ひらい動物病院   
岡山県浅口市金光町佐方161-3
 
 
ひらい動物病院
獣医師 平井信介
診療案内-診察
 
 
  診察は来院順に行っています。
  緊急時、診察内容によっては順番が前後する事があります。
  ご了承ください。
 
 
 
イヌ・ネコ・ウサギ・ハムスター・etc

  (鳥類・爬虫類・両生類・魚類の診察は行っていません。)

 
  受付に初診である事をお伝えください。
「初診受付カード」をお渡ししますのでご記入ください。
  

痙攣発作等の症状の動物、呼吸困難の動物、虚脱状態(ぐったり)の動物は
受付でお知らせください。

過度に怖がりの動物の場合、
恐怖から突然死・呼吸困難などを起こす事がありますので必ず受付でお伝えください。

 
  当院では診察券はお渡ししていません。

必ず受付で「お名前」「動物名」「電話番号」をお伝えいただくか、
「受付カード」にご記入ください。

便・尿などをお持ちの方は受付にお渡しください。


痙攣発作等の症状の動物、呼吸困難の動物、虚脱状態(ぐったり)の動物は
受付でお知らせください。

 
 
  緊急性のある場合のみ、時間外診療をお受けします。

夜間・休日の緊急性のない(飼主の都合による)診察、
質問電話(飼育・病気相談)が多いため、
21:00以降・休診日の病院電話(0865-42-9050)は対応しません。

21:00以降の夜間、休診日の時間外診療を希望の方は、
「ひらい動物病院 緊急携帯番号」におかけください。


「ひらい動物病院 緊急携帯番号」は
当院で毎年ワクチン・フィラリアなどの予防を毎年されている動物、
重症例の動物に対して2010年4月より試験的にお渡しをしています。


他の動物、知人の動物での利用はご遠慮ください。

この携帯番号は時間外診療を確約するものではありません。
獣医師のセミナー・学会参加時、外出時、体調不良時、
他患者の対応時には電話に出ません。

電話がつながらない、30分以上折返し電話がない場合は
倉敷夜間ペットクリニックなど他院にお問合せください。

通常の診察料金のほかに時間外診療費が加算されます。
時間外診療費については電話をいただいたときにお伝えします。

 
 
  現在は行っていません。 
 
  安全な治療を行えるよう、消毒・滅菌を行っています。

消毒は、待合室、診察室、診察台、入院室など全ての場所で
中性電解質液(AP水)を使用しています。

有効成分である低濃度高活性の次亜塩素酸を主体とし、
一般細菌やパルボウィルスなどに対して優れた効果を発揮します。

診察、手術器具などの滅菌は、
高圧蒸気滅菌、EOGガス滅菌、ガンマ滅菌(ディスポーザブル)を使用しています。
 
 
ひらい動物病院 〒719-0113 岡山県浅口市金光町佐方161-3 TEL0865-42-9050
 Copyright(C) HIRAI ANIMAL HOSPITAL All Rights Reserved.