最新の釣り情報

※お客様からお聞きした釣り情報は、掲載しても、差し支えの無い程度にしか、当店のブログでは書けません。
例えば、お客様が秘密にされてる釣り場等を、(場所・仕掛け・釣れた地合など)具体的に詳しく書いて、
もしも、他の人たちに場所を荒らされような事が起これば、誰しも、みんな、イヤな思いをされる事でしょう。
その時の状況に合わせて、書いても良い範囲内でしか掲載出来ませんので、よろしくお願いいたします。


釣り情報は、伝達事項などの下の方から始まります。
すみませんが、下の方をご覧くださいませ。

(通常の)営業時間のお知らせ
月曜日 9時〜19時
火曜日 
9時〜19時
水曜日 
9時〜19時
木曜日 
店休日
金曜日 
9時〜19時30分
土曜日 
9時〜19時30分
日曜日 
9時〜18時30分
なお、体調不良や仕入れなどにより、時間変更の時もあります。

新里見メバル里見サビキの各種類、などあります。

詳しい事は、
自慢の商品の所をご覧になってくださいませ。
里見釣具のオリジナルサビキは、代引き(代金引換)にて、発送も出来ます。
よろしくお願い致します。

(4月25日)
本日、4トン車に、ほぼ山盛りで、商品が入荷しました。
車から倉庫の中に運ぶだけでも、かなり疲れたです。
里見釣具のバックルームの中は、足場も無い位、山積みで並んで、
通常商品や、特価品、見切り品など、いろいろとありました。
ちょっとこれだけの商品の値段付けは、すぐには無理で、気が遠くなりそうですが、
お客様の合間を見て、ボツボツと値段付けをして、値段の付けれた商品より、売り場に並べるつもりです。
特に、激安の商品は、新着情報の所に、一部、紹介させて頂きます。
よろしくお願いいたします。

(4月24日)
9時半頃、Aさんが買い物に来られました。
Aさんは、北木島にフェリーに乗られて、キスの投げ釣りなどに通われてる方です。
先日、投げ釣りで釣り情報に登場されたAさんとは、また、別の方です。
私 「Aさん、北木島の投げ釣りは行かれてますか?」
Aさん 「本当は、今日、キス釣りに行く予定でしたが、雨が降ったので止めました。
(3日前の)土曜日は、(北木島の投げ釣りで)キスが15匹釣れたのは聞きましたけどね。
水温が上がりだしたから、これから、もっと釣れるようになると思いますよ。」
などと、Aさんは言われてました。(投げ釣りです。)

昨日の閉店前に、Fさんが、キスの仕掛けを買いに来られました。
Fさんは、3日前の土曜日の夜、砂虫を買いに来られたけど売り切れてたので、青虫を買って頂きました。
私 「昨日(22日の日曜日)は、キスが良く釣れましたか?」
Fさん 「良く食ったですよ。 キスが40匹ほど釣れました。
水温が上がったので、だいぶ、食いが良くなったですね。
その前の週に行った時は、20匹ほどしか釣れなかったですが、1週間たっただけで、
随分と、海の様子が良くなってたです。
この前の時は、当たりがあっても、少し待っておかないと食い付いてくれなかったですが、
昨日は、かなり食いが良くなってたですね。
もう少し、水温が上がって来たら、5本針の仕掛けに、キスが、4匹、5匹付く事も何度かありますよ。
キスが1匹掛かったら、そのまま、ゆっくりとリールを撒き続けると、段々と、数が多く掛かってきます。」
私 「メバルや鯛のサビキ釣りと、全く同じですね。」
などと、Fさんとお話しました。
Fさんは、以前にも、何度も、キスをたくさん釣られた実績があって、
実際に、クーラーを店内に持って来られた時、
クーラーの中に、良型のキスが、ビックリするほど入ってたのを、3度か、4度、見た事があります。
Fさん、どこか、キスの良いポイントをご存じのようですが、
釣り場に関しては、Fさんは言われないし、私も、あえて聞かないので、何処で釣られたのかは知らないです。
(投げ釣りです。)

16時半頃、3人連れのお客様が、里見タイサビキを買いに来られたけど、
ごめんなさい、ただ今売り切れてました。
里見タイサビキは、6月頃、少しだけ入荷するかもしれないです。
「友達が昨日、?島沖で、1人で、鯛を10枚釣って来ました。」
私 「それは良く釣られてますね。
?島の?側の深みになってる所ですか?」
お客様 「そうです。
その前、4月20日に行った時も、2人で鯛が15枚釣れましたよ。
?島沖は、鯛が絶好調です。」
などと、お客様は言われてました。
(釣り場は、私の行動半径内の場所ですが、
自分は、その場所は相性が悪くて、このシーズン中は、一度も行って無いです。)

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。
アチコチで、キスが釣れた便りが入りだしたのは、喜ばしい事ですネ。
キスは、これからでしょう・・・

(4月23日)
10時半頃、チヌのフカセ釣りのお上手なKさんが、オキアミのブロックとチヌの集魚剤を買いに来られました。
Kさんは、何時も、神島・外浦から、渡船に乗られて、笠岡沖に通われてる方です。
私 「Fさん、昨日は、チヌが釣れましたか?」
Fさん 「今年は、天気さえ良かったらチヌが良く釣れますね。
今年は、笠岡沖のチヌは、かなり浮いていますよ。
ウキ下が、1ヒロ半位で釣ったら、数は出ます。
本当のベタ凪で、狙って行った場所の潮が合っていたら、2ケタ釣れますからね。
浅いタナで釣っているせいか、そんなに大きなチヌは出ないですけど。
ウキ下を、もっと深くして釣れば、多分、もっと大きなチヌや鯛も釣れるんでしょうが、
やっぱり、数が釣れた方が楽しいから、どうしても、浅いタナで釣ってしまいます。
下津井沖に行けば、1ヒロとか浅いタナで釣れるんですが、
笠岡沖で、チヌが、こんな浅いタナで釣れるのは、本当に珍しいですね。」
私 「オキアミのツブが、少し小さくなったでしょ。
問屋さんが言われるには、毎年、4月、5月が、オキアミの変わる時期のようで、
今回、新しく入った3キロのブロックは、少しツブが小さかったです。
その前まで仕入ってた沖アミより、小さいですね。
明日には、16切り(1・5キロ)の、大きめのオキアミが新しく入るように言ってましたが、
今度のはツブが大きかったら良いなあ・・と、思ってるけど、どうでしょうかね?」
Kさん 「確かに、昨日使ったオキアミは、少し小さかったですね。
今までなら、チヌ針の2号で釣ってましたが、昨日は、1号で釣ったけど、全然、問題はなかったですよ。
以前、友達に、他の釣具屋さんで、600円の、安ものの3キロのブロックを買ってきてもらったら、
水だらけで、全く使い物にならなかったです。
品物が悪すぎて、サシエが全く取れなかったです。
やっぱり、600円の安物じゃあダメですね。
サシエだけ、別に、余分に買わないといけないから、かえって高く付きますよ。
やっぱり、里見さんで売ってるオキアミは、サシエも取れるし、信用があります。」
私 「次に仕入れるオキアミが、良いのが入ってきたらなあ・・と、思っています。
まだ、品物を見てないので、何とも言えないですよ。」
などと、Kさんとお話しました。

そう言えば、昨日の朝、Wさんが、オキアミを買い物に来られた時、
今、さかえ丸さんは、毎年恒例の、チヌ釣り大会をされていて、(2匹長寸で競います)
もう、チヌの54pと50pのが上がっているように、Wさんは言われてましたね。

15時頃、Fさんが買い物に来られて、
「昨日、息子(さん)が、遊漁船で、下津井沖にタイラバ釣りに行ったら、鯛を8匹釣ってきたです。
水温が少し高くなったようですね。
明後日は、私も、笠岡沖に、鯛やキス釣りに行く事になっています。」
などと、Fさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月22日)
11時頃、サビキなどを買いに来られたお客様は、
「キスが釣れだしたな。
昨日、メバルのサビキをする前に、1時間ほどキス釣りをしたら、すぐに、キスが8匹釣れました。
2匹は少し小さかったので逃がしたけど、6匹は良い型だったので持って帰ったです。
あの調子なら、キスだけを狙って釣れば、だいぶ釣れたと思いますよ。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)

正午過ぎに買い物に来られたお客様は、
「昨日は、しまなみ沖の方に行ったら、良型のメバルが、3人で26匹釣れました。
20p以上の大きさばかりで、りっぱなメバルでした。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)

15時半頃、青虫を買いに来られたお客様は、毎日のように夏目の所で遊ばれてるように、
以前、○さんが言われてたですね。
私 「小さいカレイが幾らか釣れてるみたいですね。」
お客様 「昨日は、西六の人が、38pのカレイを釣られたですよ。
水温が、少し高くなってるので、これからですね。
今日は、図書館で、歴史の話を聞きに行ってたので、釣りにはいけてません。
明日は、私もカレイを狙って釣りに行ってきます。」
などと、お客様は言われてました。(投げ釣りです。)

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月21日)
14時頃買い物に来られたお客様は、
「(ちょっと西の方のタイサビキで)鯛が始まりましたね。
昨日、マスター(Uさん)が、?島沖で鯛を5匹釣ってきましたよ。
大きいです。 70p位のもいたです。」
私 「先ほど、Y島から、鯛のサビキを買いに来られたお客様も、
今朝、ちょっと釣りに行かれたら鯛が3匹釣れたそうですよ。
これから、岡山か何処かの娘さんに所に、鯛を持って行かれる途中に店に来られたみたいです。」
などと、お話しました。

14時過ぎに、私と同じ港に船を泊められてるお客様が買い物に来られて、
「店長、木曜日は、いけんかったみたいですね。
私も、一昨日は、白石島沖にメバル釣りに行ったけど、さっぱりでした。
メバルが1匹とカサゴが2匹釣れただけでした。
あの日は、食わんかった日でしたね。
その前の週は、白石島沖にタイサビキ釣りに行ったら、弟(さん)とで鯛が十何枚も釣れたんですが、
木曜日は、はなから鯛は狙わなかったです。」
などと、お客様は言われてました。

18時半頃、Fさんが砂虫を買いに来られたけど、売り切れてたです。
Fさん、ごめんなさいね。
Fさんは、青虫でも良いですよ・・と、言われたので、青虫を買って頂きました。
Fさん 「キスが、少し食いだしたみたいですね。
ここ何日か、暖かかったから、それで、キスが食いだしたのかな。
今日は、友達が、昼前には港に帰ってたようですが、キスを十何匹ほど釣ってきましたよ。
私の携帯に写真を送ってくれたです。
私も、明日は、キス釣りもしようと思います。」
などと、Fさんは言われてました。

確かに、私の一昨日の釣りは、さっぱりでした。
最も、干潮の潮止まりで、一番悪い潮を狙って釣りに行ったようなもんでしたけどね。
それでも、帰り途で、最後に行った、4か所の内、3か所は、
潮も少し満ちてきたのもあるかもしれませんが、
魚探の反応は良かったので、楽しみは残りました。
ただし、この時点では、時間が無くて、竿も閉まった後だったので、偵察のみに行った場所でした。
特に、一番最後に行った、T島沖は、魚探の反応がすごかったけど、仕掛けを入れれ無かったのは残念でしたね。
約束していた11時には、要件を済ます事が出来て、一安心したです。
やっぱり、お魚さんは、潮が止まってたり、流れが速すぎても釣れません。
皆様も、ご存じの通り、お魚さんは、適度に流れてる時が一番良く釣れますよね。
来週は、満潮はさみの潮で、自分としては、一番得意な潮なので、鯛やメバルを釣る自信だけはありますが、
はたして、いかがな物でしょうかネ???
( ※なお、干潮前後の潮が決して釣れない訳じゃあないです。
干潮前後や、干潮からの満ち上がりが、最適で、一番の(???)、地合いの釣り場は、
白石島の北側や問島沖などの一級ポイントが何箇所もあると、私は思いますよ。)


釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月20日)
15時半頃、Fさんが、サビキや鉛を買いに来られて、
「昨日の夜は、?島沖に、夜釣りに行ったら、メバルがポロポロと良く釣れましたよ。
夜焚きは禁止なのでやってませんが、安全の為、手元が見える程度の小さな灯りを点けて釣ったら、
エサになるようなイカナゴ幾らかか泳いできたです。
イカナゴを何匹か網で救って、付けて落としたら、一発にメバルが食い付きますね。
メバルの型も良くて、全部、20p位か、それよりも少し大きいのが釣れたです。
普通なら、今時期のイカナゴは、細くて、針に付けれ無いような小さいのが多いはずですが、
昨日のイカナゴは、十分大きくなっていて、食べれる位の大きさでしたよ。
親のイカナゴみたいに、ムチャクチャは太くはないんですけどね。
天気が良いしメバルが釣れるので、
昨日の夜も行ったし、明日も、明後日の夜も、釣りに行かんといけないなあ。」
などと、Fさんは言われてました。

Fさん、何時も大変ありがとうございます。(船釣りです。)

(4月19日)→本日は、店は、開いていません。
今日は、3時間勝負で、笠岡沖に釣りに行ったけど、メバルが4匹釣れただけでした。
メバルの型は良かったので、本当の、おかずだけ釣れたです。
朝一、潮も何も考えずに、北木島沖などの鯛のポイントに、3か所行くには行ってみたけど、
干潮の潮止まりの時間帯で、潮の流れが全く無く、池みたいな状態でしたから、
当然の事、ベイトも鯛も、ほとんど浮いてなくて、
結局、今日は、タイサビキの仕掛けを、用意する事もなく、海中に入れる事はなかったです。
鯛釣りは諦めて、メバルのサビキをセットして、新期の場所の開拓などで、勉強も兼ねて、
何箇所か、場所を移動してみたけど、
潮が全く流れてなかったり、ある場所では、激流が出てたり、条件的に厳しすぎました。
今日は、ちょっと用事が有った為、早々と退散しました。
時間的に余裕も無かったです。
一番悪い時間帯を狙って釣り行ったようなもので、
さて、これから一番良い地合いになる前に、帰るようでは、やっぱり魚は釣れません。
今日は、朝は、ベタ凪で、天気だけは最高でした。
気分転換も出来たと思います。
来週は、時間に追われる事なく、ゆっくりと釣りをしたいものですネ。

(4月18日)
16時頃、Oさんが、砂虫を買いに来られて、釣りに行かれました。
「この前は、岸壁に上がって、メバルを狙ったら、メバルが釣れ無くて、他の魚ばかり釣れました。
握りこぶし位の頭の大タコが2匹と、40pちょっとのコブダイと、40pちょっとのチヌが釣れたです。
今のコブダイは焚いて食べたらおいしいなあ。
普通なら、コブダイが釣れたら、何時も放流するんだけども。
春じゃけえ、コブダイの引きが弱かったのかなあ。
普通なら、メバルの仕掛けでは切られるんだけどね。」
などと、Oさんは言われてました。

16時半頃、Tさんが、青虫を買いに来られたけど、売り切れてました。
Tさん、ごめんなさいね。
「この前、白石の?に上がったら、大きなハネが2本掛かったけど、結局、どっちも、切られてしまいました。
ハネを狙って行った訳じゃあないんだけどな。」
などと、Tさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

昨日、今日は、天気が良かったので釣りに行かれた方も、何時もより、多かったんじゃあないでしょうか??
今、冬の魚と、夏の魚が、ちょうど入れ替わる時期です。(??)
タイサビキも、峠を越えて、何時行っても7、8枚とか、狙えない時期になってきました。
最も、これからも、海の中にベイトさえおれば、7、8枚とか、何枚か釣れる事もあるでしょうが、
一応、ボーズ覚悟でも、行かないといけないです。
習い始めの人は、何時でも鯛が釣れるように思われてる人も、なかには、おられます。
実を言うと、私の甥っ子君が、一度、タイサビキに釣れて行って欲しい・・・と、3月の終わりごろ頼まれたので、
3月29日は潮が良いから、必ず、何匹かは釣れると思うので、一緒に行きましょう・・と、誘ったけど、
甥っ子君 「ちょうど、その日は、○○○○○で、予定が入ってるから行けないです。
おじちゃん、4月になって休みを取るから、釣れて行ってください。」
私 「タイサビキは、時期と言う物があって、鯛を必ず釣りたいなら、予定をキャンセル出来るんだったら、
この日は、潮が良いし、2ケタ以上狙うなら、時期的にも最後のラストチャンスだから、
なんとかならないの?」・・・・・・
などと、お話しました。
(ちなみに、3月29日は、私は、鯛が20枚、簡単に釣れた日でした。)
前回、前々回の私の釣りは、大風も吹いた事もあったけど、鯛を釣る事は出来なかったです。
前回、釣りから帰った後、
「もう、今となっては、鯛を何枚も釣るのは難しいから、今度、アジが食いだしたら、一度行きましょう。
6月になったら、アジなら、幾ら釣れなくても、何十匹も釣れるから。」
などと、話しました。
本当は、甥っこ君と、明日釣りに行く約束の日でしたが、先週、断りました。
もう、今の鯛は、行ってみないとわからないです。
ベイトが集まって浮いてたら、鯛が何匹も釣れる事もあるでしょうし、
最悪、ベイトがいなかったら、丸ボーズも覚悟して行かないといけないですから。
よって、初めて鯛釣りに行く、ド素人の甥っ子君を誘う訳にはいかないです。
甥っ子君と行けば、根掛かりもなく、潮が流れない場所、絶対に鯛が釣れ易い所、
釣るのが簡単な場所に行かなくてはいけないけど、
私一人の釣りなら、釣り難しい場所や、ボーズ覚悟で何処でも行けますからね。

明日は、用事が出来たので、遅くても、11時には帰って来ないといけないです。
ゆっくりと出掛けるつもりです。
2時間半か3時間位の勝負で、海を見に行きましょう。
気分転換で、のんびりとすごしましょう。

(4月17日)
正午頃、釣り竿の修理に来られたお客様は、
「昨日は、夜釣りに行ったら、メバルがポロポロと良く釣れたですよ。
25p〜27p位の良型メバルが多かったのです。」
私 「松山沖の方に行かれたのですか?」
お客様 「いいえ、倉橋島沖に行きましたよ。
船長が、夜は、エサ釣りの方が良い、と、行く前に言ってたですが、サビキで釣っても同じじゃね。
釣り場に着いてすぐ、5分、10分位は、みんな、入れ食い状態になったです。
それを過ぎると、入れ食い状態じゃあなかったけど、みんな、ポロポロと、釣れました。
私は、結局、メバルが41匹釣れましたよ。
倉橋島には、17、8年前までは、随分と通ったものです。
昔は、片道、4時間位かかっていたですが、今は、2時間半で○○まで行くます。
山陽道の小谷を過ぎて、もう少し走ると、呉道路が出来てて、今は、広までつながっています。
呉道路は、料金も無料です。
2、3年前から、昔の音戸大橋の50m位、すぐ横に、新しい橋がかかったので、渋滞の心配も無くなりました。」
私 「○○は、音戸の橋を渡ってからも、かなりかかるでしょ?
私は、30年位前は、広島の大型釣具店で仕事をしてたので、倉橋島、能美島には、随分通ってたですよ。」
お客様 「今は、倉橋島にも、何箇所か、新しい道が出来ていて、小さな道を通ら無くても、
山の上の方や、トンネルを通るので、運転も楽ですし、時間も早く行けるようになりましたよ。」
などと、お客様は言われてました。

12時半頃、サビキを買いに来られたお客様は、
「今年は、メバルが良く釣れましたね。
この前も、75匹釣れたです。 型も良かったしね。」
私 「松山沖か何処かに行かれたのですか?」
お客様 「いいえ、私は、広島ですから、(広島沖の)?島沖に行ったんです。
今年は、冬が寒かったから良かったのかな。
やっぱり、メバルは、冬が冷えんといけんな。」
などと、お客様は言われてました。

14時半頃、福山の方から、タイサビキ用の竿を買いに来られたお客様は、
「昨日は、しまなみ沖の方にタイサビキ釣りに行ったら、
私は竿が悪くて、鯛を上げる時に逃げられるばかりしたです。
この前、友達と一緒に竿を買いに来た時は、この竿が1本しかなかって、
相棒(さん)は、この竿を買う事が出来たけど、私は買えなかったです。
友達は、この竿で釣ったので、バラシが半分位しか、なかったです。
鯛を5匹釣って、5回位バラシたですね。
私は、竿が悪くて、上げる途中に、鯛を7回もバラシてしまったです。」
私 「(しまなみ沖の)?島沖は、船が多かったですか?」
お客様 「いいえ、?島沖で鯛釣りをしてた船は、5艘程度でしたよ。
T島沖にも行ってみたけど、船はいなくて、鯛も釣れなかったので、
それで、こちらの方に帰って釣ったんですが、?島沖は、鯛が良く釣れたです。
と、言うよりも、鯛が多く、針には掛かりましたね。」
私 「T島沖も、この前、3日ほど、鯛がたくさん釣れたみたいですよ。
その後は、鯛がたくさん釣れた話は、私は、聞いて無いです。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月16日)
11時半頃、新里見メバル5本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「この前、ひで丸さんで、松山沖の方に夜釣りに行ったら、
このサビキでメバルが良く釣れたですよ。」
私 「20匹か30匹位、釣れたのですか?」
お客様 「私は、40匹ほど釣れたです。
型が良くて、27p〜25p位のメバルがが多く釣れました。
中には、小さいのもおるよ。
岡山の方から来てた人も、このサビキで良く釣られてたです。
特に、○色の皮にばかり食い付いてきて、半分位は、○色で釣れたですね。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。

(4月15日)
10時頃、近所のIさんが、青虫を買いに来られて、
「今、釣りに行っとったら良い潮ですが、
今日は、孫(さん)が遊びに来てるので行けなかったです。
昼には帰るような事を言ってたから、昼から、ちょっとだけ(投げ)釣りに行ってみようかな。
最近、体調があまり良く無いので釣りの方は控えてますが、毎日のように、海には、見には行ってます。
○○の所では、小さいカレイが何匹か釣れています。
もう、ボツボツ、大きなカレイも釣れる頃だと思いますけどね。」
などと、Iさんは言われてました。

18時頃、Fさんが買い物に来られて、
「先週の水曜日は、(笠岡沖の)○○島沖に、メバル狙いで釣りに行ったら、
(サビキ釣りで)メバルが良く食ったですよ。
久々じゃなあ、あんなにメバルが釣れたのは。
魚探の反応も、バッチリ出てましたよ。
店長さん、先週は、何処の辺りに釣りに行かれたんですか?」
私 「先週は、朝一に、白石島沖にタイサビキに行ったら、すぐに当たりが3回あったのに、
もっと沖の方に行けば、もっと釣れると思って場所を変わったら、大風で釣りにならなかったです。」
Fさん 「木曜日は、ぼっけえ吹いたでしょう。」
私 「朝一に行った、白石の北側はベタ凪じゃったんよ。
多分、風向きが良かって、ベタ凪になっとっただけでしょうけどね。
タテの所で少し吹きだして、かさねの辺りでは、けっこうな風が吹いてたです。
前回は、?で、鯛が18匹、その前が15枚釣れてたので行ったけど、船が流されて釣りにならなかったです。」
Fさん 「?は、どの潮で鯛が良く釣れるんですか?」
私 「5号満ち〜8号満ち位が、?の最適の潮ですよ。」
Fさん 「今度の休みは、朝6時頃が干潮なので、?に行ってみようかな。」
私 「潮が低い時は流れすぎて釣れないんですが、
5号満ち頃になると潮が緩んで来るので、それからの潮ですよ。
朝早く行かれても釣れないでしょうから、朝一は、○○島の北側で釣った後に、
?に行かれたら良いと思います。」
などと、Fさんとお話いたしました。
なお、Fさんは、水曜日がお休みなので、時々、水曜日の夜に太刀魚の情報などを教えて頂いていますから、
Fさんとは、、隠し事なく、情報交換をさせて頂いています。
Fさん、今週は、鯛を、いっぱい釣ってくださいネ。

18時過ぎに、Kさんが買い物に来られて、
「この前は、白石の?に上がったら、鯛が3枚とメバルが1匹釣れたです。」
などと、Kさんは言われてました。

18時半頃、北木島のTさんが買い物に来られて、
「今日は、朝、ちょっとだけ釣りに出たら、(タイサビキ釣りで)鯛が1匹釣れたです。
風があって船が流されたので、釣りにくかったから、すぐに帰りました」
などと、Tさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月14日)
15時頃、投げ釣りの大変お上手なAさんが買い物に来られたので、
私 「Aさん、釣りに行かれてるの?」
Aさん 「先週は、北木島に投げ釣りに行ったけど、キスが5匹しか釣れなかったです。
当たりは何度かあったんだけど、中々、針までは掛からなかったですね。
まだ、ちょっと早いのかなあ。
去年も、出始めの頃は、良く無かったですから。
さっき、沙美に投げる練習に行ってきたけど、海は、ベタ凪でしたよ。
釣りにいっとけば良かったかな。
天気予報が、あまりにも悪い様な事を言ってたので止めたんですよ。」
私 「朝は、結構、風が吹いてたですよ。 六島の風速は8mでしたけど。
さっき、と、言われたので、昼からは風が落ちたのでしょうかね?
それとも、沙美は、風向きが良かったのかな。」
Aさん 「そうですよ、さっき、行ってたばかりです。
沙美の所は、沖の方を見ても、海は、ベタ凪になってましたよ。」
私 「投げる練習と言っても、Aさんは、6色(150m)、7色(175m)位、投げられるんでしょ?」
Aさん 「大会に行ったら、みんな、6色、7色位は投げますよ。
中には、もっと投げられる人もいます。
だけど、遠くに投げたからと言って、キスが多く釣れる訳じゃあないんですよ。
手返しが早くて、トラブルがほとんど無い人、いろいろな状況判断が上手な人などが勝ち残りますね。
なんの釣りでも一緒でしょうけど。
うまい人は、やっぱり上手です。
見てても解ります。
いろんな条件が違っても、上手な人は、何時も、それなりの成績を残されますからね。」
などと、Aさんは言われてました。

Aさん、何時も大変ありがとうございます。

(4月13日)
10時半頃、神島、外浦から、ちょっとだけ年配のお客様が買い物に来られて、
「昨日は、ちょっと釣りに出たら、ガガナ(ガシラ)が6匹釣れました。
会社の人は、昨日、北木島かどこかに、夜釣りに行ったら、
この位(25p位?)の、ええ型の黒(メバル)を、20匹ほど釣ってたよ。」
などと、お客様は言われてました。(船釣りです。)

14時半頃、Oさんが、釣りの帰りに買い物に来られて、
「今日は、笠岡沖にタイサビキに行ってきましたが、途中から風が出て釣りにならなかったです。
朝は風が無くて良い天気でしたが、
笠岡沖は、東の風が吹いたら、釣り場がなくなるからね。
友達が、今日は、キス釣りに行っますが、
朝の10時に電話した時点では、キスが2匹釣れてると聞きました。
それから後は、釣れたのかどうかは知らないですけどね。
キスは、もう、ちょっとだけ早いのかなあ。」
などと、Oさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月12日)→本日は店は開いていません。
下の写真は、本日、私が笠岡沖で釣ったメバルが6匹の写真です。
今日も、風が吹いて、どがんもならんかったです。 風裏のポイントが全く無いような状態でした。
湾の奥の奥の方で、メバルが、本当のおかずだけ釣れたです。

朝4時すぎに起床。
今日は、ベタ凪だと天気予報の予想だったので、久々、気合が入ってた。
暗い内から港を出て、朝一、メバルをたくさん釣る予定だったが・・・
ネットで風速を調べる。
風速が6m、7m吹いてた。
なんで、今日は、ベタ凪になるんじゃないの・・・
がっかりした。
何時ものようにコンビニに寄って、駐車場で朝飯を食べたけど、初めて買ったラーメンは、汁が全く無い。
なんぼうにも、まずすぎて、もったいないけど、これじゃあ食べる気もしない。
500円弱、無駄使いした。
メバル釣りをあきらめた時点で、今日は鯛釣りに行く事にしたから、かなりのんびりと時間を使う。
それでも、5時半になると、空が明るくなり、運転するには十分な明るさで、5時半出港。
港を出てすぐ、夏目の沖を通りすぎる時、やっぱり風が吹いてた。
この風じゃあ、沖の方は無理だな。
白石島の北側に直行した。
ここは、今が最高の地合いだし、風向きが良いのか、ここは、風がほとんどと言って良いほど吹いてない。
急いで仕掛けをセットして釣り始めると、すぐに、鯛の当たりが3回あったが、掛ける事が出来なかった。
ベイトも鯛もかなり浮いていて、魚探の反応良し。
お客様が横の方で釣られてたので、声を掛けると、鯛が1匹釣れてる、と。
アタリがあるので、ここで辛抱してたら、多分、鯛が何枚か釣れてただろうが、
この風なら、沖の方に行っても風が吹いて無いだろう・・・と、誤った判断をしたので、
今日は、一日棒に振る事となった。
時計を見たら、まだ、6時15分だったが、思いきって移動したのが敗着になった。
船が、タテ島沖を通り過ぎる時、少し風が出だした。
さらに、布超を通り過ぎる頃には、さらに風が吹いてた。
これは、沖の方は吹いてるなあ、釣りにならないかも・・・と、この時点で思ったけど、
再び、白石島まで戻る気になれなかったのが最大の過ち。
ここで、間違いにきずいた時点で、勇気を出して、再び、白石沖に戻っていたら・・・
ここが最後の判断ミスだった。
シンザキ沖に着く。
白いブイが、かなり離れた位置に2つ見えて、ポイントの真上に網が入ってるようだ。
魚探を点けて、アチコチ探したら、何箇所か、鯛が釣れそうな反応が有ったが、
仕掛けを落としても当たらなかった。
本日、一番狙ってた場所に移動する。
ここは、先々週、鯛が18枚釣れてるし、その前も、15枚釣れたので自信はあった。
一番良い地合いの時に到着したけど、今日は、この前ほどは、ベイトが多くない。
ここで、少しねばってみたけど、風が吹いてて、釣りにならないような状態だった。
反応が良く無い中、魚探を点けて探してると、これなら絶対に釣れる・・と、思った時が何度もあったけど、
船が、流されて、流されて、どうにもならない。
ギアをバックに入れて、仕掛けが真下になるように調整すれば、ギアを入れた瞬間に、
魚影もベイトも魚探から消える。
どがんもならん。 遂に場所を捨てた。
場所を捨てたけど、何処も風裏が無いような状態で、どうする事も出来ない。
その内、波が落ちるかもしれないと期待して、湾の奥の奥の方に入って、メバルを狙ってみると、すぐに6匹釣れた。
風が無かったら、メバルの一級ポイントに行ければ、もっと、もっと、メバルが釣れただろうけど。
おかずだけは確保出来たので、再び、タイサビキを出して、風の中、鯛を狙ったけど、風は強くなる一方だ。
あああ、もう、止めた。
こんな事なら、白石島の北側で頑張っておけば良かったのに。
あそこは、ちょうど風向きが良くて、風が当たってなかったのか、後から気づいても遅かった。
最後の最後に、白石の北側に行ってみたけど、魚探の反応が良い場所もあったが、
もう、この時点では、風と波が、かなりあって、釣りにならないような状態だった。
後悔ばかりの1日でした。

(4月11日)
14時半頃、新里見メバル5本針 6号ー1号 などを買いに来られたお客様は、
「昨日は、このサビキで、メバルが良く釣れましたよ。」
私 「松山沖か、何処か遠くの方に行かれたのですか?」
お客様 「いいえ、この沖の方ですよ。」
私 「笠岡沖ですか?」
お客様 「福山沖の方ですよ。 私は、メバルが30匹ちょっと釣れました。
この沖の方にもメバルはたくさんおりますね。
ただし、一度、磯にいるメバルを釣ってしまったら、それでお終いです。
その次に行っても釣れないですよ。
また、違う磯で釣らないといけないです。
港の辺りには、この位の生まれたばかりの小さなメバルが、たくさん見えました。
毎年、12月〜1月頃、磯にいたメバルが近場に移動してきて、子供を産みます。
その子供が少し大きくなったら、近くの磯などに移動します。
メバルは泳ぎが上手じゃあないので、せいぜい1キロか2キロ程度しか移動しないです。
メバルの体を見てみてください。
そんなに遠くに泳ぐような体をしていないでしょう。・・・・」
などと、お客様は、自信満々に説明してくれましたが、
本当かどうかはメバルに聞いてみないと解らないかな??
私は、最初、お客さんは遊漁船で遠くの方に釣りに行かれたのかな・・・と、思ってましたが、
お話を聞いてる内に、釣り場は、福山沖で、岸からの夜釣りで釣られたんじゃあないかと思えました。
メバルのお話はともかく、福山沖の方でも、メバルが良く釣れるんだな・・・とは、解りました。

お客様、大変ありがとうございました。

明日は、私も、笠岡沖に遊びに行く予定です。
鯛もメバルも、潮が良いので、もしも、釣れなかったら、言い訳が出来ないかな???
ベタ凪の最高の天気だったら、メバルの偵察で、状況調査で、朝一、何箇所か行ってみようかな。
少し風があって、メバル釣りに向いてないようなら、朝一から鯛を狙おうと思ってますが、
気が変わるかもしれません。
明日は、全く釣れなくてもかまいません。
のんびりと楽しく遊んで、自分なりに何か納得の出来る釣りが出来たら良いと思います。

(4月10日)
13時過ぎに、買い物に来られたお客様は、
「(今週の)日曜日は、風が吹いてる中、(遊漁船で)しまなみ沖の方に夜釣りに行ったら、
私は、25p前後の良型メバルが40匹ほど釣れました。
根掛かりが激しくて、鉛を18ケも切ってしまったです。
根が荒い場所に行く時は、鉛をたくさん持っていかないといけないですね。」
などと、お客様は言われてました。

16時過ぎに、Mさんが買い物に来られたので、
私 「Mさん、鯛釣りに行かれてますか?」
Mさん 「毎週日曜日は、○さんの船で一緒に行ってますよ。」
私 「一昨日の日曜日も、下津井沖に行かれたのですか?」
Mさん 「この日曜日は、下津井の方じゃなくて、西の方に走りました。
最初は、○○島沖に行って、その後も、アチコチ移動したです。」
私 「日曜は、風が強くて釣りにならなかったでしょ?」
Mさん 「最初の1時間位は風も無くて釣り易かったですが、
それ以降は風が強くなって釣りにならなかったです。
潮が返す時に、一瞬、海が凪いで、チャンスだったんですがね。
結局、一昨日は、3人で鯛が20枚位でした。
その前の日曜日は、下津井沖で、やっぱり3人で鯛が20枚ほど釣れたです。」
私 「それじゃったら笠岡沖で頑張った方が良いんじゃないですか?」
Mさん 「笠岡沖じゃあ夢が無いから、だから他の場所に行くんですよ。
何時も夢を見たい・・と、言いながら行きます。
向こうの方に行ったら、とんなでもないような大きな鯛も釣れますからね。」
私 「今日の鯛の情報は入ってないですか?
今日は、天気も、そこそこで、潮が良かったから、
もしかしたら、鯛が良く釣れてるんじゃないかと思ったんですけどね?」
Mさん 「いいえ、今日の情報は、まだ、知りませんよ。
今週も、○さんと一緒に釣りに行く事になっています。」
などと、Mさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月9日)
9時半頃、Mさんが買い物に来られて、
「(4月)4日に、友達が、下津井沖で鯛を10枚釣ってきました。
今週の木曜日は、天気も潮も良いから、一緒に鯛釣りに行こうと誘われています。
友達は、上手なので、潮によって、アチコチ場所を変わって釣ります。
今週もまだ鯛は釣れると思う?、店長、鯛釣りに行くの?」
私 「今週も鯛釣りに行こうと思っていますよ。
もしも、本当に釣れないと思っていたら、高いガソリン代を払ってまで行かないですよ。
天気さえ良ければ、鯛が10枚以上釣れるのでは、と、心の中では思ってます。」
Mさん 「連れが、わざわざ、誘ってくれたんだから、幾らか釣れるんじゃあないかと私も思います。」
などと、Mさんは言われてました。

15時頃、買い物に来られたお客様は、
「もう少しタイサビキで釣れますかね?」
私 「先週もタイサビキ釣りに行ったんですが、あの日は風が強すぎて釣りにはならなかった日ですけど、
まだ、ベイトが固まってる場所が何箇所かありました。
ベイトが多く集まる場所さえあれば、鯛は、ずっと釣れると思いますよ。
ベイトが散らばりだしたら、鯛も、一か所に集まらなくなり、広範囲に鯛も散らばって行きます。
毎年のように、4月の中旬頃になると、あれだけ固まってたベイトが散らばりだして、
魚探に反応が無くなったら、鯛のサビキ釣りはお終いになります。
ここ1週間位、天気が悪くて、毎日、毎日、ずっと寒い日が続いてるから、
もしかしたら、この寒さの為、ベイトがもっと集まるんじゃあないかと、私は期待してますけどね。」
お客様 「先週は、笠岡沖にタイサビキ釣りに行ったら、良かったんですよ。
46p、43pの大きな鯛も釣れたし、全部で鯛が5匹も釣れたです。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月8日)
10時半頃、激渋のサビキなどを買いに来られたお客様は、
「今日は、この店に初めてきました。
友達に教えて頂いたので、サビキを買いに来たです。
この前、遊漁船に乗って、メバルのサビキ釣りに行った時、
70p位に見えた大きなヒラメが掛かったのですが、水面まで浮いてたけど、最後に逃げられたです。
横の人が、メバル用の小さい玉アミで救ってくれようとしたら、網が小さすぎて救いきれなかったです。
船長が後ろの方から、大きな玉アミを持ってきてくれてただけに残念でした。
たまに、サビキ仕掛けに、ヒラメが掛かる事があるみたいですね。
65pのヒラメを上げられた人がいるのも聞きましたよ。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、香川県の遊漁船の、リスキーさんが、激渋タイプ8本針6号ー0・8号 を、買いに来られました。
私 「今年はイカナゴが少ないみたいですね。」
船長さん 「イカナゴは、今年は少し遅れてます。
普通なら、今頃、(イカナゴの)新子が、いっぱいいなければおかしいんですが。
夜釣りでメバル釣りに行ったら、大きなこの位のイカナゴの親を、メバルが口の中に食べてたです。
まだ、イカナゴの親がいるみたいなので、ちょっと遅れてますね。・・・
今日は、風が強くて中止にしました。
瀬戸大橋の所を通って来たら、櫃石島の所だけは、鯛釣りの船がたくさん見えましたよ。」
などと、リスキーさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月7日)
今日は、春の大荒れの天気で、予想外の雨も降りました。
山陰沖に寒気が流れ込んで来たようです。
買い物に来られたお客様も、「今日は寒い。」 と、言われてたです。
昼頃のテレビの天気予報の予想では、明日は、寒気が東の方に移動すようには言ってました。
先ほど、明日の天気予報をネットで調べたら、
岡山県の明日の波の予想は、1mになってたですが本当でしょうかね???

今日は、釣り情報の、これと言ったネタは聞け無かったですが、ほんの数行でも書くとしたら、
17時半頃、メバルのサビキを買いに来られたお客様は、
「キスは、もう釣れてますか?」
私 「まだ、キス釣りに行かれてる人自体が、ほとんどおられないと思います。
多分、何人かの人は、もうキス釣りに行かれた方もおられるのでしょうが、
私は、キスが数匹とか釣れたと言う話は、今現在では聞いてないです。」
お客様 「もう少し先かなあ。ゴールデンウィークの頃には釣れると思うんですがね。
今日は、キス釣りに行くには行って来たのですが、釣り場に着てすぐに、
この天気では無理だと思って、港に引き返したんですよ。
すごい風でした。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。

(4月6日)
15時半頃、荷ヒモのタイプのチョクリ仕掛けを買いに来られたお客様は、
「この仕掛けで鯛が良く釣れましたよ。
この前は、(瀬戸大)橋が見える方に行ったら、鯛が13匹釣れましたよ。」
私 「それは、何時頃釣られたのですか?」
お客様 「先々週です。 あんなに鯛が釣れたら、おもしろいですね。
それから、勧めてくれた竿も良かったよ。」
などと、お客様は言われてました。

例連通りなら、タイサビキも、いよいよ終盤戦になりました。
勿論、これからも、数枚程度ならタイサビキで釣れない事は無いのでしょうが、
大釣りが望めるのは、後少しでしょうかね。(???)
今年の3月は、特に、下津井沖で鯛がムチャクチャ釣れました。
下津井沖は、3月27日(火)位までは調子が良かったけど、
その後、潮が大きくなってからは鯛の食いが落ちたですね。
今週の週末から来週にかけての、小潮、長潮、若潮が大チャンスの潮で、
ここで食わなかったら、普通は、ピークを越えた事になりそうですね。
しかし、タイラバ釣りをしても、水温が低いから、まだ時期的に早すぎて、
多分、半日頑張って、鯛が0匹〜1、2匹程度しか狙えない事でしょう。
やっぱり、タイサビキは夢があります。
4連、5連などで付いて上がる事もあるし、まだまだ、鯛が10枚以上釣る事も可能ですからネ。
例年通りなら、4月の中旬頃になると、ベイトが広範囲に散らばりだして、
魚探に、ベイトが、さっぱり映らなくなると、鯛も広い範囲に移動して釣れなくなります。
反対に言えば、ベイトが固まっていれさえすれば、鯛は釣れ続く事でしょう。
昨日の私の釣りは、大風の為、さっぱり釣りにならなかったです。
海をクルージングしただけで、何箇所、ポイントを変わったかなあ。
朝一は、解禁になった白石島の北側に行ったら、結構、鯛もベイトはいっぱい映ってたですが、
船が流されたので場所を捨てて、次々にポイントを変わって、
そして、最後は、小ゴチの西側→大ゴチの西側に帰ってきたです。
勿論、潮も何にも考えなくて、釣りになりそうな場所を転々と移動しただけです。
だけど、4か所に関しては、魚探に、鯛とベイトがたくさん映って見えました。
風さえ無かったら、ここなら絶対に鯛が釣れそうな感じでした。
海の中には、まだまだ、ベイトがたくさん集まってる場所もあります。
このベイトが見えなくなったら、今年のタイサビキ釣りも、ひとまずお終いかな・・
この小さい潮は狙い目でしょうかネ???
最後に、もう一度、夢を見てみたい物です。

16時過ぎに、チヌのフカセ釣りのお上手なMさんが、3キロ板のオキアミを買いに来られました。
Mさんは、この時期は、外浦から渡船に乗られて、笠岡沖にフカセ釣りに通われてる方です。
Mさん、確か一昨日に、3キロ板のオキアミやチヌの集魚剤などを買いに来られたので、
私 「Mさん、チヌが釣れましたか?」
Mさん 「よう、食ようる。 風が強かったけど、(チヌが)10枚釣れたです。
その前までは、2匹、3匹釣るのがやっとじゃったけどな。
エサを撒いたら、かなり上の方まで浮きだしたですね。
足元にも、チヌが見えたですよ。
もう、のっこみに入ったな。」
などと、Mさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月5日)→本日は店は開いていません。
今日は、笠岡沖に釣りに行くには行ったですが、全く釣りにならなかったです。
笠岡沖の天敵の風、北東の風が、7m、8m、10mも吹いてたようで、どがんもならん・・でした。
ベイトも鯛も浮いていた場所が、4か所あって、
あの反応なら、風さえ無かったら、少なくても数匹位は、簡単に、鯛が釣れていたと思えました。
南西向きの水深が、25m〜30m位のポイントに行った時、魚もベイトも、かなり浮いていて、
タイサビキの仕掛けに、超大型メバルが1匹食い付いてくれたです。
ここは、風が当たらないだろうと思って行った場所で、本当はメバルのポイントでしたが、
広範囲に、魚もベイトも浮いてたので、急いで、メバルのサビキ仕掛けに付け変えて落とすと、
またまた、大きなメバルが釣れたです。
だけど、ここまででした。
強風の為、船が、木の葉のように流されて、どうしても、ポイントに思うように仕掛けを落とせないのでギブアップ。
今度、ベタ凪の日に、この潮で、ここに来れば、きっと、大きなメバルが釣れる事でしょう・・
と、本日、これだけが、たった一つの収穫でした。
行く前から、北東の風が、かなり吹いてたのはネットで調べて解ってはいたけど、
その後、予想以上に風が出て、どうしようもなかったですネ。
まあ、こんな日もあります。
帰りは大白波になって、スローで帰りました。
無事に帰って来れただけで良かったです。
来週、来週。 来週は、鯛をたくさん釣りたいな。

(4月4日)
13時半頃買い物に来られたお客様は、定年になったので、先日、メバルの竿などを一式揃えられて、
始めて遊漁船に乗られてメバル釣りを始められた方です。
「笠岡のあこうさんで釣りに行ってきました。 メバルがたくさん釣れましたよ。
私には釣れなかったけど、横の方で釣られた方は、尺メバルを釣られました。
瀬戸内にも、あんな大きなメバルがいるんですね、初めて見たです。
今度は、私も、30pのメバルが釣りたいです。」
などと、お客様は言われてました。

15時頃、タイサビキを買いに来られた方は、私と同じ港に船を泊められていて、
時々、お話をさせて頂いてます。
「一昨日、白石島沖にタイサビキ釣りに行ったら、午前中で鯛が7匹釣れました。
今日は調子が良いなあ・・と、思ってたんですが、
下げ潮になるとベイトが全く映らなくなって、それからは当たりもなくなりました。」
などと、お客様は言われてました。

16時頃、Hさんが買い物に来られました。
Hさんには、私が先週と、その2週前に、鯛が良く釣れたポイントを紹介させて頂いてたですが、
「この前、?沖に行ったけど、鯛は釣れなかったです。
朝から来てた船が2艘いたので、釣れたのか聞いてみたけど、鯛が釣れてなかったようです。」
私 「ベイトは出てたですか?」
Hさん 「ベイトは、いっぱい出てたけど、当たらなかったです。」
私 「Hさん、ベイトが多くいたら、楽しみがありますね。
魚探に映ってるのは、あれは、全部、鯛ですよ。
あそこの鯛は、よっぽど注意して、静かに釣らないと食わないんです。
場所を移動する時でも、ポイント付近は通らずに、大周りしたり、
とにかく、出来るだけエンジンを吹かさないように、静かに静かに釣るのがコツです。
何かの拍子で、スイッチが入ったら、先週みたいに10匹、20匹と釣れるんですがね。」
Hさん 「その後、?島に行ったら、ここは当たりがあったけど掛から無くて、
最後に白石島の沖に帰って釣ったら、何とか鯛が1枚釣れたです。」
などと、Hさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月3日)
13時半頃、買い物に来られたお客様は、
「今年は、メバルが良く食う年ですね。
この前、(遊漁船で)夜釣りに行ったら、22p位〜25pのメバルが中心で、
みんな50匹とか60匹も釣れましたよ。
尺メバルも出ました。」
私 「松山沖の方に行かれたんですか?」
お客様 「そうです。 ○島を通り過ぎて、まだまだ向こうの方に行ったです。
向こうの方まで行けば、大きいメバルが釣れますね。」
などと、お客様は言われてました。

14時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「この前、上手な人に、下津井沖の方に釣れて行ってもらったら、私は鯛が16匹も釣れました。
2時間位、地合いがあって、2人とも鯛が良く釣れましたよ。」
私 「それは、ここ最近の事ですか?」
お客様 「先週の金曜日ですよ。」
私 「先週の金曜日は、潮が流れて、下津井に行った人は、鯛があまり良く無かったように聞きましたけど。」
お客様 「最初は、橋の東側で鯛が2匹、橋の少し西の方で鯛が2匹、
最後に、もう少しこちらの方に帰ってからが良く釣れましたよ。
私は、今までに鯛を12匹釣ったのが最高でしたが、16匹も釣れたのは初めてです。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月2日)
15時半頃、Hさんが釣り竿の修理に来られて、
「今日は、(ちょっと西の方の)○○島沖にタイサビキ釣りに行ったけど、良く無かったです。
昨日は、○さんが、下津井沖の方に鯛釣りに行ったら、4匹か5匹位しか釣れなかったのを聞いてたので、
それで西の方に行ったんですがね。
潮が大きすぎて、釣れる時間帯も短いし、流れるから、ベイトが集まらないし、
やっぱり、大潮は厳しいですね。
また、潮が小さくなりだしたら釣れると思いますよ。」
などと、Hさんは言われてました。

17時頃、釣りの帰りに、キッタカさんの常連のお客様の、Oさんがサビキを買いに来られたので、
私 「Oさん、今日も良く釣れたですか?」
Oさん 「今日は、106(匹)か108(匹)です。
船長が、機械でカチカチと、数を数えてるから、船長の方が良く知ってる。
今日は、メバルが良く食ったから、早上がりしたですよ。」
などと、Oさんは言われてました。

釣り船などの詳しい事は、キッタカさんまでお尋ねくださいませ。
キッタカさん(福山港より出船)090−3172−3819
(電話は、夜8時まででお願い致します)

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(4月1日)
11時過ぎに買い物に来られたお客様は、
「この前、松山沖まで行ったら、31pの大きなメバルが釣れました。
向こうまで行けば、大きいのが釣れますね。
だけど、片道、2時間半とか乗らんといけんからなあ。」
などと、お客様は言われてました。

11時半頃、Kさんが、オキアミのブロックを買いに来られて、
今日も、これから、外浦から渡船に乗られて、笠岡沖にチヌのフカセ釣りに行かれました。
私 「この前(4、5日前?)は、釣れましたか?」
Kさん 「ポロポロと釣れてるね。
あんまり大きいのは、まだ、出てないようですよ。」
などと、Kさんは言われてました。

正午頃、ちょっとだけ年配のように見えたお客様が、里見タイサビキを買いに来られたけど、
ただ今、売り切れ中でした。
「昨日は、下津井沖の方に、孫(さん)と息子(さん)と、一緒に、釣りに行ったら、
3人で鯛が50枚ほど釣れました。」
私 「昨日は、(下津井沖の)○島沖の所は、鯛が釣れなかったように聞きましたよ。」
お客様 「○島沖の所は、潮が大きくなりだしてからは、ここ何日かは良く無いですね。
あそこは、船が60艘も70艘も集まるからなあ。
私は、みんなが釣らんような場所で何時も釣ってます。
みんなポイントを知らんなあ。
人が集まっとったら釣れると思うとるから。
私が何時も通っている場所は、鯛の通り道になっていて、その潮を狙って行ったら何時も良く釣れますよ。
だから、早く行っても釣れん、遅かっても釣れん、その潮にならんといけんですね。・・・
私は、何時も、鉛の5号で釣ります。
ゆっくり仕掛けを落としてる時にも良く釣れるし、また、リールを巻き上げてる時に当たったら、
そのまま、ゆっくり巻き続けると良いですよ。
みんな、30号とかの重たい鉛で釣ってる人もいるけど、
私は、軽い鉛で釣る方が鯛は良く釣れると思いますよ。」
私 「私は、(タイサビキ釣りは)何時も30号の鉛で釣っています。
5号の鉛じゃあ、鯛の群れが船の真下にいても、仕掛けを落としてる間に、鯛が通り過ぎて行くでしょ。
30号の鉛で、すばやく仕掛けを入れて釣らないと、鯛は釣れないと思いますけどね。
また、鉛が軽かったら、1匹釣れた後、追い食いをさせる時に、仕掛けが沈まずに、
中々、鯛の連掛けをするのが難しいんじゃないかと、自分では思っています。
だけど、お客様は、毎回のように鯛をたくさん釣られてるんだから、
やっぱりお客さんの釣り方も、きっと正解なんでしょうね。
どちらにしても、自分が釣れたら良いだけで、自分自身の釣り方で楽しめたら良いんじゃないでしょうかネ。」
などと、お客様とお話しました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月31日)
正午頃、Oさんが買い物に来られて、
「(今週の)火曜日は、下津井沖の方にタイサビキ釣りに行ったら、私は鯛が17匹釣れました。
40p位がレギラーサイズで、鯛の型も良かったです。
私は、福山(?)の方に船を置いているので、
朝は、近くの白石島、北木島沖のポイントを、3か所ほど行ってみたけど、
朝早い事もあったですが、船は誰もいないし、魚探の反応も今一つだったです。
仕方ないので、下津井沖の方に行きました。
向こうは、船が、とっても多かったですね。
次の日は、息子(さん)が、同じ場所に行ったら、3人で鯛が13匹しか釣れなかったようです。
一日違うだけで、あんなに食いが違うのかなあ。」
などと、Oさんは言われてました。

16時半頃、青虫を買いに来られたお兄さんは、
最近は、半夜釣りで、近場の投げ釣りに通われてる方です。
「ここ何回かは、不思議な事に、何時も、アナゴが4匹、釣れてます。
ちょっと前は、小さいのが多かったですが、段々、大きくなっていますよ。
先週は、この位大きいアナゴが釣れました。」
などと、お兄さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月30日)
9時半頃、遊潮丸さんの高橋船長が、夜釣り用のメバルのサビキを買いに来られて、
「最近は、夜釣りにも行ってます。
昨日も、27p位〜32p位までの大きなメバルが、1人、10匹づつ位釣れました。

型が大きいので、メバルが10匹も釣れたら、お客様たちは、みんな満足されて帰られてますよ。
玉アミで救うようにはしていますけど、昨日も、0・8号のハリスでは、3回切られたので、
今度は、1号のハリスのサビキも試してみようと思います。」
などと、高橋船長は言われてました。

なお、釣り船などの詳しい事は、高橋さんまで、ご連絡してくださいませ。
遊潮丸
お気軽にメール・電話ください。
TEL 090−7779−2473
電話は21時頃までにお願いします。
(福山市内海町横田港より出船します。)


10時半頃、メバルのサビキなどを、買いに来られたお客様は、
「(愛媛県沖の方は)今年はメバルの当たり年です。
こんなに釣れる事は、私は、記憶に無いです。
夜釣りなら6時間位釣って、良型メバルが何時も40匹位、昼釣りなら3ケタ釣れる事もあります。
(携帯電話に写されてる、大きなメバルが5匹並んでいる写真を出されて)
これが、この前釣った31pなどのメバルです。
特に大きかったのを5匹だけ写真に撮りました。」
などと、お客様は言われてました。

11時頃、タイサビキ釣りのお上手な○さんが買い物に来られて、
「昨日は、○○○沖の方にタイサビキに行ったけど、昨日は良く無かったです。」
私 「○○○沖は、最近、鯛が良く釣れてたでしょ?」
○さん 「○○○沖は、潮が大きくなったら、釣れる時間帯が短かくなるので、いけんのんじゃ。
また、潮が小さくなると釣れると思うよ。
店長、昨日は良く釣ってたね。」
私 「昨日は、?と?に行ってみたけど、どっちも魚探の反応が良かったですよ。
朝一に、?で、すぐに2匹釣れて、その後すぐに?に変わって、
?で鯛が18匹と、メバルのビックリサイズが1匹釣れたですよ。」
○さん 「?は、店長の貸し切りの場所じゃけえなあ。
だれも釣りに来ないから、そりゃあ釣れるわなあ。」
などと、○さんは言われてました。

14時頃、北木島のSさんの娘さんがお使いで、タイサビキを買いに来られたので、
私 「お父さん、鯛を釣って来られてますか?」
Sさんの娘さん 「昨日は、朝9時頃鯛を笠岡まで持って来てくれたんじゃけど、
朝、ちょっとだけ釣りに行ったら、鯛が2匹釣れたようですよ。
昨日は、昼から、まだ、釣りに行くように言ってました。
一昨日は、お父さん、鯛がたくさん釣れたようですよ。」
などと、お話いたしました。

15時過ぎに、愛媛県のSさんより、報告の電話を頂きまして、
「この前、送って頂いたサビキで、昨日もメバルが良く釣れましたよ。
25(p)位のが60匹釣れたですよ。
今年は、メバルが異常に釣れますね。
もうちょっとサビキが残ってるので、少なくなったら、また送ってくださいね。」
などと、Sさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月29日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った鯛が20匹などの写真です。
先週、悪天候の為釣りに行ってなかったから、、笠岡沖の鯛の状況が全く解ってなかったですが、
今日は、ベイトも鯛も、魚探に、いっぱい映りました。
まだ、笠岡沖の鯛、もう少し釣れるんじゃあないでしょうかネ???
本当は、笠岡沖の状況が全く悪いようだったら、
ここ最近、鯛が良く釣れている沖の方まで走って行くつもりでしたが、その心配は無かったです。
私の釣った場所は、自分一人の貸し切り状態で、のんびりと遊べました。

今日も、ゆっくりと起床した。。
のそのそと用意をして、何時ものように、コンビニの駐車場で、おにぎりと、味噌ラーメンを食べる予定だったが、
ラーメンが売り場に残ってない。
今日は、何時もと違うので、魚が釣れないかも・・・と、思って港に向かう。
港に着いたら、ゆっくりと、道具を積み込み、出港した。
ミドウチを出て、神島沖に出てみたが、完全なベタ凪状態ではなかったが、この位の波なら問題なし。。
最初の場所は、○○○○へ。
ここは、下げ潮狙いの場所なので、潮がちょっと悪いかな・・と、思って寄り途したけど、
魚探の反応が良い。
鯛も、ベイトも浮いていた。
モーニングサービスで、単発が2回で、すぐに鯛が2匹釣れた。
ここで頑張っても鯛が釣れそうだったけど、
これなら、満潮からの下げ潮の地合いで帰って来れば、入れ食いになるかもしれないなあ・・・
と、思いながら場所を捨てた。
2か所目は、本日、一番自信のあったポイントへ。
ここは、一番良く釣れる地合いだと思って、さっきの場所を捨ててでも、狙って来た。
ベイトも鯛も浮いている。
入れ食い状態では無かったけど、ポロポロと、鯛が釣れた。
本当に釣れたのは、9時半まで。
9時半頃になると、南西向きの風が吹きだして、船が流されだした。
ここのポイントでも、風が当たってるから、他の場所に場所変えしても、もっと酷い事になるだろうから、
今日は、ここで辛抱して釣る覚悟をした。
その後も、ポツポツと、何匹か鯛を拾って鯛が20匹釣れた所で、納竿とした。
最後に、帰り途で、朝一の所に戻って、魚探を点けてみると、ちょうど地合いだった事もあって、
鯛もベイトも中層か、それよりも上の方までいっぱい浮いていた。
だけど、竿を閉まった後だったので、再び、仕掛けを作って釣る気にもなれなかった。
かなり、もったいなかったかな・・・
もう、十分、楽しめたし、納得出来たので、今日も早めに納竿した。

(3月28日)
15時頃、(ペンネーム)スミちゃんが買い物に来られたので、
私 「Sさん、岸からでもメバルが釣れてますか?」
スミちゃん 「岸からでも、26pまでのメバルなら釣れますよ。
私のホームグランドの方は、今、スナメリが異常に多いです。
この前は、スナメリに追いかけられたようで、アジやサバが湾の中に入ってきたです。
不思議な事に、良型のアジやサバは、昼間のウキ釣りなら釣れるけど、夜になると食わなくなります。
知り合いの人は、ひっかけ針を使って、夜、20p位のアジを何匹か掛けられた人もいます。
沖の方のスナメリが、5、6匹の群れで、プシュ、プシュ、と、すぐ前の方まで、近寄って来たら、
水面まで浮いてたメバルが、底の方に沈んでしまいます。
なんとかならないかな、スナメリさん。」
などと、Sさんは言われてました。

Sさん、何時も大変ありがとうございます。

(3月27日)
16時半頃、激渋タイプ赤黒 6本針 5号ー0・8号、6号ー0・8号 を買いに来られたお客様は、
レジの所に貼っている、メバルの写真を見られて、
「このメバル、大きいですね。 何p位あるのですか?」
私 「29pですよ。」
お客様 「泣きメバルですね。 私も、この前、30pにちょっとだけ足りない29pのメバルが釣れました。
特に、最後の30分位は、本当の入れ食い状態になって、すごかったですよ。」
私 「夜釣りに行かれたのですか?」
お客様 「いいえ、昼釣りです。 この激渋のサビキ、本当に良く釣れますね。」
などと、お客様は言われてました。

上記のお客様と入れ替わりに、新里見メバルを買いに来られたお客様は、
「新里見メバルの8本針の5号ー0・8号 は、無いのですか?」
私 「すみません、ご覧の通りです。
もう、サビキの在庫が底をついていて、このサビキは売り切れました。」
お客様 「この前、松山沖の方に(遊漁船で)夜釣りに行ったら、
この新里見メバルでメバルがたくさん釣れたんですよ。」
私 「メバルが20匹とか30匹位釣れたのですか?」
お客様 「そんなもんじゃあ無いですよ。 もっと釣れたです。
船長が、船の上側に、安全の為、小さな灯りを点けてくれました。・・・・・
夜釣りなので、メバルの型も良かったですよ。」
などと、お客様は言われてました。

17時頃、メバル釣りの大変お上手なお客様がサビキを買いに来られました。
私 「お客さん、とってもお上手なんですね。
テレビに何度か出られてたのを見させて頂いたですよ。」
お客様 「(謙遜されて)そんな事はないです。 ただ、釣りに行ってる回数が多いだけです。
来月も、メバルの取材が入ってるので釣りに行く事になっています。」
私 「今回は、どこの方に行かれるんですか?」
お客様 「多分、松山沖の方じゃないかな。
この前行った時も、メバルが良く釣れましたよ。
一番多く釣った人は、15p位〜31pまでのを80匹ほど釣られました。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月26日)
14時頃、買い物に来られたお客様は、
「今日は、○○沖に、(タイサビキ釣りに)行ったら、私は、鯛が17枚釣れました。
朝6時過ぎに付いて、11時まで、ずっと当たりぱなしでした。」
店内で買い物をされてたもう一人のお客様が、「大きいのも釣れたん?」
お客様 「そうでもなかったですよ。
一番大きいので、45p、50pまででした。
私の目の前で釣ってた船の人は、70p位の大鯛も上げられたですよ。
昨日も、○○沖は、鯛が大変良く釣れし、今日も良かったですね。
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。

(3月25日)
14時頃、激渋タイプ赤黒 6本針 5号ー0・8号 を、買いに来られたお客様は、
「このサビキ、メバルが良く釣れますね。」
私 「何匹位釣れたのですか?」
お客様 「数は30匹位でしたが、尺メバルが2匹と、後のも27p位の大きなメバルばかりでしたよ。
昨日は、尾道の方から、遊漁船で、夜釣りに行ったんですが、このサビキの一人勝ちでした。
私は、激渋のサビキを使ったので、大きなメバルが、おもしろいように釣れたけど、
他の人たちは、サビキが違ってたので、そんなに釣られてなかったです。
昨日は、サビキの違いによって、大きく釣果の差が出ましたね。」
などと、お客様は言われてました。

15時頃、Tさんが、タイサビキを買いに来られて、
「一昨日は、○○沖で鯛が、ぼっけえ釣れたみたいですね。
友達は、朝からずっと食い続けたそうです。
それを聞いて、私も、昨日、○○沖に、ゆっくりと出掛けたら、昨日は、たいした事がなかったです。
11時頃、地合いがあって、鯛が5、6枚釣れて、12時半頃も良く釣れたけど、
鯛が10匹釣れてたので、すぐに帰りました。
今日は、7時すぎに港を出て、この前良く釣れた場所に行ったら、鯛が、すぐに10枚ほど釣れました。
前回は、鯛の型が大きかったけど、今日は、小さいのが多かったです。
45p位のが2匹釣れたけど、後のは、30p前後の鯛が、ほとんどでした。
ここの場所は、潮止まりになったので、
少し横の方の、ゆっくりと潮が流れてる場所に変わってからも鯛が良く釣れました。
結局、今日は12時まで釣って、私は、鯛が21匹釣れたです。」
などと、Tさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月24日)
15時頃、Iさんが買い物に来られて、
「今、?の所で、シラウオの親が、いっぱい救えます。・・・・・」
などと、Iさんは言われてました。

16時半頃、Eさんが買い物に来られて、
「今日は、タイサビキに行ったら、私は鯛が7匹釣れました。
一番釣った人で10匹でした。
昨日は、鯛が、ムチャクチャ釣れたようですが、今日は、たいした事なかったですね。
型も、昨日より一回り小さくて、30p位の鯛も多かったです。」
などと、Eさんは言われてました。

17時頃、鯛釣り名人の○さんが、タイサビキを買いに来られたので、
私 「○さん、今日は、たいした事なかったようですね。
昨日は、みんなクーラー満タンになったように聞いたですけど。」
○さん 「幾らか釣れたよ。
今日は、30p前後位のも多かったですが、(鯛が)25匹釣れたですよ。
一番大きかったので50p位のが何匹か混ざりました。・・・・」
などと、○さんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月23日)
昨日までは、悪天候の為、釣りに行かれた方も少なかった事でしょう。
さすがに、昨日の天気では、私も釣りに行けなかったです。
今日からは、この週末の土・日曜日も、最高の釣り日よりになりそうですね。

14時頃、○さんが買い物に来られて、
「今日も、Yさんたち、下津井沖の方にタイサビキ釣りに行って、鯛が入れ食いになったそうです。
みんな鯛が10匹以上釣れたみたいですよ。」
などと、○さんは言われてました。

14時半頃、遊潮丸さんの高橋船長が、メバルのサビキを買いに来られて、
「昼間のサビキ釣りは、メバルが、1人 10匹ちょっと位から、多い人で30匹位釣れています。
最近、半夜釣りにも行ってるんですが、夜は、釣れたら型が大きくて、25p位〜30p位のが釣れてます。
数は、一人、10匹位〜15匹位ですが、型が大きいので、お客様たちは、みんな納得されて帰られてますよ。
小さいのがたくさん釣れるより、大きいメバルが10匹位釣れた方が喜ばれるお客様も多いです。」
などと、高橋船長は言われてました。

なお、釣り船などの詳しい事は、高橋さんまで、ご連絡してくださいませ。

遊潮丸
お気軽にメール・電話ください。
TEL 090−7779−2473
電話は21時頃までにお願いします。
(福山市内海町横田港より出船します。)


釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月21日)
11時頃、MさんとMさんが買い物に来られて、
「この頃は、○○沖に、タイサビキ釣りに通っています。
魚探には、ベイトも鯛もいっぱい映って見えるんですが、
地合いの時は、鯛が、バタバタッと、釣れるけど、全般的には、食いが今一つですね。
日曜日も○○沖に行ったら、16時まで釣って、鯛が8匹釣れました。
当たりは何度もあったですが、鯛を掛けて、リールを10m位巻き上げた所や、水面近くなどで、
針が外れて、何度も逃げられたですよ。
きっと針が良い場所に掛かってないのでしょうね。
鯛は、いっぱいおるんよ。
だって、背中に針が掛かって上がってきた鯛が2匹もおったし。
おかしいじゃろ。
店長のブログにも書いてた通り、何かの加減でスイッチが入ったら、きっと入れ食いになるんだろうけど。
みんな、それを狙って通って行ってるんでしょうが、中々、入れ食い状態にはならないですね。」
などと、Mさんは言われてました。

Mさん、何時も大変ありがとうございます。

(3月20日)
14時頃、買い物に来られたお客様は、
「この前、買わして頂いた、タイサビキの竿、良かったですよ。
(3月)14日に、からこと丸さんで釣りに行ったら、私は、鯛が22匹釣れました。
40p〜45p位の良型の鯛が、ほとんどで、35リットルのクーラーに山盛り釣れたですよ。
私は、タイサビキ釣りは初めて行ったのですが、あんなに釣れるとは思わなかったです。」
私 「メバルやカサゴ釣りは、されなかったのですか?」
お客様 「からこと丸さんは、1号艇と2号艇があるようで、私が乗った船は、当日は、タイサビキだけでした。
地合いがあるんですね。
釣れる時は、みんな、おもしろいように鯛が釣れたですが、地合いが過ぎると、
ポロポロとしか釣れなくなったです。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、大変ありがとうございました。

(3月19日)
10時頃、買い物に来られたお客様は、何時も、三洋汽船さんで、笠岡沖の島に渡って、
のべ竿を1本を持って、一晩中、さぐり釣りをされる方です。
お客様は、以前のブログにも何度か登場されてる方で、奥様とご一緒に買い物に来られた時、
奥様が、「お父さん、何時も、カサゴを100匹位釣って来るんよ。」 と、言われてたですね。
お客様は、この週末にも、砂虫を買われて、夜釣りに行かれたので、
私 「お客さん、この前は釣れましたか?」
お客様 「土曜日は、真鍋島に行ったけど、カサゴが60匹ほどと、黒が1匹しか釣れなかったです。
思ったほどは釣れなかったですね。」
私 「60匹も釣られる人は、いないですよ。 お客様にしたら少なかったのでしょうけど。」
お客様 「一晩中釣ってじゃからね。 釣ってる時間も長いから。
私は、何時もは、土日は行かないようにしてるけど、
5時頃が干潮で、闇夜だったので、条件が良すぎたので行ったんですよ。
ワカメも、たくさん拾えました。
ルアー釣りの人が多いですね。 テレビの影響からかね。
7、8割の人が、ルアー釣りをされてたですよ。
ルアー釣りをされてたのは、40歳位までの若い人でした。
ルアー釣りは、型は出るかもしれんけど、エサ釣りみたいには数が釣れないでしょうね。
朝、帰りの船は、真鍋島からは、みんなで23人乗ったんですが、
島の人が6人で、後の人は、みんな釣り人さんでした。
真鍋島は、釣りに来る人が多いね。
私が何時も通っている、?島は、そんなに釣りに来る人がおらないですけど。」
などと、お客様は言われてました。

お客様、何時も大変ありがとうございます。

(3月18日)
13時半頃、タイサビキを買いに来られたお客様は、
「下津井沖も、やっと、本格的に鯛が食いだしたです。
この前から、鯛が20匹とか39匹釣れたですよ。」
などと、お客様は言われてました。

16時頃、買い物に来られたお客様は、
「一昨日の金曜日は、遊漁船で、三崎沖にタイサビキ釣りに行ったけど、あまり良く無かったです。
魚探には、10mとか15m位、鯛が、ビッシリ映ってるのに、なんでかしら、食わないんですよ。
普通、あんな反応が出たら、入れ食い状態にならんといけんのいなあ。
店長さん、あんな時は、どうやったら釣れるんですか?」
私 「魚探にいっぱい鯛が映っていても、さっぱり釣れない事は、私も何度もありますよ。
なぜでしょうかね。
何かの加減で、スイッチが入ると、それが、入れ食い状態になるけど、
釣れ無い時は、どんな事をしても食わないですよね。
地合いがずっと続いて、入れ食い状態の時に、鯛を30匹釣るのは簡単ですが、
食わない時に、鯛を3匹釣るのは、非常に難しいです。
はっきりとは覚えて無いのですが、
去年の12月頃でしたかね(???)、三崎沖は、魚探に鯛がいっぱい映っても釣れなかって、
年が明けてでしたかね(???)、それからは、三崎沖は、鯛が、たくさん釣れ続けました。
私は、今シーズンは、笠岡沖にしか鯛釣りに行って無いので、三崎沖の現地での実際の様子は解ってないです。
三崎沖は、広範囲で何箇所もポイントがあるので、
食わない時は、どこか違う場所を探したら釣れる事もあると思います。
だけど、魚探に、そんなに鯛が映ってるんだったら、三崎沖は、何か条件が良くなったら、
再び、鯛が、いっぱい食いだすかもしれないですネ。」
などと、お客様とお話しました。

16時半頃、寄島から、ケミホタルなどを買いに来られたお客様は、
「今日も近くに遊んできます。 この前のエサが、まだ残ってるんで。
この位の小さいカサゴやソイが、何時も、7、8匹位は釣れますよ。」
などと、お客様は言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月17日)
14時半頃、Oさんが、タイサビキを買いに来られて、
「(3日前の)水曜日は、息子(さん)と一緒に、下津井沖の方にタイサビキに行ったら、
良型の鯛が、2人で50匹ほど釣れました。
40p〜50p位の、大きな鯛が多くて、
クーラー2つに山盛りと、それでも入りきらなくて、ナイロン袋などにも入れて帰りました。
まあ、ぼっけえ釣れるもんじゃな。
?屋(さん)の、Hさんも、5日連続で釣りに来てたようで、毎日、鯛が大変良く釣られてます。
水曜日も、鯛がイケマに満タンになったから、早く止めて帰られたですよ。
ここ最近、下津井沖は、鯛だらけじゃな。」
などと、Oさんは言われてました。

Oさん、何時も大変ありがとうございます。

(3月16日)
正午すぎに、Sさんが買い物に来られて、
「昨日は、正頭から出る遊漁船で、タイサビキ釣りに行ったら、私は、鯛が11枚釣れました。」
私 「昨日は、ティーズさんで、?さん(ある会社の方)の、OBの人が、6人で行かれるように聞いてましたけど?」
Sさん 「その中の一人が、私だったんです。
?さんたちに、何時も誘われて、一緒に行ってるんですよ。
昨日は、?の所が、鯛が一番良く釣れたですが、魚探の反応が、すごかったですよ。
みんなで楽しく遊んで来れました。」
などと、Sさんは言われてました。

16時頃、タイサビキ釣りの大変お上手な、Uさんが、白色ばかりの鳴門のタイサビキを買いに来られて、
「昨日は、○○○沖の方に釣りに行ったら、鯛が、ぼっけえ釣れたで。
サワラなんかを入れる大きいクーラーがあるじゃるう、(1人で)あれに山盛りいっぱい鯛が釣れたですよ。
数は数えてないけど、多分、80匹位は釣れてたと思うよ。
船から、クーラーを下ろす時が大変で、友達に手伝ってもらったです。」
私 「?か、?の所に行かれたんでしょ?
一番多い人で、20何匹とか40匹程度、普通の人なら10匹ちょっと位釣った人は聞くけど、
そんなに釣られた人はいないですよ。」
Uさん 「確かに、私も、?の所には行ったけど、?は、そんなに、たいした事はなかったんよ。
本当の入れ食いの場所は、私一人しかいなくて、貸し切り状態でした。
今年は、どこにでも鯛が、おるもんじゃな。」
などと、Uさんは言われてました。

16時過ぎに、Oさんが釣りの帰りにサビキを買いに来られました。
Oさんは、何時も、福山のキッタカさんに乗られて釣りに行かれてる方です。
私 「Oさん、今日も、(メバルが)100匹コースですか?」
Oさん 「数は、数えてないけど、私は、100匹は越えてると思いますよ。・・・・・」
などと、Oさんは言われてました。

釣り情報を教えて頂いたお客様、大変ありがとうございます。

(3月15日)→本日は、店は開いていません。
下の写真は、本日、私が、笠岡沖で釣った、鯛が15匹の写真です。
今日は、空が明るくなって起床。
のそのそと用意をして、何時ものように、コンビニの駐車場で、おにぎりと、味噌ラーメンを食べる。
港に着いたら、ゆっくりと、道具を積み込み、出港した。
もう少し早く出ていれば、1箇所、ちょうど地合いの場所があったが、今日は、そんなに釣ら無くても良い。
楽しく遊んで来るのが、一番の目的だ。
ミドウチを出て、神島沖に出てみたが、本当のベタ凪状態。
これなら、何処にでも行ける。
最初の場所は、○○○○へ。
ここは、下げ潮狙いの場所なので、潮がちょっと悪いかな・・と、思って寄り途したけど、
魚探の反応が最悪。
2、3分位、魚探を点けて、ポイントを探してみたけど、今日は、ベイトも鯛も、ほとんど映ってない。
今日に限っては、多分、ここは、満潮からの下げ潮でも、厳しいかな・・・と、思った。
2か所目は、本日、一番自信のあったポイントへ。
ここは、一番良く釣れる地合いだとい思って、狙って来たが、何時もよりはベイトが少ない。
それでも、GPSに付いてるマークを便りに、探していると、反応の良い場所を発見した。
ここは、鯛の通り道なんだろうな、この潮に来ると、入れ食いになるか、最悪でも数匹程度は、鯛が拾える。
入れ食い状態では無いけど、ポロポロと、鯛が釣れた。
本当に釣れたのは、10時前まで。
それを過ぎたら、潮の流れが変わってからは、少し厳しくなった。
時計を見たら10時15分。
今日は、ここの鯛は、食い気があるなあ。
これから、下げ潮が流れ出したら、また、潮が良くなれば、きっと鯛がたくさん釣れるだろうな。
などと、思ったけど、もう、鯛が15匹釣れてるから、もう十分だ。
今日は、2連、3連などの連掛けが、不思議な事に1度も無かった。
これだけ魚探の反応が良ければ、普通なら、ダブル、トリプルになっても、おかしくないような反応だったけど。
ちょっと行ってみたい場所があるので、もったいないけど場所を捨てた。
悪天候の為、3週間ぶりの釣りなので、大バクチで、12月に鯛が良く釣れたポイントに移動した。
潮は、バッチリで、狙って来てみたけど、今日は、不思議な事に、潮が流れてない。
勿論、魚探の反応もダメ。
ここは、ここ最近の釣りで、2回続けてハズレくじをひいているけど、以前、鯛が入れ食いになった場所なので、
どうしても、頭の中に、大きく残っている。
12月は、鯛がたくさんいたけど、もう、(笠岡沖の)ここには、鯛がおらないのが良く解った。
もう、ここには来ない事にした。
その後も、何箇所か、勉強の為に、地合いも何も考えなくて、ポイントに行ってみたが、
やっぱり、ある程度、潮が合ってないと、鯛は釣れないのかなあ。
もう、十分、楽しめたし、納得出来たので、納竿した。
久々の海は、やっぱり良い物ですね。