝から50㎝オーバーの鯛も何匹か混ざりますよ。」
などと、Aさんは言われてました。

15時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「昨日は、デサキ沖の方に釣りに行ったら、30㎝位の大きなメバルが3匹釣れました。
黒は、きたら大きいけど数が釣れんな。
後は、ガシラばかり。
普通のサビキでは当たりが出なかったけど、激渋のサビキでは、当たりがあったですよ。
ベイトは、かなり出てたけど、魚は浮いてなかったですね。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月28日)
13時前に、買い物に来られたお客様は、
「昨日、(松山沖の)〇島沖に釣りに行ったら、私は、さっぱりメバルが釣れなかったです。
他の人たちは、メバルを40匹も45匹も釣られたのに、私は、たったの15匹しか釣れんかったが。
船長が、今日は、流れが速いから、30号のオモリで釣るように言われたけど、
私は25号のオモリしか持って行ってなく、また、他の人は、PEラインの0・6号とかの細いのを使われてたようです。
みんな仕掛けがまっすぐ落ちてるようだったけど、私は、糸が太いのと鉛が軽いのとで、仕掛けがまっすぐになってなくて、
やや斜めになってたのも悪かったんだと思いました。
それと、私は、ハリスが太いのしか持って行ってなくて、釣れても小さいメバルしか釣れないのに、
他の人たちは、0・6号のハリスで釣ってた人もおられて、その人たちには大きなメバルも数匹釣られてましたね。
6月頃のメバルなら、ハリスが0・6号では、大きいメバルが掛かったら、一発で切られるはずですけど、
今頃のメバルは、そんなに暴れないから、0・6号のハリスでも、上手にしたら、取り込みが可能です。
私は、0・6号のサビキや、30号の鉛なら、家には、たくさんありますけど、船の上まで持って行ってないから話になりません。
やっぱり、引き出しの多い人が良く釣るね。
今度からは、少し余分に、いろいろと持って行こうと思いました。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(1月27日)
10時頃、買い物に来られたお客様は、
「昨日は、明地のスベリに、(チヌのフカセ)釣りに行ったら、さっぱり釣れんかったが。」
私 「昨日は、風が吹いたでしょ。」
お客様 「11時頃までは、そうでも無かったよ。
連れは、大ゴチの?に上がって、行ってすぐに、チヌが4枚釣れたけど、その後は、ダメだったようですね。」
などと、お客様は言われてました。

正午すぎに、2人連れで、里見タイサビキ どっちも仕掛けを買いに来られたお客様は、
「この前、これで鯛が良く釣れたです。」
私 「何匹位釣れたのですか?」
お客様 「6匹釣れました。
船頭が、1枚貸してくれる・・と、言ったので、1枚差し上げました。」
などと、お客様は言われてました。

16時頃、福山のMさんより、ご予約の電話を頂きまして、Mさん、何時も大変ありがとうございます。
「今週中に、取りに行かせて頂きますから、ハリスが3号の里見チョクリと黄色バージョウン7号ー3号を除けといてください。
この前の木曜日は、正午前頃に、私は、?で、店長の船の横の方にいたのですよ。
店長、場所をアチコチ変わられてて、とても声をかけれんかったです。」
私 「あの時来られた船ですか、私は、まったくMさんだとは気づかなかったです。
あの時は、鯛が2匹しか釣れてなかって、風も吹いて船は流されるし、一生懸命釣ってた時ですね。
結構、鯛が浮いていたけど、風があって、おもうようなポイントに仕掛けをいれれないし、
本当に、心の余裕が無かったです。
Mさん、今度お遭いすることがあったら、船の近くまで来られて、一声かけてくださいね。
全く、悪気は全くないのですが、声をかけて頂けないと、どなたか解らい事が、ほとんどですから。
あの後、?に変わったら、鯛が入れ食いになったよ。
Mさんだと解ってたら、電話させて頂いてたのに。」
Mさん 「私は、あれから?に変わったら、大きな鯛が2回掛かったけど針ハズレして、
その後、?に行ったら、大きいのは来なかったけど、鯛が10枚釣れたです。」
などと、Mさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月26日)
10時前に、里見チョクリを買いに来られた、ほんのちょっとだけ年配のお客様は、
「この里見チョクリで、鯛が良く釣れたよ。」
私 「5、6匹釣れましたか?」
お客様 「この前、下津井沖に行ったら、2時間位で、鯛が4匹釣れました。
3人乗ってたからな。
1人じゃったら、仕掛けを、そのまま引っ張ったらいいんじゃけど。
仕掛けを、船の上に上げて、たくったら、下ろす時に、時々、もつれるからね。」
などと、お客様は言われてました。

15時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「年末に、(遊漁船で)タチウオを釣りに行ったら、指5本半のタチが1匹釣れました。
1月3日にもタチ釣りに行ったら、指3本半のが3匹釣れたです。
この日は、ボーズの人が2人おられたので、気の毒でしたね。
何時もなら、釣れない人がおられたなら、タチウオを10本位、差し上げるんだけど、
3匹しか釣れなかったから、あげる訳にもいかなかったです。
このシーズンは、本当にタチウオが悪かったですね。
今、タチウオを釣ろうと思えば、東に行っても、西に走っても、片道、3時間も4時間も乗って、
釣り時間が3時間半ほどですから、もう行きたくないです。」
などと、お客様は言われてました。

15時半頃、里見サビキ 鳴門タイプ 8本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「(私は、)このサビキが一番良く釣れるね。」
私 「松山沖かどこかに行かれたのですか?」
お客様 「今年は、2回、松山沖の方に行ったんだけど、(メバルが)1回目が150匹、2回目が120匹釣れましたよ。
みんなからも、頼まれてるから。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月25日)
15時半頃、2人連れのお客様が買い物に来られて、
「50号のテンヤはないですか?」
私 「40号までしか持ってないです。」
お客様 「10号の丸オモリは、何処にありますか?」
私 「こちらにありますよ。 お客さん、40号のテンヤに、この10号の鉛を付けて釣られるんですか?」
お客様 「いいえ、50号のテンヤに、10号のオモリを付けて釣ります。
水深が160mとか200mとかあるので、錘が大きくないと沈まないんですよ。」
(お客様は、携帯電話に写されてるタチウオの写真を私に見せて頂きまして)
「これは、指8本のタチウオです。
数は釣れないけど、こんな大きなのを狙って行ってます。
水深が深い場所は、今まで、ほとんど、みんな釣ってなかったですが、このシーズンより、多くの人たちが釣りだしたです。
みんなが釣りだしたら、すぐに荒れてしまって、多分、釣れなくなるんじゃないかと思いますよ。
テレビでも、児島玲子さんが出ていたし、雑誌にも載ったし、もう、バレバレです。
この日曜日も、行くことになってます。
だけど、天気が悪かったら、向こうまで行けないですからね。」
などと、お客様は言われてました。

17時過ぎに、釣りの帰りに、サビキを買いに来られたお客様は、
「今日は、福山のキッタカさんで釣りに行ったら、メバルが、いっぱい釣れました。
100匹以上は、釣れたと思います。
8本針に、メバルが8連などでも、上がってきました。」
などと、お客様は言われてました。。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございました。


(1月24日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が笠岡沖で釣った鯛が16匹の写真です。
今日は、午前中、笠岡沖の天敵の風、北東の風が吹いて、厳しい釣りになりました。
魚探の反応が良い場所が、何か所もあったけど、船が流されて、全く、思うような釣りが出来なかったです。
母から電話があったのが、12時10分。
「今、鯛が2匹しか釣れて無いから、帰れません。
ちょうど今、風が止んで、魚探の反応が良くなったから、1時になったら止めて帰ります。」
と、母と話しました。
最後のポイントに着いた所で、ここの場所で釣れなかったら、諦めて帰るつもりでした。
風が無し。 潮も良し。 魚探の反応も最高。 私の貸し切り状態。
これなら釣れる。
あっと言う間に、40分位で、鯛が14匹釣れました。
鯛って、一度、食いだしたら幾らでも釣れるって感じで、上げる途中で何匹か逃げられたけど、
そのまま、仕掛けを落とすと、すぐに次の当たりがあって、本当の入れ食い状態になりました。
こうなったら、手返しが早いか、遅いかの違いだけで、誰でも簡単に鯛が釣れますよね。
まだ、まだ、釣れてたけど、約束の時間になったから、急いで港に帰りました。
本日のヒットサビキは、もう、皆様もお解りでしょうから、書かなくてもよいかな・・・
今朝は、8時半頃、ゆっくりと出港しました。
条件的には、いろいろ厳しかったけど、何とか、合格点だと思います。




(1月23日)
9時半頃、激渋タイプ赤黒 8本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「この前、遊漁船で、松山沖の方に釣りに行ったら、激渋の赤黒で、メバルが良く釣れたですよ。
最初は、?サビキを使ってたんだけど、この日は、今一食い込みが悪かったので、
おもいきって、激渋に変えてみたら、それからは、メバルが多く釣れるようになりました。
この激渋は、何が違うのかは解らないけど、大きなメバルが良く釣れるね。」
などと、お客様は、言われてました。

10時半頃、買い物に来られたお客様は、
「来月、またメバル釣りに行く事になっています。
1月の7日に、(松山沖の方の)〇島沖に釣りに行ったら、メバルが、まあまあ釣れたです。」
私 「40匹位釣れたのですか?」
お客様 「数は、100匹以上釣れましたよ。
24、5㎝位ばかりのメバルが釣れたらいいんですが、20㎝前後や、もっと小さいメバルも来ますからね。
一番大きなメバルは、28㎝あったです。
手の平位か、手の平大位のマダイがきて、ジャマをするから、いけんわ。
もっと大きな鯛じゃったら良いのに。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

明日は、天気が良かったら、私も釣りに行くつもりです。
準備も万全です。
天気予報の予報は、明日は、波が50㎝になってたけど、私は、昼前までは、風が吹くように思っていますけど。
明日の朝は、笠岡港の潮見表では、干潮時間が7時6分、潮位は、マイナス17㎝で、一年で一番潮が、ひいてる潮です。
船が出せるかどうかも解らないし、仮に沖に出れても、
満干の潮位の差が大きいから、干潮から満ち潮に返してからは、おそらく、何処の釣り場も(??)、激流が流れてるはずです。
昼前には港に帰る予定ですから、仮に釣りに出れても、潮が緩みだす、一瞬のワンチャンス狙いになるかもしれなくて、
厳しい釣りになりそうですネ。
釣果は、二の次で、海に行って、おいしい空気を、いっぱい吸って、楽しく遊べたら、それだけで満足かな。
明日の朝一の、天気予報、実際吹いている風速などを確認して、釣りに行くかどうかを決めようと思っています。


(1月22日)
正午前に、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「店長、笠岡沖は、何処に行ったら良く釣れるの?」
私 「ここ最近は、ここに行ったら間違いなく、絶対に、鯛が、たくさん釣れてるようなポイントは、聞いてないです。
下津井沖は、毎日ように(???)、鯛が釣れてるポイントが1か所あるみたいですが、
行ってみないと、釣れるかどうかは解らないです。
おかず程度なら、潮さえ合えば、釣れるポイントは何か所もあるかもしれないですが、
2ケタ以上狙うなら、実際に釣り場に行ってみないと解らないから、その時の運に左右されると思いますよ。」
お客様 「この前、(笠岡沖の)〇〇島沖が良いように聞いたので行ってみたら、
ベイトも鯛も、魚探に、何にも映らなかったです。
〇島沖の?側に変わってみると、ここは魚探に反応があって、鯛が、すぐに3匹釣れたです。
(近くの)〇〇〇に変わってからも、鯛がポツポツと釣れましたよ。
今は、鯛が釣れてたら、そこで頑張ってた方が良いですね。
もしも、地合いが来たり、何かのかげんで鯛のスィッチが入ったりしたら、入れ食いになるかもしれないしね。」
などと、お客様は言われてました。

15時半頃、買い物に来られたお客様は、里見チョクリ 11号ー3号の、台紙を持って来られて、
「友達に、これを借りたので、同じのをください。
この前、下津井沖に釣りに行った時は、モゾモゾっと、小さい当たりがいっぱいあったけど、
中々、針には掛かってくれなかったです。
全部、針に掛かってたら、いっぱい鯛が釣れてたと思いますよ。
私が鯛が4匹、一緒に行った人は7匹と3匹、鯛が釣れました。
3匹釣った人は、70㎝の大きな鯛を釣られたですよ。
竿が、大きく曲がって、上がらん、上がらん、と、言ってたけど、
そんな事はないだろうと(私が)言ったのですが、途中から、徐々に巻き取りが出来るようになり、
70㎝の鯛を上げた後、仕掛けを確認すると、下の仕掛けが切れてました。
多分、もう1匹、大きい鯛が付いていて、途中で、切れたから、それでリールが巻けだしたんじゃあないのかなあ。
そうとしか考えられないです。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月21日)
14時頃、買い物に来られたお客様は、
「この前釣りに行った時は、この位の小さいメバルばかりじゃったが。
小さいメバルを20匹位釣ったら、大きいメバルが1匹位、混ざる程度でした。
今年は、タチウオが釣れんから、遊漁船がみんなメバル釣りをしているからな。
土日に行くと、一般の船もメバルを釣ってて、船でいっぱいです。
入れ替わり船が入ってくるような場所は、ちょっと釣り荒れてる場所も出てますね。」
などと、お客様は、言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。


(1月20日)
今日は、エサの循環器のポンプが故障して、一日中、修理をしたり掃除をしたりして大変でした。
里見釣具をオープンして、もう、17年目になりましたが、今まで、故障しなかったのが不思議だったかな。

10時半頃、金光のTさんが、里見チョクリと、里見鯛どっちも仕掛けを買いに来られて、
「昨日は、(下津井沖の)?島沖に釣りに行ったら、鯛が十何枚釣れました。
?島沖は、割合、良型の鯛が多いですね。
始めの頃は、船が少なくて良く釣れてたけど、船が多くなったらダメじゃね。
私は、風の無いような時は、出来るだけ、エンジン切って流してます。
そうすると、釣り場が長続きしますから。
その前は、笠岡沖の〇〇島沖に行ったら、数は、10匹ちょっと釣れたけど、
〇〇島沖の鯛は、割合、型が小さかったです。
最近は、釣りに出ると、何時も鯛が10匹位は釣れていますよ。
だけど、あまり鯛を多く持って帰っても、後からが大変ですから、食ってる途中でも止めて帰ったりもしています。
近所の人に、毎回、毎回、鯛を配る訳にもいかないし、そんなに多くは食べれないですからね。
この前、30㎝より小さい鯛は、一夜干しにして食べたら、おいしかったです。」
などと、Tさんは言われてました。

13時半頃、買い物に来られたお兄さんは、
「先週、遊漁船に乗って、メバルの初釣りに行ったら、良かったですよ。
58匹もメバルが釣れました。
一番大きなメバルは、29㎝ありました。
横の方で釣られてた人は、31㎝の大きなメバルを釣られてたです。」
私 「何処の辺りに行かれたんですか?」
お客様 「松山沖の方に行きました。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月19日)
昨日の夜、福山のTさんより、結果報告の電話を頂きまして、Tさん、何時も大変ありがとうございます。
本当は、昨日のブログに書く予定でしたが、すみません、忘れてたです。
「今日は、(昨日の事です)三崎沖にタイサビキに行ったのですが、さっぱり釣れなかったです。
帰り途に、(笠岡沖の)〇〇島沖で釣ったら、2人とも鯛が5匹づつ釣れたので良かったです。」
などと、Tさんは言われてました。

14時過ぎに、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「この仕掛け、良かったですよ。
今日は、知り合いの人の船に乗せて頂いて、下津井沖に行ったんですが、鯛が、たくさん釣れたですよ。」
私 「7、8枚位釣れたんですか?」
お客様 「私は、鯛が20枚位釣れました。
仕掛けを落としたら、すぐに当たってた、って感じです。
こんな大きな鯛(60㎝位?)が、2回、水面近くまで上がってきて、姿を見たけど、逃げられたです。
実は、昨日も、その人が行かれて、鯛が入れ食いになったので、
昨日の夜、私に電話がかかって来て、誘われたので、それで釣りに行ったんですよ。
昨日は、船が、たったの2艘しかいなかったそうですが、今日は、休みなので、船が、段々増えてきたです。
ずっと見てた訳じゃあありませんが、周りの船の人たちは、そんなに鯛を入れ食いには、されてなかったようですよ。
私たちには、おもしろいように当たりがあったですが、おそらく、仕掛けが違ったからかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

上記のお客様と入れ替わりに、里見タイサビキ・どっちも仕掛けを買いに来られたお客様は、
「(今週の)日曜日は、この、どっちも仕掛けで、鯛がたくさん釣れましたよ。
(携帯電話に写されてる写真を私に見せて頂きまして、)
これは、(下津井沖の)?島沖で釣れたんですよ。
3時間位釣って、鯛が11匹釣れました。
潮が止まるまで、ずっと釣れたです。
遊漁船も来てたけど、逃げて、私だけになったです。
一箇所、反応の良い場所があって、そこに落とすと、ずっと当たりがありました。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月18日)
10時頃、里見チョクリや黄色バージョンのタイサビキを買いに来られたお客様は、
「私は、備前から来ました。 小豆島沖が、ホームグランドです。
この前、牛窓沖に、大きい鯛の群れが入ってきて、大船団が出来て、すごい事になったです。
漁師の人は、1日で、鯛を50キロ釣られた方もおられたです。
今は、小豆島沖の、ふのこ が、先週から鯛が良く釣れだしたですよ。
東側の、まないた の周りも釣れています。
この情報は、ネットに書かれても、かまいません。」
などと、お客様は言われてました。

14時頃、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「店長さん、メバルは釣れていますか?」
私 「遊漁船で、松山沖の方に行かれてる方は、メバルが良く釣れたお話もお聞きしていますけど。」
お客様 「この前、真鍋島沖にサビキ釣りに行ったら、メバルが、ポロポロと釣れたですよ。」
などと、お客様は言われてました。

14時過ぎに、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「店長、昨日のブログには、何も書いてなかったね。」
私 「昨日は、釣りに行けなかったので書いていません。
朝、起きて、ネットを開けてみると、六島と下津井の風速が、7メートル、9メートル吹いてました。
さすがに、こんなに吹いてたら、船が流されるだけで、無理だと思ったです。」
などと、お客様とお話しました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月16日)
11時頃、鳴門タイプのサビキを買いに来られたお客様は、
「この前、何時も使わせて頂いてる、尾道の遊漁船で、松山沖にメバル釣りに行ったら、
30リットルのクーラーに山盛り釣れたです。」
私 「そんなに釣れたのなら、100匹位は釣れたですね。」
お客様 「100匹以上釣れたよ。
私の通っている船は、速いから、松山沖まで、1時間ちょっとあれば行けます。
昔は、釣った魚は、みんなイケマの中に入れてたから、帰る時に、同じ数だけ分けてたけど、
最近は、みんな、釣れた魚は、自分のクーラーの中に入れるので、最後に分けるような事はなくなりました。
ハマチを釣りに行った時でも、釣れたら、シッポに、色の違うマークを付けるので、
自分の釣った分しか持ち帰れなくなったです。
もしも、1人だけ、ボーズの人がいれば、一番多く釣った人が、1匹位、差し上げたりするけど、
2匹も、3匹も、あげないからな。
ハマチを1匹持って帰れば、家族みんなで、十分、食べれますからね。」
などと、お客様は言われてました.

15時頃、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「里見さん所のチョクリ(仕掛け)は、何処にありますか?」
私 「こちらの方に並んでいますよ。」
お客様 「この前、下津井沖に鯛釣りに行ったら、このチョクリで釣ってた人は、鯛を12枚釣られたのに、
私は、たったの3匹しか釣れなかったです。
やっぱり、サビキが違ってたら、当たりの数も、全く違いますね。
今度は、里見チョクリで釣ろうと思います。」
などと、お客さまは言われてました。

15時過ぎに、香川県観音寺市のKさんより、里見タイサビキ 黄色バージョウン ハリス10㎝ 7号ー3号 の、
代引き注文の電話を頂きまして、Kさん、何時も大変ありがとうございます。
「この連休は、2日とも、〇〇沖に釣りに行ったら、鯛が釣れましたよ。
日曜日は、鯛の食いが大変良くて、周りのみんなも鯛を、たくさん釣られてました。
ただし、上げる途中で、針ハズレして、逃げられた鯛も多かったです。
残り10m位になると、逃げられるのは、なんでなんかなあ。
合わせが弱くて、口の所に、いいように針が刺さってないのかな。
次の日の月曜日は、前日よりも食いが、かなり落ちたです。
それでも、私は、鯛が7枚釣れたですが、数匹程度の人も多かったんじゃあないでしょうかね。
鯛を掛けても、皮1枚とかに掛かってた鯛もいたです。」
などと、Kさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。

明日は、天気が良ければ、鯛釣りに行こうと思ってますが、風が吹きそうですね。
朝一の天気予報を見てから決定しようと思ってます。


(1月15日)
正午前に、里見サビキ いつでもタイプ を、買いに来られたお客様は、
「昨日、竹原沖の方に釣りに行ったら、このサビキで、メバルが良く釣れましたよ。
最初に、一番下の赤色の皮に食い付いて、その後、上側の針にメバルが追い食いしてる感じでした。」
私 「メバルが何匹位釣れたのですか?」
お客様 「持って帰ったメバルは、30匹弱位でしたね。」
などと、お客様は言われてました。

13時頃、Fさんが、里見チョクリ ハリス3号 を、買いに来られて、
「友達に、このサビキを借りたので、返さないといけないです。
私は、船を玉島に置いてるので、何時も、下津井沖の方に通ってます。
船の修理は、鞆の方で、やってもらってるので、この前は、帰りに笠岡沖で釣りました。
笠岡沖も鯛が良く釣れるんですか?」
私 「(レジの所に貼っている鯛が20枚の写真を見て頂きまして)この鯛は、先週、私が、笠岡沖で釣った鯛です。
笠岡沖も、鯛のポイントが何か所かありますよ。
だけど、下津井沖の方が、ポイントが多いんじゃあないかな。
今、(下津井沖の)?島沖は、毎日のように鯛が良く釣れてるでしょ。」
Fさん 「私も、?島沖には、しばしば釣りに行きますよ。
この前行った時も、40㎝オーバーの良型のが、12枚釣れましたよ。」
などと、Fさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月14日)
10時前に、青虫を買いに来られたお兄さんは、
「アナゴが良く釣れましたよ。」
私 「4、5匹位釣れたの?」
お客様 「アナゴが11匹とセイゴが1匹釣れたです。
(近くの)〇〇に、夜釣りで、投げ釣りに行きました。」
私 「アナゴは、寒くなると深場に落ちるので、今時期に、そんなに釣れるのも珍しいですね。」
などと、お客様とお話しました。

正午前に、里見タイサビキ・どっちも仕掛けを買いに来られたお客様は、
「里見さん所のタイサビキで、チョクリ(荷ひも)と、サバ皮の、どっちも付いてるサビキが有るでしょ?」
私 「この、どっちも仕掛けですよ。」
お客様 「昨日、下津井沖に行ったら、私も鯛が良く釣れたのですが、
この(どっちも)仕掛けで釣ってた人は、特別、他の人たちよりも、鯛を多く釣られてたです。」
私 「?島沖に行かれたのですか?」
お客様 「そうです。 最初、〇〇〇で釣って、その後、?島沖に移動したら、鯛が良く釣れました。
?島沖は、潮が合ったら良く釣れるね。」
私 「ここ最近、?島沖だけは、鯛が、ずっと良く釣れてるみたいですね。」
などと、お客様とお話しました。

15時頃、〇さんが買い物に来られて、
「昨日は、私の入ってるチヌ釣りクラブの月例会が、広島のイカダでありました。
みんなバクダン釣りをしたのですが、私は、チヌが4枚釣れたです。
竿頭の人は、(チヌが)8枚だったので、4枚なら合格点かな。」
などと、〇さんは、言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月13日)
14時半頃、激渋タイプの、赤黒と、緑オレンジのサビキを買いに来られたお客様は、
「この激渋のサビキ良かったよ。
この前、(遊漁船で)松山沖の、?島沖や?島沖などに釣りに行ったら、メバルがたくさん釣れたです。」
私 「何匹位、釣れたのですか?」
お客様 「はっきりと数は数えてないですが、100匹以上は釣れたと思います。
最初は、この位の小さいメバルは、全部、逃がしてたけど、途中からは、20㎝に近いような大きめのはキープしました
20㎝オーバーのメバルも幾らか釣れて、中には、尺(30㎝)位の、大きいメバルも数匹混ざったです。
普通は、1時間か2時間もたてば、新しい仕掛けに、やり替えて釣るんですが、
この日は、同じ仕掛けで、ずっと釣れましたよ。
今年は、(お客様が釣りに行かれた場所では)メバルが多いんじゃあないかなあ。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございます。


(1月12日)
正午すぎに、里見チョクリを買いに来られたお客様は、
「昨日、(下津井沖の)?島沖に釣りに行ったら、大きな鯛が掛かって、ハリス切れしたです。
63㎝の鯛も釣れたですよ。
あそこの鯛は、大きいからなあ。
私は、鯛が、28匹釣れたですよ。」
私 「?島の所は、昨日の潮は、あまり良くなかったんじゃあないのですか?」
お客様 「いいや、大潮じゃないから、潮も、あまり流れんかったんよ。」
などと、お客様は言われてました。

14時過ぎに、笠岡の〇さんが、里見チョクリと、どっちも仕掛けを買いに来られて、
「原田さん、5年ぶりだね。
長い事釣りに行ってないです。
昨日、私のクラブの人たちが、(タイサビキ)釣りに行ったら、みんな鯛を良く釣ってきたですよ。」
などと、〇さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月11日)
14時半頃、里見チョクリ ハリスの3号 を、買いに来られたお客様は、
「(一昨日の)水曜日は、(笠岡沖の)〇〇島沖に、カサゴ釣りに行きました。
南向きのカサゴは、大きいのが少なくて、小さいのばかり釣れたけど、?向きのカサゴは、割合、型が大きいですね。
南向きは、少し釣り荒れてるのかな。
今度、H君の船で、タイサビキ釣りに行く事になってます。
店長が、昨日、鯛を良く釣ったサビキをください。」
などと、お客さまは言われました。

15時半頃、買い物に来られたお客様は、
「今日は、下津井沖の方に、ヒラメ狙いで釣りに行ったけど釣れなかったです。
その後、タイサビキで鯛を狙ったけど、鯛も、あまり良くなかったですね。
今日は、ベイトが、たくさん出なかったです。
生きたイワシなどが手に入れば、ヒラメが釣れる確率も高くなるけど、
もう、この時期では、簡単には、手に入らないですよね。」
などと、お客様は言われてました。

17時頃、里見チョクリ を、買いに来られたお客様は、
「今日は、下津井沖に釣りに行ったら、当たりがたくさんあって、20回以上は当たったけど、
(鯛が)12匹しか釣れなかったです。
私が行った場所は、今日は、ベイトが、かなり上の方まで浮いていましたよ。
大きな鯛が掛かったけど、ドラグを強く閉めすぎていて、4番目の針を切られてしまいました。
もったいなかったですね。
この里見チョクリは、当たりが多く出るね。」
などと、お客様は言われてました。

釣れた方もおられれば、釣れなかった便りもお聞きしています。
〇さんは下津井沖に行かれて、〇さんは笠岡沖で、今日は、鯛が、あまり釣れなかったように言われてました。
タイサビキ釣りは、実際に釣り場に行ってみない事には解らないですよね。
ベイトがいっぱい出れば、簡単に鯛が釣れるでしょうし、たまたま、ベイトがいなかったら鯛は釣れないです。
本当に、運に左右される釣りです。
昨日、私が鯛が良く釣れた場所は、今日は、ベイトがほとんど出なくて、昼前までは、どうもハズレたそうです。
お客様も言われてましたが、
鯛釣りも、タチウオ釣りと一緒で、昨日釣れても次の日は食わない事が、しばしば有る釣りですね。

釣り情報を教えて頂きましたお客様、大変ありがとうございます。


(1月10日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った鯛が20枚の写真です。
今日は、大きな鯛なども数匹釣れて、クーラーが、ムチャクチャ重たくて、持ち上げるのが大変でした。
大変良く釣れたと思います。
ヒットサビキは、当然ながら、里見チョクリのハリス3号でした。
天気が良すぎて、ベタ凪でした。
釣り場に着いてから、30分位たっても、小さな当たりが1回あっただけで、今日は、鯛の食いの悪い日に来たかな・・・
と、思ってたです。
潮の流れが速かったのが、緩んできて、9時頃から10時半位までは、入れ食い状態になったです。
11時前には、完全に潮止まりになると、当たりが全く無くなり、後は、竿を出してただけです。
しばらく潮待ちをしたけど、いっこうに、潮が流れそうに無いから、さっさと退散しました。
もう、これ以上釣っても、後からが大変ですし、鯛さんにも迷惑でしょうからネ。
納得できる良い釣りが出来ました。